富士山噴火 可能性が話題沸騰!想定をはるかに超える可能性?★画像・動画★ネットの声は?

富士山噴火 可能性がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

富士山噴火 可能性の概要は?想定をはるかに超える可能性?

富士山噴火 可能性のニュースが次のように報道されています。

そんななか、今年3月、富士山噴火の被害を想定したハザードマップが、17年ぶりに改定。これまでの想定をはるかに超える可能性が指摘されています。

 世界各地で火山が次々と噴火。これらの動きは日本でも、桜島や阿蘇、諏訪之瀬島など次々噴火。活発的な火山活動が各地で起きています。

 そんななか、今年3月、富士山噴火の被害を想定したハザードマップが、17年ぶりに改定。これまでの想定をはるかに超える可能性が指摘されています。

■“富士山噴火”の可能性…被害予測は拡大

 向かったのは、静岡県の「富士山樹空の森」。ここで、火山学の権威、京都大学の鎌田浩毅教授に話を聞きました。

 鎌田教授:「(Q.ハザードマップ何が変わった?)平安時代です。864年に貞観噴火という噴火があったんですね。調べてみると、溶岩の量ですね。それは、江戸時代の宝永噴火をしのぐものであったということで、それでNo.1のマグマを出した量からハザードマップを全面的に書き換えようということになったんです」

 これまでのハザードマップは、1707年に起きた宝永噴火をもとに作られていました。しかし、864年の貞観噴火の溶岩量が、その倍だったことが分かり、最悪の事態を想定し、改定されたのです。

 鎌田教授:「では、そちらにあるジオラマをご覧下さい。噴火口が44カ所から252カ所に増えたんです」

 実は、富士山は2000年間、頂上から噴火していません。側面やふもとにできた噴火口から、マグマを噴き出してきたのです。

 これまで、その噴火口は44カ所とされてきましたが、最新の研究で、その5倍以上の252カ所からマグマが噴き出す可能性が出てきたのです。

 鎌田教授:「(Q.被害は?)最新の想定では、溶岩が神奈川県まで流れ出るんですね。火山灰が出るんですけど、それが東京、首都圏に広くざっと、経済被害は2兆5000億円に及ぶと計算されているんです」

 しかし、富士山は本当に噴火するのでしょうか。富士山が見える山梨県河口湖まできました。

 鎌田教授:「(Q.ここから見える範囲にも噴火口が?)そうなんですね。富士山の右側見て頂きますと、ちょっと小さい丘があるでしょ。これ全部噴火口なんですね。それで、今見えているのが4つありますよね。ちょうど右から2つ目の長尾山が貞観噴火の火口の1つなんですね。ここから大量の溶岩が流れて、青木ケ原樹海を作ったわけです」

 鎌田教授は、最悪の場合、広大な青木ケ原樹海を作った噴火と同等量の溶岩流が街を襲うとしています。

 鎌田教授:「江戸時代の宝永噴火は200年間マグマをためて噴火したんですよね。今回は300年マグマをためているから、単純計算すると、江戸時代以上の噴火が起きるかもしれない。(地下は)マグマでパンパン。噴火スタンバイ状態です」

 問題は、どこから噴火するか分からないこと。噴火口が広範囲に存在することが分かった今、多くの噴火パターンが想定され、被害も大きく変わるといいます。

■富士山周辺を襲う「空振」「火山弾」「溶岩」

 山梨県の富士吉田市は、富士山からわずか10キロほどということで、富士山がはっきりと近くに見えています。

 鎌田教授:「(Q.富士山の近くではどんな被害が?)爆発的な噴火が起きますと、まず『空振』と言って衝撃波が起きるんですね。ひどい場合は、ガラスが割れますね。それから火山灰と一緒に『火山弾』という弾丸、つまりマグマの塊が降ってくるんですね」

 富士吉田市を襲うのは、中腹から噴火する場合です。マグマは最短2時間で到達。東富士五湖道路を寸断しながら、市の中心地を飲み込んだ後も、流れ続けると予測されています。

 鎌田教授:「(Q.前兆から噴火の時間は?)一番最近の例で、痛ましい例は、御嶽山の噴火なんですね。それは地震が起きて11分くらいで噴火が始まったんですよ」

 御嶽山では、2014年9月27日午前11時41分に火山性微動を観測。そのわずか11分後の、午前11時52分に噴火。58名の命が奪われました。

 恐ろしいのは、火山弾や噴石だけではありません。

 鎌田教授:「溶岩って熱いんですよね。1000度とか900度あるので、全部を焼き尽くしながらきちゃうわけです。イメージとしては、自転車なら逃げられるくらい。歩いていたら追い付かれる。これまでは10時間という想定だったんですけど、それが2時間でくるかもしれないと早まっている」

 鎌田教授:「(Q.溶岩流はどの辺りまで押し寄せてくる?)これまでの(2004年の)ハザードマップだと、静岡県と山梨県が溶岩流の被害を受ける県とされていたんですけど、今回、もっと遠くまで行きまして、神奈川県が加わったんです」

■“富士山噴火”の被害…東京への影響は?

 富士山噴火のマグマが神奈川まで。その被害とは?

 富士山から約40キロの小田原です。今回発表された新たなハザードマップには、この辺りのエリアも追加されました。酒匂川を伝い、溶岩流が流れてくると予測されています。

 ただ、流れてくるものには、もう一つ“厄介なもの”が…。

 鎌田教授:「それは泥流なんです。富士山の近くに大量の火山灰が積もるでしょ、雨が降ると小田原の酒匂川を通って太平洋まで流れたわけです」

 1707年の宝永噴火の際には、火山灰が酒匂川の底にたまり、半年後の台風で下流の平野部が大洪水に襲われました。

 鎌田教授:「復旧しても、毎年流されちゃって、田畑もね。それで小田原藩はついに領地を幕府に返上したんですよ。それが戻ってくるのが、50年から70年後でね。その間、常に泥流が流れ続けたんですね」

 当時のようなことが今起これば、上下水道が機能しなくなるのは必然です。

 もう一つの溶岩流到達地点、富士山から60キロほど離れた神奈川県相模原市にやってきました。奥に、薄っすらと富士山の山頂が見えます。

 鎌田教授:「(Q.溶岩流はここまで押し寄せてくる?)今、見えているのは丹沢の山地ですけど、そこをすり抜けて相模原までくるわけですね」

 相模原に到達する予測は、富士山中腹からマグマが噴き出す場合、川沿いを流れ、山梨県大月付近で中央自動車道を飲み込みながら、丹沢山地をよけ、60キロ離れた相模原まで押し寄せるのです。

 鎌田教授:「(Q.この先にある東京は?)江戸時代の噴火だと、噴火自体は2週間くらいだったんですけど、1カ月以上、火山灰で江戸の町の人たちは苦労したという記録も残っているわけです」

 鎌田教授:「(Q.火山灰とはどんなものか?)火山灰はガラスのかけらなんですね。砕いた細かいガラスがですね、大量に降ってくるんです。まずコンピュータが止まるんですね。電子機器は細かい塵に弱いんですね。ということで、電気水道ガス、全部ライフラインが止まってしまう」

 火山灰は偏西風に乗り、東京の空を覆います。灰は送電線に積もりショートさせ、各地は停電。首都機能が失われるという予測もあります。

 富士山噴火は、南海トラフ地震と連動した過去も…。地震とともに警戒が必要です。

(「グッド!モーニング」『金曜NEWSウォーカー!』2021年5月14日放送分より)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

富士山噴火 可能性が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の富士山噴火 可能性に関しての画像や動画です。

富士山噴火 可能性の動画をどうぞ。

もし富士山が噴火したら…火山学“権威”が被害予測

スポンサーリンク

富士山噴火 可能性のネットの声は?

富士山噴火 可能性のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「最後が特に重要。

火山灰によって首都機能は完全にマヒ、人の肺にも入り想像を絶する人が被害を受ける。
さらにやっかいなのが南海トラフと連動する可能性。
富士山は歴史的に大地震と連動して噴火しているのもあり、今南海トラフと富士山が噴火したら冗談抜きで日本は終わりだと思う。
そして、それがとても高い可能性でありえるというか、地震と噴火自体は必ず起こる。
個別でも壊滅的なのに連動したら・・・

危機感を煽るなというけどこれは必要な危機感。
来てから想定外だったとかはもうやめてくれ。
この対策、なにかやってんの?
本当に東海、関東壊滅する現実、可能性とても高いんだよ、認識あるのかな?なにか対策してるのかな?疑問しかない。」という意見と
「特に偏西風が強い陶器の噴火で、しかも火山灰が大量に出るタイプなら、
近場の溶岩流だの泥流だのでやられる範囲を、はるかに上回る広範囲で
大被害が出るだろう。

災害には備えておかねばならないが、ここまで来たら、備えようがないな。
オープンデッキの4WDに、オフロードバイクと燃料食糧水を満載しておくか?
それでもなんとか生き延びられるのは1週間?2週間?1か月は持つまい。

このコロナ禍の対応を見ていれば、日本の政府なんか、何の役にも立たないのは
すでに予告済みみたいなもんだしね。」という意見と
「以前はびくついていたけど、更に最悪規模の阿蘇山大噴火時の被害予測を聞いて諦めがつき、アメリカの3割が火砕流に覆われるというイエローストーン火山大噴火予測を聞いて達観した。

来たときは来たとき。しゃーない。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「富士山周辺は風光明媚でリタイアしたなら移り住みたい候補の筆頭に上げたい土地だが、こう言う記事を読まされると、簡単に来ないとは思っていてもやっぱり別の所にしようかな、と思ってしまう。それ以前に、東京でも火山灰が大変だ。
鹿児島に行った時に、丁度爆発があって火山灰が降ってきた事があった。本当に鬱陶しかった。しかも、鹿児島のように火山灰慣れしている所は配電や交通でも大問題は起きないが、東京で灰が少しでも降ったら雪が2,30センチ積もったような大混乱になるだろう。
それに雪は融けるが灰は融けない。しかも、電気系統に悪さをする。交通や電気という基本的なインフラが止る事で、街そのものの大きさが引き起こす災害も別に起きるだろう。そうでなくても首都直下型地震が怖いのに、何か見たくない物を見せられた気分だ。だが、現実は直視して考えておく必要はある。」
「決して起こらないわけではない最悪のシナリオは、南海トラフ大地震と駿河湾地震が同時か数日違いで連動して発生し、しばらくして富士山が噴火するというもの。関西圏や伊勢湾・三河湾にも大きな津波が来て被害が出て、富士山噴火では沼津・三島・御殿場が被害を受ける。関東と関西を結ぶ大動脈が寸断され、羽田空港はしばらくは使えないことになる。日本にとって大変なダメージになるが、コロナ禍の対応を見ていると今の政府ではなんの対応もできないと思うし、その対策も考えていないのではないだろうか。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

富士山噴火 可能性おわりに

今回は富士山噴火 可能性に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の富士山噴火 可能性は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回富士山噴火 可能性について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

富士山噴火 可能性の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

富士山噴火 可能性の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事