国会議員 歳費返還 可能にが話題沸騰!今の法律では?★画像・動画★ネットの声は?

国会議員 歳費返還 可能にがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

国会議員 歳費返還 可能にの概要は?今の法律では?

国会議員 歳費返還 可能にのニュースが次のように報道されています。

今の法律では、返還を請求できる規定がないうえ、自主返納は寄付にあたることからできません。

 国会議員の歳費返還を可能にする法改正の検討を始めました。

 公明党・石井幹事長:「当選無効となったにもかかわらず、歳費を受け取れる。こうしたことは国民有権者からみて到底納得のできる話ではありません」

 買収事件で有罪となり、当選無効となった河井案里前参議院議員が議員辞職するまでに受け取った約4900万円の歳費を返還せず、批判をあびたことを受け、公明党は歳費の返還を可能にする法改正の検討を始めました。

 今の法律では、返還を請求できる規定がないうえ、自主返納は寄付にあたることからできません。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

国会議員 歳費返還 可能にが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の国会議員 歳費返還 可能にに関しての画像や動画です。

国会議員 歳費返還 可能にの動画をどうぞ。

国会議員の歳費返還を可能に 公明党が法改正を検討

スポンサーリンク

国会議員 歳費返還 可能にのネットの声は?

国会議員 歳費返還 可能にのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「当選無効・辞職のその日までは、さすがに労働対価を払わないとダメなんじゃないかと思う一方で、そもそも選挙違反なら議員の身分自体が発生し得ないわけで、オールリセット・全額返還もロジックとしては成り立つ。

在職中の不祥事ならまだしも、身分自体の正当性に疑問がつく今回の事件、はてさてどうしたものでしょうか。」という意見と
「最大の問題は、議員の執務環境を議員たちが決められる状況にあること。
選挙もそう。
議員報酬や、選挙制度、議員の人数、賞罰などは、利害関係のない第3者が決定しないといけない。
そのためにも、司法が管轄し、国民が審査する政治制度決定部署が必要。」という意見と
「違うな。
それだと、返還する人としない人がでて、制度として形骸化されてしまう。
国会議員の職務における「休職」をきちんと定義して、国会・委員会に参加できないとかあれば、迷わず「休職」扱いとして、無給にしてしまえばよいだけのこと。
実際、裁判中は議員活動はできないに等しいんだから、それでいいだろう。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「これ難しい問題だよ。犯罪とかに限るようにしないと、政治家たるもの歳費を返上するのが美徳みたいになる可能性がある。
直感的には「いいことじゃん」と思っちゃう人もいるかもしれないけど、実際には「歳費以外から金を得られる人しか政治家になれない」ことになる。
これが「資産家しか政治家になれない」に陥るならまだましで、「権力から金を作ることに躊躇ない人ばかり政治家になる」みたいな話になる可能性がある。
というか普通にやったらそっちに収束する。腐敗した政治家ほど「私は給料ゼロ円でーす」みたいなアピールしたがるのよ……」
「公明党よ。ならば、中国の人権侵害を未だに認めないのは何故だ?
 外国による土地買い占めの規制の法案を骨抜きにしたのは何故だ?
 それらを忘れさせる為の手段か?
 確かに法を破る残念な政治家がいるのは確かだ。
 しかし、選んでしまったのは国民だ。
 国会議員、政治家の資質の問題だ。二度とこの様な人を選ばぬよう国民・有権者が、しっかりと候補者を見極める事だ。
 それよりも中国の傍若無人、人権侵害を見過ごすわけには行かない。
 『平和の党』『人権第一の党』の名が泣くぞ!」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

国会議員 歳費返還 可能におわりに

今回は国会議員 歳費返還 可能にに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の国会議員 歳費返還 可能には話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回国会議員 歳費返還 可能にについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

国会議員 歳費返還 可能にの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

国会議員 歳費返還 可能にの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事