伊能忠敬 地図 新たに発見が話題沸騰!見つかった地図は?★画像・動画★ネットの声は?

伊能忠敬 地図 新たに発見がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

伊能忠敬 地図 新たに発見の概要は?見つかった地図は?

伊能忠敬 地図 新たに発見のニュースが次のように報道されています。

見つかった地図は「小図」と呼ばれ、北海道と東日本、西日本の3つに分けて描かれています。

 伊能忠敬の日本地図が新たに3枚見つかりました。

 見つかった地図は「小図」と呼ばれ、北海道と東日本、西日本の3つに分けて描かれています。

 去年7月、北九州市のゼンリンミュージアムに寄贈されたもので、調査したところ、1821年に幕府に提出されたものと同じ時期に伊能忠敬測量隊が作成した地図だと確認されました。

 日本地図学会・鈴木純子名誉会員:「世界にたった3種類しかない小図。その意味で文化財的な価値が非常に高い」

 幕府に提出されたものは明治初期の火災で焼失しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

伊能忠敬 地図 新たに発見が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の伊能忠敬 地図 新たに発見に関しての画像や動画です。

伊能忠敬 地図 新たに発見の動画をどうぞ。

伊能忠敬の地図、新たに発見 「文化財的価値高い」

スポンサーリンク

伊能忠敬 地図 新たに発見のネットの声は?

伊能忠敬 地図 新たに発見のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「伊能忠敬は尊敬する人物の1人。
酒造業を営んでいた伊能家に婿養子に入って、そこから隠居するまでは歴史に名前を残す様な事績はほぼ残していない。

ところが、平均寿命が現在より遥かに低かった江戸時代において、隠居してから猛勉強を始める。
高橋至時と言う新進気鋭の天文学者に弟子入りして、天文学・暦学を学ぶ。
このとき、31歳だった高橋至時に対して、伊能忠敬は50歳だったそうだ。
20歳近く年下の人間に対して、何度も懇願して漸く弟子入りを認められたとのこと。
余程のバイタリティを持った人間じゃないと、なかなかできることじゃないと思う。
そして、高橋至時の下で学んだ天文学が、日本地図の作成に繋がる。」という意見と
「当時イギリスがアジアの植民地政策をしてた時この精密な地図を作る技術のある日本は文化的にもすごいものがあるだろうと植民地化を免れたそうで日本が欧州に認められ未来発展のきっかけになった国宝にすべき地図。」という意見と
「大学の体育館で実物大の全図展示を見た(透明シートの上に乗って歩けた)ことがあるけど、見れば見るほど溜息しか出ない精密さだった。
ウチの町は平安期から続く集落、しっかり伊能地図にも描写してあった。
小図にも載っているのかなぁ?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「社会科の教科書と寸分たがわない江戸時代の地図に衝撃を受けた昔を思い出しました。日本列島を踏破するだけでも容易じゃないのに測量までやってのけたとは。何が伊能忠敬をこれほどの難事業に向かわせたのでしょうか。
探求心や知的好奇心という言葉だけでは説明のつかない何かをこの時代の人達は持ち合わせていたのでしょうね。」
「200年前にこの正確さ…測量や、まともな道具も少ない時代、凄過ぎる!

今は何でもパソコン任せなのでその分人間の能力は下がっているらしい。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

伊能忠敬 地図 新たに発見おわりに

今回は伊能忠敬 地図 新たに発見に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の伊能忠敬 地図 新たに発見は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回伊能忠敬 地図 新たに発見について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

伊能忠敬 地図 新たに発見の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

伊能忠敬 地図 新たに発見の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事