コロナワクチン 追加 確保へが話題沸騰!厚労省は?★画像・動画★ネットの声は?

コロナワクチン 追加 確保へがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

コロナワクチン 追加 確保への概要は?厚労省は?

コロナワクチン 追加 確保へのニュースが次のように報道されています。

厚労省は理由について、メーカーによって免疫が持続する時間や変異ウイルスに効果があるかどうかに違いがあるかもしれず、複数のメーカーからより多くのワクチンを確保した方が良いためとしています。

 新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は新たにアメリカのノババックス社など3社と合わせて2億5000万回分の供給を受ける前提で協議を進めていると発表しました。

 これまでに厚生労働省はすでに接種が始まっているファイザー社のほか、アストラゼネカ社、モデルナ社と合わせて3億1400万回分の供給を受ける契約を結んでいます。

 これに加えて新たにファイザー社から7月から9月までに5000万回分と、モデルナ社とノババックス社から来年初頭以降にそれぞれ5000万回分と1億5000万回分の供給を受ける前提で協議を進めていると明らかにしました。

 厚労省は理由について、メーカーによって免疫が持続する時間や変異ウイルスに効果があるかどうかに違いがあるかもしれず、複数のメーカーからより多くのワクチンを確保した方が良いためとしています。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2021

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

コロナワクチン 追加 確保へが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のコロナワクチン 追加 確保へに関しての画像や動画です。

コロナワクチン 追加 確保への動画をどうぞ。

コロナワクチン 追加で2億5000万回分確保へ

スポンサーリンク

コロナワクチン 追加 確保へのネットの声は?

コロナワクチン 追加 確保へのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「今問題なのは現行のワクチンをどう打つか。

私は医師ですが、医師会を通じた接種要請の応じて休日を利用したワクチン接種会場への出務予定です。
それ以外にも、要請が有れば可能な限り応じたいと思っていますし、おそらく私以外の医療従事者にもその気持ちは強いでしょう。」という意見と
「現在ファイザーと合意しているワクチン数は1億4400万回分で、追加が7~9月に5000万回分なら、9月までに計1億9400万回のワクチンが供給されることになります。

9700万人分は16歳以上人口の89%ですから、9月末までに一般向け全希望者分のワクチンは確保されたということですね。」という意見と
「上海市だけで、1日76万人の接種スビードで推移している、効果どうのこうの言うけど、結果は、物言ってる。注射で死ぬ、発作が起こる事無く、市中感染もゼロで、信じ無くでもいいが、日本が1万人接種は大規模と言うのは全く別世界だ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「沢山ワクチン確保できたところで今のままのワクチン接種システムでは、糞詰まりを起こすだけな気もします。

アメリカでは、医師・看護師だけでなく、医学生・看護学生・助産師・救急隊員・獣医師・歯科医師もワクチン接種に参加しているし、問診なんかはザルです(接種前に陰性だろうが陽性だろうが、ワクチン打ったら一緒でしょという発想なのでしょうか)。

日本は「責任」と「クソ真面目さ」という2匹の魔物に憑りつかれて
ガチガチのワクチン接種が今なお続いてます。
歯科医師はワクチン接種従事者として認めるようですが、ちょっと訓練すれば上記の方々皆対象者だと思います。

海外の先行事例を何故、取り入れる柔軟さを今こそ法整備も含めて取り入れてほしいです。」
「mRNA,ウィルスベクターワクチンだけでなく違う種類のワクチンを承認してほしい。
その点で実績のあるノババックスの組み換えタンパクを承認してほしいと思います。
人類史上初めてのワクチンは心配な人も少なくないと思います。
早期にKMバイオの不活化ワクチンも承認して欲しいと思います。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

コロナワクチン 追加 確保へおわりに

今回はコロナワクチン 追加 確保へに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のコロナワクチン 追加 確保へは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回コロナワクチン 追加 確保へについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コロナワクチン 追加 確保への共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

コロナワクチン 追加 確保への共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事