G7 対中国が話題沸騰!菅総理は?★画像・動画★ネットの声は?

G7 対中国がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

G7 対中国の概要は?菅総理は?

G7 対中国のニュースが次のように報道されています。

この際、菅総理は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と初めて対面し、短くあいさつを交わしたということです。

 イギリスで開催されているG7サミットは2日目の議論を終えました。対中国で結束は図れたのでしょうか。

 (大石真依子記者報告)

 菅総理大臣は、中国を巡る問題について深い懸念を表明したうえで、G7で連携して行動すべきだと訴えました。

 会合では、中国の「一帯一路」構想に対抗すべく、途上国に対して質の高い巨額のインフラ投資を進めることで一致しました。

 一方で、アメリカ政府高官によりますと、中国に対してどの程度、厳しく対応していくべきかについて各国間で意見が分かれているということです。

 こういった状況を受けて菅総理は、アメリカのバイデン大統領と協議しました。

 首脳宣言の取りまとめにあたり、中国を強く牽制(けんせい)した「4月の日米首脳会談の成果も踏まえ、力強いメッセージを発出すべきだ」と伝えました。

 バイデン大統領からは賛同の意が示されたということです。

 また、新型コロナを巡る議論では、韓国など招待国も参加して途上国へのワクチン支援の推進を確認しました。

 この際、菅総理は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と初めて対面し、短くあいさつを交わしたということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

G7 対中国が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のG7 対中国に関しての画像や動画です。

G7 対中国の動画をどうぞ。

G7 対中国で結束は?菅総理は「深い懸念」表明

スポンサーリンク

G7 対中国のネットの声は?

G7 対中国のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「中国を巡る問題についての議題は世界のニュースで伝えてほしい。どれだけ中国が問題ある国なのか知ってほしいですね。発展途上のインフラもそうですが、日本にとって中国ロシアによる侵略対策へのインフラもお話いただきたいですね。「深い懸念」と程度の言葉で終わらせないでほしい。」という意見と
「菅総理は懸念の一言で終始しないで頂きたい日本の立場で言うべき事はハッキリ表面化させるべきでしょう
日本の外交語は世界に通用しません。」という意見と
「朝日は人権や民主主義をうるさく言うのなら、今の中国については、香港や台湾海峡等の問題について真っ先に噛みつかないといけないのに、遅いしぬる過ぎる。いくら政権批判で誤魔化そうとしても、もう国民は誤魔化されないよ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「イギリスは中国と対抗しないと宣言。フランス、ドイツは米中のどちらの立場も取らない、イタリアは親中。カナダは様子見。
中国と対立するのはアメリカとその植民地の日本だけです。
バイデンは大失敗!
菅は論外、存在感が全くない。主権がない国は発言権がない。」
「対中国への強行な非難については、必ず韓国も同席させ文章に署名させ、逃げられないようにして発表すべき、その為だけに文を呼んだんだからね。ムンムンお得意のコウモリ外交をさせてはいけない。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

G7 対中国おわりに

今回はG7 対中国に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のG7 対中国は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回G7 対中国について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

G7 対中国の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

G7 対中国の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事