配達員 注文奪い合いが話題沸騰!注文の奪い合いは?★画像・動画★ネットの声は?

配達員 注文奪い合いがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

配達員 注文奪い合いの概要は?注文の奪い合いは?

配達員 注文奪い合いのニュースが次のように報道されています。

家電にコンビニ、届ける商品が食品以外にも拡大するなか、配達員の数も急増。注文の奪い合いは、日に日に激しくなっています。

 家電にコンビニ、届ける商品が食品以外にも拡大するなか、配達員の数も急増。注文の奪い合いは、日に日に激しくなっています。

■配達員“競争激化”で長距離配達も

 配達員の男性(29):「本当に競争ですね。配達員同士ピリピリしてるというか」
 配達員の男性(38):「緊急事態宣言で(配達の)需要は高まってはいるが、配達員も増えている。ちゃんと考えてやらないと稼げなくなる」

 競争は、どこまで激しくなっているのか。この男性(24)は、午後5時に仕事を開始。すぐに注文が入り、1件目の配達を終えますが、思うように注文は入りません。
 そこへ、配達先まで距離のある注文が入りました。

 配達員の男性:「(配達の距離が)ちょっと長い」「(Q.前回だったら、この注文って?)もう、迷わず捨ててます」

 今年2月、2度目の宣言中にも、この男性を取材。その時は、“短期間に稼ぐテクニック”として、距離の長い配達は、あえて拒否していました。

 配達員の男性:「(Q.もう注文は選べない?)この案件だから嫌だとかは基本的にない。前との違いですね」

 3度目の緊急事態宣言で、注文が増えると期待していましたが…。

 配達員の男性:「(Q.注文数は期待していたほどではない?)もっともっと忙しいのかなと思ったんですが、思ったよりもオーダー数はない。(飲食店も)外でお客さんがいっぱい並んでいるほど満席ですし」

■会社移籍も…「2月のほうが良かった」

 “宣言慣れ”なのか、外出する人が増加。ウーバーへの注文数は増えず、男性は、ある決断をしました。

 配達員の男性:「ここ1、2週間は、新しいところでガッツリ働いている」

 ウーバーから、先月サービスを開始した新たな会社へ移籍しました。

 配達員の男性:「新しいところだと配達員も(多くは)登録していない。やってみる価値はあるのかなと思って」

 東京・港区、8日午後7時を過ぎると、立て続けに注文が入ります。

 配達員の男性:「次のオーダーが入ってきました」「また、次の入ってきました。だいぶ忙しくなってきましたね」「ちょっと自分でもびっくり。暇な時間がなくなって、うれしいです。この時間帯は、一番頑張らないといけない」

 しかし、思わぬ事態が…。

 配達員の男性:「(店の)中に僕も含めて(配達員が)3人いて。仕方ないですけど(店が)忙しそうだったので」

 店がデリバリーの注文をさばききれず、男性は順番が来るまで待つことに。

 配達員の男性:「結構もったいないです。一番オーダーが入る時間帯なので。できれば数をこなしたい」

 再び店へ向かった男性を待つこと15分。

 配達員の男性:「やっと受け取りました」「(Q.もう急ぎですね?)そうですね」

 遅れを取り返すべく、懸命にペダルをこぎます。

 配達員の男性:「午後8時からは、ほとんどのお店がテイクアウトのみ。気合いを入れてという感じ」

 午後9時、この日の配達を終えた男性は…。

 配達員の男性:「(Q.移籍して稼ぎは?)全然、2月末のほうが良かった」「将来的に(収入が)やばいなって思ったら(複数の配達を)掛け持ちでやってみようかなとか。迷っている」

■“大手企業参入”で競争加速

 配達員の競争をさらに加速させているのが、大手企業の参入です。

 7日、東京・品川区のマクドナルドに入店してきた配達員。帽子とカバンにはマクドナルドのロゴ。しかし、服には、読売新聞の販売店「YC」のロゴが入っています。

 読売新聞東京本社販売局・原口隆則総務:「読売新聞の販売店、YCのスタッフがマクドナルドの商品をお客様にお届けする」

 ハンバーガーやポテトなどの商品を配達する時も、新聞配達用のバイクを使います。
 マクドナルドが、読売新聞とタッグを組んだ理由とは?

 日本マクドナルド株式会社デリバリー推進室・水品壮二郎上席部長:「読売販売店の皆様、デリバリーになって頂くことで、丁寧な接客と迅速なサービスというところに、お客様からも満足頂いているなというふうに考えております」

 それぞれの地域を熟知している新聞配達員。客も、なじみの配達員が来ると、安心するといいます。

 読売新聞東京本社販売局・原口隆則総務:「YCの配達力を生かして、YCの収益向上と、新聞の戸別配達網のさらなる強化につながるんじゃないかと。Win-Winの関係を拡大していきたいと思っております」

(「羽鳥慎一モーニングショー」2021年5月10日放送分より)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

配達員 注文奪い合いが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の配達員 注文奪い合いに関しての画像や動画です。

配達員 注文奪い合いの動画をどうぞ。

配達員“注文奪い合い” 新聞配達員など大手も参入

スポンサーリンク

配達員 注文奪い合いのネットの声は?

配達員 注文奪い合いのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「東京のアンテナショップでも人気のある商品を販売している店主と話をした事があります。近隣の土産店には店主自ら配送しているようで、大変だと話を伺いました。特に直売所で売れ残ったら、数が少なくても、土産店に持参しているようですが、量が少ないので利益が出ないようです。製造業者や生産者から小売店に運ぶ需要があるのではと感じました。(道の駅等の直売所でも生産者自ら持ち込んでいると伺っています。それを代行する需要があるのでは?)」という意見と
「新しい取り組みは良い事だと思うけど自分の地域では新聞配達の方はヘルメットもしない人や夜中だから大丈夫と思っているのか逆走を平気でしています。
そんな方に配達してほしいとは思いません。」という意見と
「配達はすぐにどんな企業でも参入してくる。いかに儲かる仕事他にないのかと感じる。配達の品質・マナーよりシステム重視。アメリカの企業らしい。日式企業はもはや、遅れていると言う認識はどんどん拡がっているのではないだろうか?日本の良識は成長の阻害ですかね?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「どっちにしても配達が雑になったり信号無視をしないでやってくれればそれでいいかなとは思うけど、やっぱりウーバーをやる人ってもともと自転車のルールを知らないでやってる人が多くみられるからマイナスのいめーずが大きいんだろうねぇ・・・。
まじめにやっている配達員がかわいそうに思えてくるわ。
自分もきちんとルールを守りながらやってるのにもかかわらず、罵倒してくるお客様いらっしゃいますよ・・・。(食べてないよな?とか、ぶつかる距離でもないのにいちゃもんを付けてくる人とかね・・・。)」
「すげーな。将来収入が不安になったら掛け持ちって。仕事は変えないんだwドローンに根こそぎ取られそうな市場だけどな。一生他人の飯届ける覚悟とかすげーな。ペダル漕いだ先に社員はないだろ。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

配達員 注文奪い合いおわりに

今回は配達員 注文奪い合いに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の配達員 注文奪い合いは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回配達員 注文奪い合いについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

配達員 注文奪い合いの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

配達員 注文奪い合いの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事