アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性が話題沸騰!信頼性に対し?★画像・動画★ネットの声は?

アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性がネット上で話題沸騰しています。

目次
スポンサーリンク

アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性の概要は?信頼性に対し?

アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性のニュースが次のように報道されています。

アメリカで新型コロナウイルスワクチンを接種した人と接種するつもりのない人でワクチンの信頼性に対し、はっきりと差が出ていることが分かりました。

 アメリカで新型コロナウイルスワクチンを接種した人と接種するつもりのない人でワクチンの信頼性に対し、はっきりと差が出ていることが分かりました。

 AP通信が先月29日から今月3日に実施した世論調査で、アメリカでまだワクチン接種をしていない人のうち「今後、絶対打つ」と答えた人は11%にとどまり、「絶対に打たない」と答えた人は34%に上りました。

 また、「ワクチンの安全性と効果をどのくらい信頼しているか」という質問には、ワクチンを打った人の93%が「とても信頼している」、または「ある程度、信頼している」と答えたのに対し、今後もワクチンを打たないと答えた人の76%が「あまり信頼していない」、または「全く信頼していない」と答えました。

 ワクチンを少なくとも1回接種した人は46%に上りますが、接種のペースは落ちてきていて「ワクチンを打ちたくない人」の壁に直面しています。

▲このニュースはテレビ朝日が開発した「AIxCGアナウンサー 花里ゆいな」がお届けしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のアメリカ 新型コロナワクチン 信頼性に関しての画像や動画です。

アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性の動画をどうぞ。

新型コロナワクチンの信頼性 アメリカで2極化

スポンサーリンク

アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性のネットの声は?

アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「やはり、副反応への恐れがあります。政府や大手メディアなどはワクチンの接種控えを懸念してか、あまり副反応のくわしい状況を伝えていないようですが、私のようなアレルギー体質で基礎疾患がある者にとっては、やはり不安の方がお大きいです。政府報道機関はもっと詳しく副反応について説明し安心安全であることを国民に伝えるべきです。」という意見と
「優先接種対象の医療従事者等の中にも「長期的影響が不明」等の理由からワクチンを打ちたくない人が一定数いると思いますが、報告を求める等の事実上の強制を含め、職場から強制的に打たされているケースが多いのが実態ではないでしょうか。
 その場合、将来的に何か問題が発生したら労災扱いになるのか、国が補償してくれるのかという点を明らかにしておくことが不安解消のために重要だと思います。
 そのような制度的補償も説明も無いまま、「接種はあくまで努力義務」の名目で接種を推し進めても、最終的に接種と悪影響の因果関係について被用者が一方的に立証責任を負わされて事実上の泣き寝入りになる可能性がある現状のままでは、アメリカと同様に接種希望者は近い将来頭打ちになるのではないでしょうか。」という意見と
「アメリカ的な自由とは何かを日本からは理解できていない。それはルールや規制に縛られない自由な選択をする権利のようなモノ。元来世界から渡米して何もない荒野と荒地と原生林をいわば自由勝手に開拓してきたのだから、それ自体がルール無視自由勝手の極み、その精神性が未だに強く残っているグループがしっかりある。

これは日本ともそして歴史の長い他の国にはない背景、だからどうしても理解されにくい。トランプ支持層に顕著で、この政府が決めた統制的ワクチン接種も反発する。統制して行うことに社会主義的赤い色があると強いアレルギー反応。

日本ではなんでも統制してやることが多く違和感を感じることは少ない、しかし米国ではそうとは限らない。だから共和党が小さな政府で成り立つ基盤もある。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「全国のお医者さまへ。

国内接種わずか3ヶ月で国内死亡事例19件、副作用報告3290件の報告が上がっています。
全世界では欧米を中心にもの凄い数になっています。

海外ではライナーフュルミッヒ博士率いる1000人の弁護士、10000人の医療関係者により、新ニュルンベルク裁判2021が用意され始まっています。

全世界の流れは確実に変わってきていますが、日本は周回遅れになっています。

医師と医療関係者の皆さま、まずは新ニュルンベルク裁判2021を調べてみて下さい。」
「ワクチン接種するかはあくまで任意です。これまで通りの感染対策を継続し、もし陽性で悪化が心配または有症状なら、なるべく早期にイベルメクチンを内服してもらうのが現状最も安全、効果的な事は世界各国からの臨床報告、論文で明らかです。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性おわりに

今回はアメリカ 新型コロナワクチン 信頼性に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアメリカ 新型コロナワクチン 信頼性は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

アメリカ 新型コロナワクチン 信頼性の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる