アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡が話題沸騰!アメリカ国防総省は?★画像・動画★ネットの声は?

アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡の概要は?アメリカ国防総省は?

アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡のニュースが次のように報道されています。

アメリカ国防総省はコントロールを失った中国の大型ロケットが近く大気圏に再突入するとして追跡を続けていることを明らかにしました。

 アメリカ国防総省はコントロールを失った中国の大型ロケットが近く大気圏に再突入するとして追跡を続けていることを明らかにしました。

 国防総省のハワード報道官は4日、中国の大型ロケット「長征5B」が8日ごろに大気圏に再突入する見通しを示しました。

 ただ、具体的な地表への落下予測地点は再突入の数時間前にならないと分からないとしています。

 カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地所在の宇宙監視部隊が24時間体制で追跡を続けていて、「長征5B」の位置をウェブサイトで公開するとしています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のアメリカ国防総省 中国ロケットを追跡に関しての画像や動画です。

アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡の動画をどうぞ。

米軍が大気圏再突入の中国ロケットを追跡

スポンサーリンク

アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡のネットの声は?

アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「どこに堕ちるか分からないのに打ち上げる神経が理解出来ません

他国に堕ち重大事故になった場合にどうなるんでしょうか?

どこの国に堕ちようが関係ないと恐ろしい程の自己中な国」という意見と
「全く、クソ迷惑な事をしやがる。もし、地上に落下して、人的被害や物的被害が出たら、中国政府はちゃんと補償するんだろうな。その位の常識は備わっていると信じたいがネ。

つい最近、ネット上に中国の点火VSインドの点火を掲載して物議を醸していたが、結局、このざまか。本当、いい迷惑だ。全世界と全人類に対して、頭を下げよ。」という意見と
「日本にだけは落ちてほしくないがどうしてもと言うならフィリピン沖に作った軍事施設へ着弾希望。
ロシア、アメリカ、日本のロケット技術は中華の国お得意のロケット花火とは違うんだよ。

降ってくるなら弾道、迎撃ミサイルで落としても問題無いのでは?
そもそも保険策で自爆装置積んで無いの?」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「はた迷惑な国ですな〜。
せめて、自国の砂漠地帯にでも落とす技術を持ってから、打ち上げて欲しいものだがね。
自分が良ければ…、というのが中共の姿勢だから、困ったものだ。」
「NASAをサイバー攻撃して盗み出した宇宙開発技術にはCIAが偽資料、偽論文、偽データを仕込んであり、そうとは知らずに嬉々としてパクった中共のロケットは制御不能。中共の宇宙開発技術はパクった技術を全て検証せねばならず数年間は開発中止。
1980年代にイギリス情報部に掴まされたコンコルドの偽情報を元に設計した旧ソ連のコンコルドそっくりの超音速旅客機が航空ショーで墜落して旧ソ連の航空機設計技術が立ち往生したときと同じ。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡おわりに

今回はアメリカ国防総省 中国ロケットを追跡に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のアメリカ国防総省 中国ロケットを追跡は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

アメリカ国防総省 中国ロケットを追跡の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事