宣言地域 酒提供容認が話題沸騰!コロンビアでは?★画像・動画★ネットの声は?

宣言地域 酒提供容認がネット上で話題沸騰しています。

目次
スポンサーリンク

宣言地域 酒提供容認の概要は?コロンビアでは?

宣言地域 酒提供容認のニュースが次のように報道されています。

コロンビアでは今年6月、感染者が急増。その半数がミュー株だったとされています。30代と若い世代の感染も多く、未成年でICU(集中治療室)に入ったケースもあったそうです。

 新型コロナウイルスのワクチン接種が進んだ後の日常生活がどうなるのか、政府内で検討が始まりました。県をまたぐ移動や「条件付き」で飲食店の酒類提供を認めるなど、私たちの暮らしが大きく変わるかもしれません。

 長引く自粛。“出口”は見えてきたのでしょうか。

 “新型コロナ”担当・西村経済再生担当大臣:「ワクチン接種が進んだのちの、経済社会活動の制限の緩和の在り方について議論して頂ければ」

 3日午後に専門家らによる分科会が行われ、行動制限の緩和などについて話し合われました。

 “新型コロナ”担当・西村経済再生担当大臣:「現下の緊急事態宣言のもとで緩和を行うことではないと理解している」

 来週にも出される政府の「ロードマップ」の原案では10月から11月にかけてワクチン接種が進むことを前提に、緊急事態宣言下でも一定の条件を満たせば飲食店での酒の提供を認めるとしています。

 その他にもワクチン接種済みの人は外出や県境をまたぐ移動自粛要請の対象外とします。

 田村厚生労働大臣:「ワクチン接種が進んだ時の姿というものを出す、これも非常に重要だと思います」

 先日インスタグラムを開設した尾身会長は、こう釘を刺します。

 政府分科会・尾身茂会長:「議論を色々したが、固まってはない。ワクチンだけで自由になることはあり得ない」

 日常は戻るのでしょうか。世代やワクチンを接種したかで賛否は分かれています。

 ワクチン2回接種・30代:「賛成かな。今まで結構、自粛してたというのもあるし少しは緩和して大体、ワクチンも普及率、上がってますし」

 ワクチン2回接種・70代:「そんなに馬鹿飲みしたりしなければいいと思うんですけど、あまり大勢じゃなくね」

 ワクチン未接種・20代:「(緩和したら)また増えちゃうんじゃないですか、コロナが」

 ワクチン未接種・70代:「12月、来年の1月2月ごろには、また、たぶん今少しは収まっててもまた増えてくると思うんだよ。今緩和しても、どうのこうの言うけども」

 知事らは緩和の動きをどう受け止めているのでしょうか。

 大阪府・吉村知事:「全員にワクチンが行き届いた時にどうするのかという議論を今のうちにしておくというのはありだと思いますが、ただ、今の段階で何かそうするべきではないと僕は思っています」

 北海道・鈴木知事:「これは色々、賛否あると思っていますけど、ワクチン接種これが進んでいったなかで、どういった形で社会経済活動の段階的な緩和を図ることが可能なのか否かということは、しっかり国民と議論しながらしっかり決めていく必要があると」

 出口が模索されるなか、新たな脅威も芽生えています。

 コロンビア在住・松尾彩香さん:「コロンビアが行った研究によると、ひどかった時期で52.7%ミュー株だったと最近報道された」

 空港検疫で見つかった「ミュー株」。猛威を振るったコロンビアに住む日本人に話を聞くことができました。

 コロンビア在住・松尾彩香さん:「3万人を超える日が続いた。30代が一番多かった」

 コロンビアでは今年6月、感染者が急増。その半数がミュー株だったとされています。30代と若い世代の感染も多く、未成年でICU(集中治療室)に入ったケースもあったそうです。

 ただ、現在はピークアウトし、一日2000人程度まで下がってきています。なぜ減少したのでしょうか。

 コロンビア在住・松尾彩香さん:「外出規制が取っ払われたのは6月半ば。それまでは週末外出禁止、夜間外出禁止とか、『外に必要なとき以外は買い物にも出ないでください』と」

 ワクチン接種が進んだことと、厳しいロックダウンで一足早く、日常を取り戻していました。

 コロンビア在住・松尾彩香さん:「コロンビアは経済回復を優先させることに決めたので、街の様子はポストコロナです完全に。マスクはしているが、イベントもサッカー観戦も普通に行われている。コロナ前の状態に戻っている」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

宣言地域 酒提供容認が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の宣言地域 酒提供容認に関しての画像や動画です。

宣言地域 酒提供容認の動画をどうぞ。

接種進めば10月にも…「宣言地域」でも酒提供容認へ

スポンサーリンク

宣言地域 酒提供容認のネットの声は?

宣言地域 酒提供容認のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「中野区は10月10日接種分まで予約ができません。
他の自治体ではワクチン接種枠が余っていると聞きますが開放することはできないのでしょうか?
あと高齢者と若者だけ枠があり、40〜50代に枠がないのはおかしいです。ワクチン打てないから打たなくてもいいやとなってきます。努力しないとワクチン接種できないというのもおかしいです。とにかく規制緩和の話しの前にワクチン接種の今後の見通しを国や都は明確にする必要があると思います。」という意見と
「いままでの例は、緊急事態解除=感染拡大で解除する期間が非常に短かった
感染が下がるのは、感染者が減って、おさまったと考えるのは、早計だ
新しいウィルスの準備期間、変異期間かもしれない
波は、次つぎと高いのが来ている」という意見と
「ワクチンの接種率の設定と、何故その接種率としたのか科学的な説明は必要。それと5類への引下げもセツトで。インフルエンザと同等扱いにするなら、緩和推進しても良いんじゃないですか。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「規制の緩和については賛成しますが、ワクチン接種を前提にするのは、ブレークスルー感染とか3回目接種すると言われている中でワクチン接種率だけでの判断でいずれ元に戻るかと思います。

新型コロナウィルスの正体が徐々に解明され、医療従事者の献身的な努力により重症化率や死亡率を低く抑えられている等、総合的な判断(withコロナ)により長期的な規制緩和ができるようにしてもらいたいと思います。」
「最近では初回接種から3ヶ月の効果と言われているのに、さすがに無謀では?10月って、先行接種した医療従事者や高齢者の効果がちょうど切れてくる頃です。医療従事者イジメも大概にしてあげて欲しいです。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

宣言地域 酒提供容認おわりに

今回は宣言地域 酒提供容認に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の宣言地域 酒提供容認は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回宣言地域 酒提供容認について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

宣言地域 酒提供容認の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

宣言地域 酒提供容認の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる