全国重症者 過去最多が話題沸騰!厚生労働省によると?★画像・動画★ネットの声は?

全国重症者 過去最多がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

全国重症者 過去最多の概要は?厚生労働省によると?

全国重症者 過去最多のニュースが次のように報道されています。

厚生労働省によると、新型コロナウイルスの6日までの重症者は、1,131人で、前の日から33人増え、過去最多になった。

新型コロナウイルスの全国の重症者は、1,131人で過去最多になった。

厚生労働省によると、新型コロナウイルスの6日までの重症者は、1,131人で、前の日から33人増え、過去最多になった。

全国の重症者は、7日連続で1,000人を超えている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

全国重症者 過去最多が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の全国重症者 過去最多に関しての画像や動画です。

全国重症者 過去最多の動画は以下から確認をお願いします。

【速報】全国重症者 過去最多1131人 新型コロナウイルス

スポンサーリンク

全国重症者 過去最多のネットの声は?

全国重症者 過去最多のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「よく「2類から5類にしろ」と言う意見があるが、それで本当に医療崩壊が防げるの?
感染者数が増えれば、必然的に重症者も増える。インフルエンザ並みの扱いにしたら、あちこちの病院でクラスターが発生して、今以上に危ない状況にならないか?正直、わからないけど。
色々意見はあるだろうけど、変異株を広めるリスクを高めない為にも、感染者数を減らす必要があると思う。」という意見と
「医療従事者、介護施設、高齢者及びその介護家族
の順で優先すべき
高齢者のところは高齢者優先なのか、癌とか他の疾患が優先した方がいいのかは医療専門家に任せたい。

高齢者施設でクラスターが起こってしまったら後手対策ではどうしようもない。
認知症の方もおり平時でさえ人手がかつかつ、さらにホワイトな職場環境でない方も多い。そのような状態にコロナが追い討ちをかけ、現場で対応するのは終わりがないと続けられない。

医療としてのコロナワクチン接種体制優先順位付
既存医療体制への影響を減らすためのワクチン接種施設,体制の新設
介護現場への対応
ここの道筋がぐだぐだなまま現場の自助努力で改善してくれというのは半年から1年は死に物狂いで可能だが無茶。
既存の業務が正常に、行われなくなった時にもっと酷い事がおきてくる。」という意見と
「政府が医療費削減、病院統廃合を続ける限り医療体制は整うことはない。民間に責任を押し付けても受診控えで弱った医療機関にその体力はない。また宣言も自治体の要請で行うという無責任さ!。現状を知りつつGOTOを強行した自治体首長も同罪だ。政府が無策であることを隠すためにやってる補償なしのまん坊、宣言に国民はもう付き合う必要はない。死亡者は70~80歳以上に集中し20~40歳代の死亡者は0.0%(厚労発表)。

飲食店は高齢者と接触しない20歳代~40歳代に限り入店OKという条件を付け通常通り営業し、80歳以上は非常事態宣言レベルの自粛でいいのでは?

効果のない宣言、無策の政府、補償なし宣言下では自己防衛に徹したほうがいい。菅政権厚労はあまりにも無策すぎだ。ただワクチンのみを頼る政策であれば政治家、官僚は不要だ。政策は必要ないだろ?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「重傷者数が過去最多更新しようが、医療逼迫しようが五輪を中止にすると言わない。
ワクチンも医療従事者も五輪の為に使うと言う。
さっさと五輪中止にして、医療体制の強化やワクチン接種に尽力して欲しい。」
「この変異株はイギリスから来たもので
水際対策の失敗がすべて。
入国したイギリス株の陽性者の内、三割の人がホテルから逃げ出して連絡が取れなくなったのが現在の蔓延の原因。
次のインド株が来ているのに、政府は水際対策をそのまま放置。
まもなくインド由来の新型コロナが猛威をふるう可能性が出てきた。
ワクチン接種が先かインド型ウイルス蔓延が先か?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

全国重症者 過去最多おわりに

今回は全国重症者 過去最多に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の全国重症者 過去最多は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回全国重症者 過去最多について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

全国重症者 過去最多の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

全国重症者 過去最多の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事