2020年度 GDP成長率が話題沸騰!内閣府は?★画像・動画★ネットの声は?

2020年度 GDP成長率がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

2020年度 GDP成長率の概要は?内閣府は?

2020年度 GDP成長率のニュースが次のように報道されています。

内閣府は1月から3月のGDP(国内総生産)の速報値を発表しました。成長率は年率換算で実質マイナス5.1%で、3四半期ぶりのマイナス成長となりました。

 内閣府は1月から3月のGDP(国内総生産)の速報値を発表しました。成長率は年率換算で実質マイナス5.1%で、3四半期ぶりのマイナス成長となりました。

 今年1月から3月のGDP成長率は物価の変動を除いた実質でマイナス1.3%、年率に換算するとマイナス5.1%で、3四半期ぶりのマイナス成長となりました。

 新型コロナウイルスの感染が収まらず1月には、2度目の緊急事態宣言が出されたことで主に外食を中心にサービス消費が大幅に落ち込みました。

 そのためGDPの半分以上を占める個人消費がマイナス1.4%と全体を押し下げた形です。

 また、2020年度を通した成長率もマイナス4.6%とリーマンショックを超える下げ幅となり、新型コロナウイルスの影響が始まった前年度から連続してマイナス成長となりました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

2020年度 GDP成長率が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の2020年度 GDP成長率に関しての画像や動画です。

2020年度 GDP成長率の動画をどうぞ。

リーマンショック超える下げ幅 2020年度GDP成長率

スポンサーリンク

2020年度 GDP成長率のネットの声は?

2020年度 GDP成長率のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「認識力・判断力・決断力が全くない、国民のために全く仕事をしない・できない・
やる気もない不祥事てんこ盛りの、また、対米外交もワクチン供給・接種も経済
対策も失敗続きの、史上最低の菅義偉将軍は、景気回復のショック療法として
「消費税の完全撤廃」または「国民一人当たり100万円の給付」を実行するべきだ。」という意見と
「そもそもが戦後最悪の疫病なのだから、このマイナスはごく当たり前の話。
むしろ問題なのは、ニュースの見出しに相変わらず「年率換算」と書かずに過剰演出していること・・このような業界病の体質を改善し健康になることがメディアの最大の課題です。最近、「日銀の政策転換⇒金利上昇リスク」などと騒いできたメディアを笑うように、日経平均も反発している。
今、メディアや自薦他薦の専門家??に必要なのは、小事にとらわれずに「時代のメガトレンドを見る眼」・・今世紀が「人類史上、最高最大のデジタル・IT革命の世紀」との認識です。また「この30年間、PCの性能は100倍以上だが、価格は同程度」が示唆しているように、技術革新はインフレを抑える効果がある」も理解すべきで、薄っぺらな悲観論はまったく禁物だと思います。」という意見と
「飲食店での時短制限や緊急事態での自粛要請とかになれば、景気が良くなるはずがない。
消費税とコロナ。

この足かせをなんとかしないことには景気のアクセルが踏めない。

政府はなぜかブレーキを踏みたがるのが不思議。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「死亡者数を見る限りただの風邪としか言いようがなく、この対応は過剰としかいいようがない。政府は大した病気じゃないことを知っているが知事達や誰も逆らえない空気に押し切られたのだろう。
したがってこの不況は「小池恐慌」との呼び名が妥当だ。」
「前にリーマンショック超えるほどだったら消費税の税率をどうのっていってなかったっけ」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

2020年度 GDP成長率おわりに

今回は2020年度 GDP成長率に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の2020年度 GDP成長率は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回2020年度 GDP成長率について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

2020年度 GDP成長率の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

2020年度 GDP成長率の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事