くじらの日 クジラ生肉 豊洲が話題沸騰!豊洲市場に初めて出荷されたのは?★画像・動画★ネットの声は?

くじらの日 クジラ生肉 豊洲がネット上で話題沸騰しています。

目次
スポンサーリンク

くじらの日 クジラ生肉 豊洲の概要は?豊洲市場に初めて出荷されたのは?

くじらの日 クジラ生肉 豊洲のニュースが次のように報道されています。

豊洲市場に初めて出荷されたのは、大型のニタリクジラの生肉500キロで、1キロあたり7万円で取引されました。

 「くじらの日」を前に初めて大型クジラの生肉が取引されました。

 豊洲市場に初めて出荷されたのは、大型のニタリクジラの生肉500キロで、1キロあたり7万円で取引されました。

 通常、ニタリクジラは船で解体し、冷凍された状態で荷揚げされるため、生肉が流通するのは珍しく冷凍の約3倍の価格になるということです。

 クジラ肉の国内流通量は2019年度に約2500トンと調査捕鯨が行われた時の半分程度に落ち込んでいて、日本捕鯨協会は希少な生肉を使った鯨料理を食べる機会を設けることで、消費拡大につなげたいとしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

くじらの日 クジラ生肉 豊洲が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のくじらの日 クジラ生肉 豊洲に関しての画像や動画です。

くじらの日 クジラ生肉 豊洲の動画をどうぞ。

「くじらの日」前に希少なクジラ生肉 豊洲に初出荷

スポンサーリンク

くじらの日 クジラ生肉 豊洲のネットの声は?

くじらの日 クジラ生肉 豊洲のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「美味しそうですが、尾の身となるとなかなか高価ですね。
機会が有れば食べてみたいです。」という意見と
「>1キロあたり7万円で取引されました
>クジラ肉の国内流通量は2019年度に約2500トン

1キロあたり7万円で2500トン売ることが出来れば、1750億円ですね?1/10の金額でも175億円ですね?

50億円位の補助金必要なのかね?

補助金使っても安くなるわけでも無く、恩恵を受けやすいのは富裕層とかなんですかね?

食料自給率などにはほとんど貢献しない流通量。

廃れる産業はいくつもあるというのに、日本の商業捕鯨の絶滅は許せない理由は何なのかね?」という意見と
「自分が食べたのはたぶん冷凍だけど、クジラの尾はお肉の刺身って感じで本当においしい。
馬肉とかより好き。
食べたことない人は是非食べてみてほしい。
高いけど。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「食った事がない人たちは妙な期待をしているようだが、鯨を食った世代に言わせてもらえば鯨は不味いよ
だいたい鯨の存在意義は安いことにあったんだ
昔の日本が貧しい時代に安いから我慢して食ったんだよ」
「「若い人や富裕層に市場を拡大していきたい」主旨。の関係者インタビュー報道がありました。
そんな感じなの?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

くじらの日 クジラ生肉 豊洲おわりに

今回はくじらの日 クジラ生肉 豊洲に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のくじらの日 クジラ生肉 豊洲は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回くじらの日 クジラ生肉 豊洲について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

くじらの日 クジラ生肉 豊洲の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

くじらの日 クジラ生肉 豊洲の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる