ウーバー急拡大 注文から30分が話題沸騰!今の消費者は?★画像・動画★ネットの声は?

ウーバー急拡大 注文から30分がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ウーバー急拡大 注文から30分の概要は?今の消費者は?

ウーバー急拡大 注文から30分のニュースが次のように報道されています。

今の消費者は、翌日の配送では満足できなくなっているという。

 緊急事態宣言の延長と追加の地域が決まったなか、ウーバーイーツなど配達員の競争もまた激しくなっている。配達で届ける品物も食べ物だけではなく、家電、トイレットペーパーなどにも広がっている。

■“トイレ紙”も…コンビニ商品の注文増

 8日午後10時半ごろ、東京・世田谷区。夜のコンビニを訪れたウーバーイーツの配達員。
 他にも、コンビニを訪れる配達員の姿があった。何を受け取るのか、配達員に話を聞いてみた。

 配達員の男性:「基本的には食品だけどね。たまにトイレットペーパーみたいな雑貨もあります。必ず食品とは限らない」

 ローソンでは、食品から日用品まで約370商品が、ウーバーイーツで配達可能に。

 配達員の男性:「(Q.ここからどのくらい?)歩いても5、6分でしょう」

 注文があった家からは、わずか200メートルの距離だ。

 東京・阿佐ケ谷にいた配達員も、かなり近い距離へ配達したことがあるという。

 配達員の男性:「めっちゃ近い50メートルの所でも、結構ちょこちょこある。気前がいいのか、お金持ちなのか知らないんですけれど」

 ローソンではウーバーイーツによる売り上げが、この1年間で60倍にも急増。特に、午後10時以降の注文が多いという。
 歩けば数分のコンビニなのに、わざわざウーバーで配達してもらうのはなぜなのか。

 会社員男性:「家から出たくないので、そんな時は使っちゃいますね。家から飲み物がなくなった時に、お水だったりとか、あとデザートとかも」

 会社員男性:「着替えたりするのも面倒くさいっていうのもありますね。あと、実際自分が家で家事だったりとかしながら並行して注文ができるので、わざわざ買いに行く時間が短くなる分、自分の時間に充てられるかなっていうのもありますね」

 ローソンでは、今年2月から一部店舗で、49種類の医薬品の配達もスタートしている。

■家電も「注文から30分」で出前

 一方、東京・秋葉原の電気街。「エディオンAKIBA店」では、3月末からウーバーイーツで家電を即日配送するサービスをスタート。

 「エディオンAKIBA店」リーダー関根克則さん:「すぐ手元に欲しい電池とか、カメラのフィルムとか、注文がありました」

 アイロンの注文が入りました。そして20分後、ウーバーイーツの配達員が到着しました。

 「エディオンAKIBA店」リーダー・関根克則さん:「注文を頂いてから商品をそろえて、実際30分から40分ぐらいでお客様のもとに届くと思います」「(Q.何でアイロンが?)小さいお子さんがいらっしゃって、外に出られないけども、アイロンを使いたいとか」

 今の消費者は、翌日の配送では満足できなくなっているという。

(「羽鳥慎一モーニングショー」2021年5月10日放送分より)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ウーバー急拡大 注文から30分が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のウーバー急拡大 注文から30分に関しての画像や動画です。

ウーバー急拡大 注文から30分の動画をどうぞ。

ウーバー急拡大 家電&トイレ紙も“注文から30分”

スポンサーリンク

ウーバー急拡大 注文から30分のネットの声は?

ウーバー急拡大 注文から30分のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「こういった記事を見てやってみよう!
となる人が少なからずいたとして、
今までだとロングが当たったり
ピックアップ先までロングだったりして
折れる人がいたが(少なからず自分の周りにいた)
昨日からの事前に報酬がみれるようになって、
避けられるようになったから、
ますます増えて、
区内は最初に閑古鳥が鳴く日が来そう。」という意見と
「ウーバー新料金体制に今日10日から変更になり、配達員はウーバーから離脱しはじめました。5キロ配達でも350円程度と最低賃金を下回る事がほぼ確定し
配達員は家電やトイレ紙などは配達を拒否するようになるでしょう。
なお、このニュースはウーバー側が今日に合わせて宣伝する目的があったのでしょうが、この新料金は配達員が他社へ大きく離脱する結果となるでしょう」という意見と
「50mだの100mだの超短距離じゃん。
それ位の距離なら自分で買いに行きなよ、って個人的に思いました。
報道内容でも言っていたがお金持ちなのかは分からんが「面倒くさい」って感じが動画を見てて何となく伝わってきましたね。
ま、Uberも注文を受けることで設けているからUberからしたら良い客になるのかもしれないが「近場の買い物くらい自分でしたら?」とは思いましたね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「都内の配達員です。結構コンビニからの注文多いですよ。最初はこれくらいも自分で買うのが面倒な人がいるんだと思いましたね。30階に住む人とかは下に降りるのも面倒くさいんでしょうね。基本的に2リットルの水やお茶や缶チューハイとか飲み物が多いです。重たいもの運ぶの好きな人はいないでしょうしね。」
「1年で60倍って2019年終わり〜2020年初頭に都内で試験的に始めて、1年くらい前に全国的に広まったくらいじゃなかったかな?
実質的なサービス開始時点から60倍と言われても「一般に認知されましたね」くらいしか思わない。
受注件数が100件/日が6000件/日になったのか、売上が10万円/日が600万円/日になったのか、もう少し詳しく報道してほしいな。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ウーバー急拡大 注文から30分おわりに

今回はウーバー急拡大 注文から30分に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のウーバー急拡大 注文から30分は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ウーバー急拡大 注文から30分について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ウーバー急拡大 注文から30分の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ウーバー急拡大 注文から30分の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事