ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦が話題沸騰!横浜市では?★画像・動画★ネットの声は?

ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦の概要は?横浜市では?

ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦のニュースが次のように報道されています。

一方、横浜市では9日目の捜索でも発見・捕獲には至っていません。周辺の住宅地では目撃情報が寄せられておらず、広範囲にわたって人員が配置されていました。

 横浜でヘビが逃げ出して9日目。14日に夏日を観測した現場では「ヘビが活動的になる」と警戒感が高まっています。

 横浜市では朝から警察、消防、動物愛護センターの職員など約100人というこれまでで最大規模の捜索が行われました。

 現場では餌(えさ)が入ったかごなどが多数、仕掛けられ、「おびき寄せ」作戦も継続中。また、小型カメラを使ってヘビが好む暗い場所などを確認しています。

 体長3.5メートル、体重13キロの逃げたアミメニシキヘビ。13日までは雨が降って気温が低かったため、東南アジアなどに生息するこのヘビが活動的となる状況ではなかったとの見方もあります。

 しかし、14日の横浜市は最高気温25.6度と夏日を観測。昼間は日差しが強く暑くなることで、日光浴のために暗い場所からヘビが顔を出す可能性もあるといいます。

 31年前に青森県で巨大ニシキヘビが捕獲される瞬間の様子。長さ5メートルのヘビが住宅密集地で逃げ出し、大捜索を続けるも見つからなかったため、20万円の賞金がかけられていました。

 4日後、市民からの通報で発見。

 通報した人:「(Q.どのように見つけた?)いや、歩いてきて橋の下を見たらね、横たわっていたんですよ」

 一方、横浜市では9日目の捜索でも発見・捕獲には至っていません。周辺の住宅地では目撃情報が寄せられておらず、広範囲にわたって人員が配置されていました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦に関しての画像や動画です。

ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦の動画をどうぞ。

ニシキヘビ逃走 好物で“おびき寄せ作戦”継続中

スポンサーリンク

ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦のネットの声は?

ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「餌でおびき寄せる最終手段というならば、マスコミがわざわざカゴの近くで声を張り上げ大人数でドタバタするのをやめないと食べに来ないと思います。テレビで専門家もキッパリと『蛇は臆病なので…』と話していましたから、いくらお腹が空いていても人の気配がしたら出て来ないんじゃないでしょうか。安心して餌を食べられる状況を作ってあげて、早く保護して、近隣の方々もアミメニシキヘビも安心できる日が早く来るよう、祈るだけです。」という意見と
「今いるモノは仕方ないが、新規の危険生物の飼育は禁止とすべき。」という意見と
「別の記事などの情報だと31年前は予言者にお願いしたり懸賞金を掛けたり本気度が凄い高いぞ。そのくらいないと見つからないと思うな。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「このニシキヘビの能力として、どのくらい移動している可能性があるとか教えてほしいな。」
「初動、ものすごく遅いです、でも一生懸命ですが飼育していた人は責任と費用を支払うべきでしょう。被害がおこなければいいのですがね、それも飼育者が全額支払いをするべきです。ヘビはどこからでも侵入しますので雨戸や隙間などに特に気を付けましょう。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦おわりに

今回はニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ニシキヘビ逃走 おびき寄せ作戦の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事