深海 サメ 泳ぐ速度が話題沸騰!オンデンザメの泳ぐ速度は?★画像・動画★ネットの声は?

深海 サメ 泳ぐ速度がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

深海 サメ 泳ぐ速度の概要は?オンデンザメの泳ぐ速度は?

深海 サメ 泳ぐ速度のニュースが次のように報道されています。

こうした映像からオンデンザメの泳ぐ速度は秒速21センチ程度と体重比で魚類のなかで最も遅く、駿河湾に約1150匹が生息していることが分かりました。

 深海にすむ巨大ザメの泳ぐ速度が魚類で最も遅いことが分かりました。

 暗闇からゆらりと現れた巨体。体長約3メートルのオンデンザメです。

 駿河湾の水深600メートルで撮影されました。

 こうした映像からオンデンザメの泳ぐ速度は秒速21センチ程度と体重比で魚類のなかで最も遅く、駿河湾に約1150匹が生息していることが分かりました。

 JAMSTEC(海洋研究開発機構)・藤原義弘上席研究員:「恐らくオンデンザメはこの海域のトッププレデター(捕食者)の一つ。生態系を守っていくうえで生物それぞれの基本的な情報は非常に重要」

 オンデンザメの寿命は分かっていませんが、近い種類のサメは脊椎(せきつい)動物としては最長の400年生きると言われています。

 とにかくオンデンザメの生態は分かっていないことも多く、餌(えさ)についても死んだ魚などだけではなく、水面近くで生きているアザラシを食べた例もあるということです。

 今回の研究成果はイギリスの海洋生物学の専門誌で発表されました。

 研究チームを率いたJAMSTECの藤原上席研究員は「海全体も深海も知らないことが沢山ある状態のまま地球の環境変動や人間活動の影響が及びつつある。かつて陸上で上位捕食者を取りすぎて生態系が壊れたという例は枚挙に暇がない。深海でそういうことが起こるかもしれないが、私たちはちゃんと理解できていない。深海は広大なエリアで大きく生態系が崩れると最終的に人間活動にどういう影響が及ぶのか。状況を理解するためにはまず、基礎的なデータが必要だ」としています。

 今回、撮影された映像からはオンデンザメの鼻に釣り糸が絡まっているのが確認されました。

 駿河湾で行われている深海はえ縄漁の仕掛けの一部だとみられています。

(社会部 山野孝之)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

深海 サメ 泳ぐ速度が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の深海 サメ 泳ぐ速度に関しての画像や動画です。

深海 サメ 泳ぐ速度の動画をどうぞ。

深海にすむ巨大なサメの泳ぐ速度 魚類で“最遅”

スポンサーリンク

深海 サメ 泳ぐ速度のネットの声は?

深海 サメ 泳ぐ速度のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「エサカゴにウジャウジャと群がっている、ウナギの様な奴は何なのだろうか?

タイトルや映像では抜け落ちているものの、泳ぐ速度が魚類の中で遅いというのは「体重比」とのこと
単純な速度ではもっと遅い小魚も居るのでしょうが、体重比で見ればオンデンザメよりは速く泳げるのでしょうね」という意見と
「トッププレデターとは最上位捕食者という意味だろうか?
漢字で書けることはそっちの方が意味が伝わりやすいと思うのだが、最近は違うのだろうか?」という意見と
「秒速21㎝って言われても、よくわからん分からんスピードですが、ニュースで聞いてどれくらい遅いの?と興味が出ました。でも秒速21㎝ってのが、どんなスピードなのかよく分かりません(笑)」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「400年生きるなんてすごいですね。でも、毎日泳いだり、エサを食べているだけでしょ。退屈にならないのかなあ。」
「アザラシ食べた時はどれ位の速さだったのかな?
あとカエルアンコウ達を忘れてないかい?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

深海 サメ 泳ぐ速度おわりに

今回は深海 サメ 泳ぐ速度に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の深海 サメ 泳ぐ速度は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回深海 サメ 泳ぐ速度について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

深海 サメ 泳ぐ速度の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

深海 サメ 泳ぐ速度の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事