渋沢栄一 再開発が話題沸騰!数年後には?★画像・動画★ネットの声は?

渋沢栄一 再開発がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

渋沢栄一 再開発の概要は?数年後には?

渋沢栄一 再開発のニュースが次のように報道されています。

高速道路の地下化や新たな街づくりで数年後には、東京駅前の風景も大きく変わることになりそうです。

 新1万円札の顔、放送中の大河ドラマの主人公としても注目される「渋沢栄一」。この有名な実業家にゆかりのある街では、現在、大規模な再開発などが進んでいます。

 東京・千代田区にある常盤橋公園で大手町のビジネス街を見守るように立つのは、「日本資本主義の父」といわれる渋沢栄一の銅像です。

 この銅像のある公園のすぐそばには、渋沢が関東大震災後に再建に尽くしたといわれる「常磐橋」があります。

 歩行者専用としては都内最古というこの石橋は、東日本大震災で一部の石がずれ、崩落の危険があったため修復が続いていましたが、今月10日に通行が再開されました。

 そして、常磐橋の上を走る首都高速道路は1963年、東京オリンピックの前年に開通し、半世紀以上が経過した道路の老朽化対策や景観の改善を目的とした「地下化」事業が進められています。

 神田橋ジャンクションから江戸橋ジャンクションまでの約1.8キロの区間を地下化する計画で、すでに呉服橋と江戸橋の出入り口は廃止され、3年後には空が望めるようになるということです。すべての工事が完了するのは2040年ごろの予定です。

 そして、このエリアでは、東京の新たなシンボルになるかもしれない超高層ビルの開発も。

 三菱地所・吉田淳一社長:「東京駅前、新幹線のアクセスも良好。まさに日本の玄関口となる立地。そこに日本一の高さ約390メートルのシンボル性を兼ね備えた街を整備します」

 三菱地所が2027年度に向け、常盤橋エリアで進めているプロジェクト「TOKYOTORCH」。

 そのシンボルともいえる「Torch Tower」は大阪の「あべのハルカス」を超え、完成時点では、日本一高いビルになるということです。

 高速道路の地下化や新たな街づくりで数年後には、東京駅前の風景も大きく変わることになりそうです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

渋沢栄一 再開発が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の渋沢栄一 再開発に関しての画像や動画です。

渋沢栄一 再開発の動画をどうぞ。

渋沢栄一ゆかり「常盤橋」 再開発で日本一高い街へ

スポンサーリンク

渋沢栄一 再開発のネットの声は?

渋沢栄一 再開発のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「大手町に定年まで通勤しました。神田駅で下車して内神田から丸の内に向かうと数年でここは何処というほど景色が変わっている。どこまで変わるんだろう?」という意見と
「正確には完成時に抜くのはアベノハルカスの300mではなく麻布・虎ノ門で先に完成する森ビルタワー325mの日本一です。」という意見と
「渋沢栄一ゆかりの地ながら、皮肉にも渋沢栄一と袂を別つこととなった岩崎弥太郎の三菱が建てるビルなんですね。笑」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「常盤橋だったり、常磐橋だったり、ちゃんとしてくれ。」
「もうここまで来るとただの見栄っ張りにしか見えない。まあ、日本の会社も本社を東京に置けばカッコいいと思ってる所もありそうだし仕方ないのかな。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

渋沢栄一 再開発おわりに

今回は渋沢栄一 再開発に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の渋沢栄一 再開発は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回渋沢栄一 再開発について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

渋沢栄一 再開発の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

渋沢栄一 再開発の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事