水際対策 待機違反が話題沸騰!政府は?★画像・動画★ネットの声は?

水際対策 待機違反がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

水際対策 待機違反の概要は?政府は?

水際対策 待機違反のニュースが次のように報道されています。

政府は、外国からの入国者に対して、ほかの人との接触を避けるため、原則として、入国後14日間は、自宅や登録された宿泊施設などでの待機を求めている。

新型コロナウイルスの全国の重症者は1,176人で、過去最多となった。

こうした中、変異ウイルスによる感染急拡大を食い止めるため、鍵を握るのが「水際対策」。

政府は、外国からの入国者に対して、ほかの人との接触を避けるため、原則として、入国後14日間は、自宅や登録された宿泊施設などでの待機を求めている。

ところが今、こうした指示に従わない人が、1日およそ300人にのぼることがわかった。

厚生労働省によると、現在、自宅などで待機している人は、1日あたり、およそ2万人いるという。

こういった人たちは、自宅などで待機をする際に、「誓約書」を提出しなければいけない。

その誓約書の内容が、位置情報確認アプリを使って1日2回、今いる位置情報を報告すること。

そして、1日1回、健康状態の報告をする。

さらに、空港から自宅などに移動する際も公共交通機関は使用しない、レンタカーやマイカーなどを使うといった誓約。

ただ、これに違反をしても懲役・罰金などの罰則がないということで、こうしたことから、位置情報を報告しない人、中には、自宅などから離れていってしまう人が、1日およそ300人に達しているという状況。

こうした状況を受けて、政府は、入国者向けの対策の強化を新たに決めた。

具体的には、ビデオ通話での居場所の確認を毎日行う。

仮に、位置情報などの報告がなかった場合には、重点的に見回り訪問が行われて、さらには、「氏名を公表する対象にしますよ」という警告メールも送られることになるという。

そして、外国人には、在留資格の取り消しなどに至る場合もあるとして、水際対策に万全を期すとしている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

水際対策 待機違反が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の水際対策 待機違反に関しての画像や動画です。

水際対策 待機違反の動画は以下から確認をお願いします。

「水際対策」これで大丈夫? “待機違反”1日最大300人

スポンサーリンク

水際対策 待機違反のネットの声は?

水際対策 待機違反のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「誓約書を書かせても大人しく自宅等で2週間待機するとは限らない。
随分前にインド変異株が国内確認されていたにもかかわらずインドを変異株流行国に指定したのが4月28日で、インドとパキスタン、ネパールからの全ての入国者・帰国者を検疫所が確保する宿泊施設に3日間待機させる措置を開始したのは5月1日からと遅きに失した。
10日からは6日間待機に延長したが、入国後6日目の検査で陰性判定がでれば残り8日間の自宅等での待機を要請するにすぎない。
現在、変異株流行国・地域に指定されているのは35か国・地域にすぎず、それ以外の100余りの国・地域でも変異株は確認されているのであって、全ての入国・再入国外国人と日本人帰国者に対し入国後2週間の施設隔離を課すべきだ。」という意見と
「「水際対策」ザルです。  台湾という見本があるのに何で参考、導入しないのか?

日本医師会も個人医院に医療ベッドの開放をさせるべきです、患者は断っていてじぶんらは医療関係者としてワクチン接種とはオカシイと思わないのか?」という意見と
「>「氏名を公表する対象にしますよ」という警告メールも送られる
「誓約書」に書いておいてすぐに公表

>外国人には、在留資格の取り消しなどに至る場合もある
いきなり強制送還

まあ人権大好きな人が反対するんだろうな」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「これで東京オリンピックを開催できるのか、菅政権のやる気が感じられない。」
「国民は自粛し、国がコロナを広めてる。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

水際対策 待機違反おわりに

今回は水際対策 待機違反に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の水際対策 待機違反は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回水際対策 待機違反について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

水際対策 待機違反の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

水際対策 待機違反の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事