宣言 延長 国と温度差が話題沸騰!政府は?★画像・動画★ネットの声は?

宣言 延長 国と温度差がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

宣言 延長 国と温度差の概要は?政府は?

宣言 延長 国と温度差のニュースが次のように報道されています。

政府は7日、東京都、大阪府、兵庫県、京都府の緊急事態宣言について、11日の期限を今月31日まで延長し、さらに、愛知県と福岡県を12日から対象地域に加えることを決定しました。

政府は7日、東京都、大阪府、兵庫県、京都府の緊急事態宣言について、11日の期限を今月31日まで延長し、さらに、愛知県と福岡県を12日から対象地域に加えることを決定しました。飲食店には引き続き、アルコール類の提供停止が求められ、客による持ち込みを認めている店も今回、休業要請の対象となります。

先月末から休業しているビアレストランの店長は、菅総理の会見を厳しい表情で聞いていました。
バーデンバーデン・曽根崎武吉店長:「何度も同じような話を聞いて、この会見だとニュースで全部聞いているよっていう話しかなかった。もう少し説得力がある話と、しっかりした補償を出してもらえれば、いろいろ考える人もいたと思う。うちは小さい個人店だが1億1000万円ほど借り入れている。早く本来の営業をしたい」

一方で“制限が緩和”された部分もあります。無観客が求められていたイベントは、5000人以内かつ、収容定員の50%以下であれば、観客の受け入れが認められました。百貨店などの大型商業施設に対しては、休業要請ではなく、午後8時までの時短要請に切り替えます。ただ、措置の判断を委ねられた東京都は、休業要請の継続を求めました。
小池知事:「自治体は現場を預かっている。それを反映して自治体としての感染対策を徹底をしていく表れとして、都としての考え方を示した。国とも協議のうえ、この措置を決めさせていただいた。“現場監督”して努めていきたい」

東京都の要請に従って休業を継続するか、それとも営業再開に踏み切るか、松屋銀座は対応に揺れていました。当初の緊急事態宣言の期限を終えた12日から、レストランの営業を再開するための準備を進めていたところでした。ここにきての休業要請の延長は、すんなりとは受け入れられません。実際、営業を拡大する百貨店も増えています。
松屋銀座食品担当・柏木雄一部長:「ここまで来たら営業したいけど、第一優先としては、はっきりしてほしい。我々いろいろな中で業務を行っているのと、やめるのもそうだが、再開するのにもパワーが必要」
7日の段階で結論は出ず、営業再開については、引き続き、協議を重ねていきます。

大阪府は、大型商業施設の休業要請に加え、イベントでの無観客の措置も継続する方針です。
吉村知事:「いまの大阪の状況を考えたときに、緊急事態宣言の措置の内容を緩めるべきではないと判断した」
大阪では7日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1005人確認され、死者は50人と過去最多です。門真市の高齢者施設で集団感染が発生し、入所者13人が亡くなりました。入院先が決まらず、施設内で療養中だった人も含まれているといいます。

隣の兵庫県でも同じような事例が起きています。神戸市の老人保健施設では、入所者と職員合わせて133人の集団感染が発生。このうち25人が亡くなりました。
施設の担当者:「救急隊を呼んでも、施設前で救急車が停まったまま。搬送先が見つからず、帰ってしまうことが複数回あった。職員にも感染があるなか、入所者を“お見送り”するしかない状況が本当につらい。搬送が必要だと依頼をかけたら、行き先が確保できるような医療体制を望む」

福岡県は“まん延防止等重点措置”の適用を飛び越え、緊急事態宣言の対象となりました。
服部知事:「県としては、国が“広域的な感染防止を図る”という観点から緊急事態措置を本県に適用されるという判断をされたもの。この判断を尊重し、受け入れざるを得ないという判断をしたところ。緊急事態措置を徹底し、感染の封じ込めを図っていく」

緊急宣言の対象となった愛知県では7日、過去最多の443人の感染が確認されています。
大村知事:「医療の状況が厳しい事態が迫っているということを、私どもとしては応対させていただいて、ご理解ご協力をお願いしたい。感染防止対策の徹底を、引き続き、お願いをしたい」

今回の期間の延長や、対象地域の拡大をめぐっては、専門家と政府との“温度差”が浮き彫りになりました。
基本的対処方針分科会・釜萢敏委員:「札幌は北海道の要で、そこから感染が広がる可能性があるので、緊急事態宣言も考慮するべきではないかという意見が出た。まん延防止等重点措置は、都道府県知事の意向も踏まえて、要請のあったところについては認めるのが良いのではないかと申し上げた」

実際、石川県、茨城県、徳島県は、まん延防止等重点措置を要請していましたが、政府は適用の判断を見送りました。“政府の決定ありき”の状況に基本的対処方針分科会の尾身会長自らも疑問を呈しました。
基本的対処方針分科会・尾身会長:「(政府案に)無条件のイエスではなくて、専門家は、いろいろ条件を付けることが、せいぜいできることというのが現実。ある県が政府の緊急事態宣言の追加県に入っていないが、分科会メンバーの多くの人が『この県を加えるべきだ』と申した。『あなたたちの危惧はわかるが、こういう理由で入れなかった』と政府の説明があった」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

宣言 延長 国と温度差が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の宣言 延長 国と温度差に関しての画像や動画です。

宣言 延長 国と温度差の動画をどうぞ。

「措置緩めない」宣言“延長”決定も国と温度差が…

スポンサーリンク

宣言 延長 国と温度差のネットの声は?

宣言 延長 国と温度差のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「感染が抑えられていないから宣言を継続するのに、なぜ制限を緩和する、という発想が出てくるのだろう?緩和自体の是非ではなく論理の問題である。
自粛要請と同時にGO TOキャンペーンを強行した時といい、この政権のやることはすべて支離滅裂だ。」という意見と
「分科会は助言機関なので決定権は政府にあるのは当然だけど、結論ありきで提言を聞き入れないのは論外。分科会の存在意義ないやん。
都合の良い時だけ分科会から了承得ました発言を利用するのみ。分科会からは都合良いように言葉を切り取られたと苦言出る事何度もありましたね。

結果が出てないんだから、結果が出るまで現状のまま様子を見るか、結果が出るように対策を強化するが通常とりうる策だけど。

実務担当してる厚生省や経済担当大臣も規制緩和に反対の立場なのに。

総理の意向で政策や人事はどうにもなるが、自然の摂理はどーにもならんのよ?
日本の為には事実や経験に基づいて、将来の在るべき姿を実現するための指針を打ち出せる人にリーダーになって欲しい。今すぐにでも」という意見と
「飲食店ばかりの説明はわかるが、その他観光事業、旅客運送事業の職種なども、多大な損害を受けてます。給料も最低賃金並み、アルバイト代みたいな給料まで下がってます。会社の利益も少なく経営者は大変な思い、雇用調整助成金も6月で終わり、せめてコロナが収束するまで延長して欲しい。一層のこと一律定額給付金をもう一度お願いしたい。かなりの人は助かります。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「政府は今回の緊急事態宣言延長で感染が下火になると?
もし感染が爆発的に拡大した時の事を考えているのですか。
それを踏まえて次の手を考えているのかが問題なんですよ。
今迄は、それをしないから後手に回るんです!
今月末にはオリパラの開催するかを判断してくださいね!
それと、もし感染者が増えた時はロックダウンも視野に入れてください。
このままだと企業も国民も暴走しますよ!
国民も頑張っているので、今一度特定給付金の
支給を考えてください。
言葉じゃなく、給付金が国民には一番︎」
「分科会の提言を受け入れる用意が無いのであれば、分科会の存在意義が無い。よって直ちに解散する、後は政府の責任に於いて進めて下さい。
そろそろこれぐらいの言葉を政府にぶつけても良いのでは有りませんか?尾身会長。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

宣言 延長 国と温度差おわりに

今回は宣言 延長 国と温度差に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の宣言 延長 国と温度差は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回宣言 延長 国と温度差について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

宣言 延長 国と温度差の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

宣言 延長 国と温度差の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事