特定少年 少年法改正へが話題沸騰!改正案では?★画像・動画★ネットの声は?

特定少年 少年法改正へがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

特定少年 少年法改正への概要は?改正案では?

特定少年 少年法改正へのニュースが次のように報道されています。

改正案では、18歳と19歳を新たに『特定少年』と定めます。強盗や放火などの罪も対象となり、有罪になれば、更生を重視する少年院ではなく、刑務所で刑罰を受けることになります。

罪を犯した少年の扱い方を定める『少年法改正案』の審議が、国会で大詰めを迎えています。

18歳、19歳が事件を起こすと、これまでより厳しい扱いになる内容ですが、来年の春に成人年齢が18歳に引き下げられることから議論が始まりました。

現在の少年法では、逮捕された少年は、家庭裁判所で保護処分が決まると、少年院などに入ります。原則、検察官に送られ、大人と同じ刑事裁判を受けるのは、殺人など被害者を死亡させた罪だけです。

改正案では、18歳と19歳を新たに『特定少年』と定めます。強盗や放火などの罪も対象となり、有罪になれば、更生を重視する少年院ではなく、刑務所で刑罰を受けることになります。

19歳の時、窃盗の疑いで逮捕された男性(26)は、少年院で更生のきっかけをつかみました。当時は「後先を考えていなかった」と振り返ります。

少年院を出た男性:「同じような生活を送っていたら、結局は大人になって、もっと悪いことをしていたんじゃないかな。やり直しもできる、変われる年齢なので(少年院に)入っておいてよかったなと」

男性は現在、東京都内のリフォーム会社で働いています。

少年院を出た男性:「もちろん被害者が出るというのもそうですけど、自分自身も、もう人を傷つけることはしたくないなって。変わらないといけない、このままじゃまずいと感じるのが“やり直し”かなって」

改正案ではもう1つ、大きく変わる点があります。

これまで20歳未満は原則匿名でしたが、改正後は特定少年について、起訴された時点で実名での報道が可能になります。

少年事件の被害者遺族のなかには、実名報道は当然だと受け止める人もいます。

寺輪悟さんの娘・博美さんは8年前、花火大会の帰りに行方不明になり、その後、遺体で見つかりました。強制わいせつ致死などの罪で起訴されたのは、当時18歳の少年でした。

寺輪悟さん:「18、19歳で実名を出すと更生の妨げになると。亡くなった被害者はどうなんだと。被害者は生涯ないじゃないかと。少年だから特別扱いされるというのもありましたし、成人と違う、ずれっていのうは、ものすごく大きく感じましたね」

最近、刑務所から謝罪の手紙が届くようになりましたが、娘を奪われたことへの怒りは消えません。

寺輪悟さん:「(Q.今後、少年が社会貢献しても変わらない?)変わりませんね。娘は帰ってこないですもん。人一人の命を奪うというのは、してはいけないことなんですよ。自分の子どもを殺された親の代弁というのはおこまがしいが、もっと少年法は厳しくしないといけない」

実名報道の解禁について、先週6日に参考人として国会に出席した、少年事件に詳しい川村百合弁護士は「実名報道がインターネットで検索され、発掘されてしまうと社会復帰が困難になる。とりわけ就職は困難になる」と指摘しています。

改正案は、与党などの賛成多数で今の国会で成立する見通しです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

特定少年 少年法改正へが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の特定少年 少年法改正へに関しての画像や動画です。

特定少年 少年法改正への動画をどうぞ。

18~19歳は『特定少年』どう変わる?少年法改正へ

スポンサーリンク

特定少年 少年法改正へのネットの声は?

特定少年 少年法改正へのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「社会復帰が困難になる?
重罪なら社会復帰する権利も奪うくらいじゃないと罰にならないでしょうが。誰もそんな奴に社会に帰ってきてほしいとは思ってないわ。
特定少年とかそんなのじゃなく、凶悪犯罪に限っては年齢問わず実名報道&青年と同じ基準で裁けばいい。
少年だからってボーナス期間のように犯罪に手を染める若者がいる以上、このままじゃだめだ。」という意見と
「「実名報道がインターネットで検索され、発掘されてしまうと社会復帰が困難になる。とりわけ就職は困難になる」勿論、罪の内容や程度や背景によっては更生の機会が与えられるべきケースもあるだろうが、身勝手な理由で簡単に他人を傷つけるような人間の社会復帰なんて社会が望んでいないことをいい加減理解してくれ日弁連よ」という意見と
「実名報道うんぬんよりも、少年法はもう少し厳罰化が議論されてもいいのでは?
あまりにも守られ過ぎている感があります

更生も大切だが、そもそもダメなことはしたらダメ
大多数の子供達はそれを理解して生活しています

それを犯すんだから罰が必要
現状、甘すぎる」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「誰もがスマホを所有し、ネット環境が整った現在の社会で、ちょっと調べれば、強盗や放火をすれば重大な被害が出る事は容易に想像がつくし、刑務所で刑罰を受けながらでも更生した人は沢山いる。
実名報道で社会復帰が困難になったり、就職が困難になる事は、自分が犯した罪の重大さを忘れないためのペナルティー。
少年法改正は、社会環境の変化に合致したものだと思う。」
「少年法など不要。
小学校に通う年齢になれば,やっていいことと悪いことの判断はできる年齢です。分かっていないとすればそれは教育がちゃんと出来ていないということ。
幼い頃から,犯罪を犯すとどうなるのか?被害者はどんな思いをするのか?被害者の身内がどんな苦しみを背負うのか?といったことをしっかり教育した上で,それでも犯罪を犯すなら年齢などで区切ることなく,罪の重さに応じて裁くべきです。

殺人の被害者,将来を奪われるほどの暴行,性犯罪の被害者の身内は,加害者の「更生の機会」など,納得できるはずがない。
例え加害者が更生してその後立派な人間になったとしても,自分の身内がそのための生贄になる理由はない。

年齢などというもので一律の基準を設けるのは,教育や裁判での個別の判断からの逃げ,手抜きだと思います。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

特定少年 少年法改正へおわりに

今回は特定少年 少年法改正へに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の特定少年 少年法改正へは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回特定少年 少年法改正へについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

特定少年 少年法改正への共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

特定少年 少年法改正への共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事