五輪スポーツドクター 募集上回るが話題沸騰!今回の募集は?★画像・動画★ネットの声は?

五輪スポーツドクター 募集上回るがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

五輪スポーツドクター 募集上回るの概要は?今回の募集は?

五輪スポーツドクター 募集上回るのニュースが次のように報道されています。

ボランティアとしての活動となるため、謝礼は支払われません。今回の募集は14日が締め切りとなっています。

 東京オリンピック・パラリンピックの競技会場で活動する医師を200人募集したところ、約280人が応募していることが分かりました。

 大会関係者によりますと、組織委員会が大会期間中の競技会場で活動する医師を200人程度を確保するため、日本スポーツ協会を通じてスポーツドクターに呼び掛けたところ、現時点でそれを上回る約280人の応募があったということです。

 熱中症やけがの応急措置・治療のほか、新型コロナに感染した疑いがある人にも対応するということです。

 ボランティアとしての活動となるため、謝礼は支払われません。今回の募集は14日が締め切りとなっています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

五輪スポーツドクター 募集上回るが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の五輪スポーツドクター 募集上回るに関しての画像や動画です。

五輪スポーツドクター 募集上回るの動画をどうぞ。

五輪スポーツドクター 募集上回る約280人が応募

スポンサーリンク

五輪スポーツドクター 募集上回るのネットの声は?

五輪スポーツドクター 募集上回るのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「スポーツドクターとして、オリンピックに参加すれば、(東京オリンピック公認ドクター)の称号を、今後の宣伝に使えるから、参加するドクターが多数いたのか。」という意見と
「医療崩壊など言われてましたが、実際は医療関係者の手は空いているということなんでしょうか。まだそこまで医療は逼迫してはいないということを実証してしまったようですね。」という意見と
「どう言う人が応募しているのかと考えると、病院などの勤務医では変異株などへの曝露機会・感染リスクを考えれば、有給くれとは言い出しづらかろうし、病院側も簡単にOKとは言えなかろう。開業医が五輪のその期間、長期の臨時休業しておればイヤでも近所の知る所となるだろうし、東京で色んな変異株もらって来るかも知れない医院に行くのは忌避されかねない、誰よりもその事にナーバスなのは他ならぬその開業医自身だろう。多分この280人の大半はリタイアした医師(免許はある)なのだろう。まあ、人生の終盤においてやりたい事をやろうと言うのならば止める訳にも行かないが、家族などに変異株をうつすような事がないよう、五輪終了後も2週間程度の自主隔離など元医師として恥ずかしくないふるまいを求めたい」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「ここがネット情報の恐ろしいところですね。事前の感じからしたら「医療崩壊」「逼迫」と伝えられて、菅総理が無茶を言っているという雰囲気、医療現場でも反対の横断幕と伝えられていたのに、ふたを開けてみれば、「募集上回る」とは。」
「スポーツドクターとして応募してきた人は、おそらく開業医の整形とかですかね。
入院設備のある病院からは当然あり得ない事です。
選手のための怪我とかには対応可能でしょうが、コロナや熱中症に対応出来るかは別の話です。
もし、そのほとんどが整形外科医であれば、内科的な判断はとても難しいと思います。
発熱者が発生した場合に救急要請して受け入れてもらえる病院なんてそう簡単に見つかるとは思えません。
どのように対応するか全て決まっているのであれば問題ないかもしれませんが、アスリートだから優先するという理論で進んでいる話であれば、日本国民を蔑ろにした対応と思わざるを得ません。
そこも含めて国民に説明する義務が政府にはあると思います。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

五輪スポーツドクター 募集上回るおわりに

今回は五輪スポーツドクター 募集上回るに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の五輪スポーツドクター 募集上回るは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回五輪スポーツドクター 募集上回るについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

五輪スポーツドクター 募集上回るの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

五輪スポーツドクター 募集上回るの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事