解除 温度差が話題沸騰!菅総理は?★画像・動画★ネットの声は?

解除 温度差がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

解除 温度差の概要は?菅総理は?

解除 温度差のニュースが次のように報道されています。

どういう状況になれば緊急事態宣言が解除できるのかについて、菅総理は記者会見で「ステージ4を脱却することが目安になるが、具体的には専門家や自治体の意見も聞きながら、総合的に判断」と発言しました。

緊急事態宣言の延長が先週末に決定しました。延長決定の過程で何があったのか。政府の基本的対処方針分科会の委員を務める、慶応義塾大学経済学部・小林慶一郎教授に聞きます。

どういう状況になれば緊急事態宣言が解除できるのかについて、菅総理は記者会見で「ステージ4を脱却することが目安になるが、具体的には専門家や自治体の意見も聞きながら、総合的に判断」と発言しました。

一方、政府の分科会・尾身茂会長は「ステージ3に入って、しかもステージ2の方向に安定的な下降傾向が認められることが非常に重要」としています。

(Q.言葉に温度差があるように見えますが、どういうことですか?)
小林慶一郎教授:「尾身会長は、感染症の専門家という立場から、今、変異株が非常にまん延しているので、感染力が強い変異株を抑えるために、目標は厳しくした方が良いという考えを示していると思います。それに対して総理は、最終決定をする立場ですから、色々な配慮をするため、裁量の余地を残したいということで、広い基準を示されたのではないでしょうか。違う方向から同じものを見ていると感じます」

(Q.宣言解除の基準については、どんな議論がありましたか?)
小林慶一郎教授:「分科会では、感染症の専門家の方々からは『感染者数が東京で一日100人程度』など、厳しい数値を目標にすべきじゃないかという意見が出ました。最終的な目標は、感染者数を低く抑え込んでリバウンドするのを防ぐことが目標です。そういう意味では、私も感染者数を一日に何人という目標を置くことは納得できます。その方が、政府がやっていることも国民に対して分かりやすく、信頼性も高まるのではないかと感じています」

(Q.数値目標が掲げられなかったのは、なぜですか?)
小林慶一郎教授:「感染者数という目標という考え方と、「日付で区切らないと頑張りがきかないのではないか」という考え方がありました。また『一日100人』は厳しいという意見もありました。目標は、医療ひっ迫を緩和していくことなので、それに向けて、幅広い目標に落ち着きました。分科会の多くの考え方は、ステージ3からステージ2へ向かっていくところを目標にしたいと考えていると思います」

(Q.今後、どういう方向へ進むべきですか?)
小林慶一郎教授:「分科会のなかでも、これ以上人流を抑えるのは限界があるので、クラスターを減らすためには、検査戦略を拡充していく必要があるという見方が出ています。分科会では、高齢者施設や病院などに『抗原簡易キット』を800万セット配るということが決まりました。それ以外にも、学校や職場などのクラスターが起きている所に簡易検査をやってもらうことも議論に出ています。個人的な意見ですが、ランチタイムの飲食店をもう少し規制することが可能ではないかと考えています。例えば、お一人様だけのランチを認めたり、デリバリーやテイクアウトに限った営業にしてもらうことなども、議論として考えられると思います」

(Q.感染状況によっては、さらに対策が強化される可能性があるということですか?)
小林慶一郎教授:「感染者数次第だと思います」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

解除 温度差が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の解除 温度差に関しての画像や動画です。

解除 温度差の動画をどうぞ。

解除に“温度差”舞台裏は…分科会メンバーに聞く

スポンサーリンク

解除 温度差のネットの声は?

解除 温度差のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「専門家会議の医師が政府の都合が悪い発言をするから
政府は、政府側の人間を加えた政府に都合の良い分科会を作った
これだけでも政府がコロナニに対して真摯に取り組んでないことが分かる

モリカケ問題の赤木ファイルのように政府にとって
都合が悪い事を隠そうとする体質が近年強まっている
国民を欺こうとする行為は巡り巡って国力を弱め
日本の将来を暗くするように感じる」という意見と
「数値目標なんて意味がない。理想を見たんいえば、ゼロコロナだが、クラスター発生がわずか5%の飲食店や百貨店の時短・休業ではたいした効果は期待出来ない。肝心なのは、クラスターの発生が最も多い高齢者施設に重点的に資金を投入し、安全対策をたてること。それをやらない限り、数値目標を厳しくしても机上の空論、実現不可能。」という意見と
「結論ありきでは結果は悪い方向にしか行かないのはこの一年で分ってるのに学習能力が無い
世界は唯一コロナ過からの脱出が出来たイギリスの真似して欧米各国が解禁バーゲンセールに入ってるけど変異株次第のギャンブル状態
ジョンソンの様に目標値を掲げ国民の納得出来る緊急事態宣言は効果が期待出来るし日本人に合ってるやり方だと思うけど自公政権では絶対にやらんだろうな」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「菅首相が、一貫して経済社会活動を中途半端に維持しようとしたから、おかしくなった。感染の波が収束した後の定常状態の感染者数は、感染の波の回数を重ねるごとに高くなっている。一方で、医療のキャパシティは増えないので、リバウンドが起こり始めてから逼迫状態になる期間は短くなる。さらに、緊急事態宣言の際に緩い対策しか取らないので、感染収束はゆっくりとなる。これに変異株の流入が加わったので、今後は緊急事態宣言状態が何ヶ月も継続するだろう。

結局、近視眼的な経済社会活動への配慮が、長期的に見るとより大きな被害を招いている。第一波の収束のあと、一部地域で感染対策をもう2週間継続して感染ゼロに近い状態まで抑えこみ、PCR検査を一日10万件する体制を整えて、厳重な水際対策を実施した方が良かった気がする。」
「まぁ現況の感染対策等中途半端なので効力は無いだろう。
ワクチン接種した方が遥かに有効だろう。
そんな事より期間限定で学校や職場等の土日の週休2日を水、日の週休2日にするとか、就業時間分散して「朝番、夜番」、学校の夏休み等を春、夏、秋、冬それぞれ2週間づつにするとか、人流対策考えてみれば好い。!!」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

解除 温度差おわりに

今回は解除 温度差に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の解除 温度差は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回解除 温度差について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

解除 温度差の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

解除 温度差の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事