勝手踏切 全国が話題沸騰!現実的には?★画像・動画★ネットの声は?

勝手踏切 全国がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

勝手踏切 全国の概要は?現実的には?

勝手踏切 全国のニュースが次のように報道されています。

住民側と鉄道事業者、双方が納得するような落としどころは現実的にはないということだが、事故は起こっているため、何らかの対策を打たなければならない。

踏切ではない場所を住民らが横断する、いわゆる「勝手踏切」。

その数、1万7,000を数えることがわかった。

4月26日朝、神奈川県の湘南エリアを走る江ノ島電鉄の線路内で起きた事故。

小学3年生の女の子が、ごみ出しから帰る途中、線路上で電車にはねられた。

遮断機や警報機のない線路を横断していたとみられている。

この女の子のように、住民が踏切がない場所を日常的に横切る箇所を「勝手踏切」といい、全国で1万7,000カ所も存在することが、国土交通省のまとめでわかった。

事故のあった江ノ電の稲村ヶ崎駅付近を取材した。

江ノ電の線路脇には、反対側へ渡るためだろうか、柵と柵の間にブロックを積んで階段のようにしていた。

ほかにも多くの「勝手踏切」が存在し、事故があった稲村ヶ崎駅周辺のわずか200メートルの範囲に、実に10カ所の「勝手踏切」とみられる箇所が確認できた。

そもそも、線路内に無断で入ることは違法であり、何よりも危険。

しかし、周辺の住民にとっては、やむにやまれない事情があるという。

周辺住民「(たまに線路渡ったりする?)しょっちゅうしています。立ち入りダメって言われても、生活しているから、買い物とか通勤で必ず渡る。裏が山なので、ここしか抜けられない」

線路沿いに住む女性「ゴミ出しで使うから、(勝手踏切)使ってます。ちょうどここ、カーブになってるんで、ちょっと見づらい。ないと困る、遠回りしなきゃならないし、近いから渡る」

江ノ電周辺では、玄関の前に線路があったり、津波が起きた際の避難経路としても必要など、特有の事情も。

鉄道ジャーナリストの梅原淳さんによると、「勝手踏切」は危険であり、解消したいという国や鉄道事業者側の考えがある一方で、住民側は、生活の利便性もあり、通行路がふさがれることに反対する声もあるため、なかなか解消が進まないと指摘する。

この「勝手踏切」、解決策はあるのか、鉄道ジャーナリストの梅原さんに話を伺った。

住民側と鉄道事業者、双方が納得するような落としどころは現実的にはないということだが、事故は起こっているため、何らかの対策を打たなければならない。

理想としては、立体交差にすることだが、これは大変コストがかかる。
現実的には、柵などを作って、危険を認識してもらうこと。

ほかにできることといえば、道の整備や歩道橋なども考えられるが、生活するうえで使っているということもあるため、柵などを使って、ここは渡ってはいけないという意識を喚起することがまず大事だという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

勝手踏切 全国が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の勝手踏切 全国に関しての画像や動画です。

勝手踏切 全国の動画は以下から確認をお願いします。

「勝手踏切」全国に1万7,000カ所 “生活通路に”住民側の事情も

スポンサーリンク

勝手踏切 全国のネットの声は?

勝手踏切 全国のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「これ複雑な問題でさ 勝手に踏切にしているパターンと勝手に線路ができたパターンがあるわけよ
戦前から使っている通路や道に突然国策で線路ができたと、戦前戦後の混乱期に半ば強制的に鉄道用地となり、んでみんな国も利用者も暗黙の了解で普通に使っていたが、JRになり民営化され、電車の本数も増え、いろいろ時代が変わって線路を渡るのがダメになっても対策をしてこなかったわけで
線路で1件の土地が分断され、自分の敷地内ですら横断ができなくなっているところは山ほどあり、片一方は私有地など他人の土地を通らないと行けないようなところもたくさんある
その頃は、電車が来ない時渡ってと平気で土地収用の際は言っていたのも事実」という意見と
「良くも悪くもユルい時代の遺産なんでしょうけど。
危険だし。
でも、渡らないと入れない家も あるだろうし。

都電の線路脇の柵に 布団とか干してるのを見て育った身には、麻痺しちゃって
「そういうことも、あるだろうな」
程度に思っちゃったりするんですが。

なんとかしなきゃあいけないんですよね・・・難しいけど。」という意見と
「江ノ電の稲村ヶ崎が記事上に出てきてるが、ここはもうどうしようもない
線路を渡らないと家に辿り着けない物件が大量にあるエリア
線路を渡らなければ迂回すれば良いが全く通用しない珍しいケースかと

これをなんとかするなんてこんな一等地のレストランやらなんやらの地帯を小田急が大胆に土地を収容するしか無いのだが、そんな話は到底無理な話

結局問題提起して終わるか、国がなんとかしてくれるかしか無いのだけれど…
電車が来るときにブザーという話もあるのかもしれないが、住宅地だし…

おそらくどうやっても解決はしないと思う」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「そもそも人死が出ることはいけないことなのかな?

勝手踏切は安全性を棄てる代わりに利便性を獲得するという住民側と黙認する代わりに安全性は保障しないという鉄道会社側が暗黙の了解で合意した結果存在するモノだよね。となれば、人身事故が起きる事は想定の範囲内なはず。

それによって起きうる社会的損失も鉄道会社にとっては莫大な費用をかけて勝手踏切を解消するほどの大きさではない、或いは住民レベルでお金を出し合って勝手踏切を解消するほどの利益は無いと考えたからこそ勝手踏切が存在し続けている。

勝手踏切の違法性に関しても、法律は法律を守る国民と、国民が法律を守れるように環境整備をする行政というコインの表裏のような関係があって、どちらかが欠けてしまうと法律は成り立てない。行政側が環境整備を放棄してる時点で住民側を取り締まる事は不可能。

結論としては人死は暗黙の了解の想定内であってなんの問題もないと思う。」
「「勝手踏切」など今の時代に許されるべきものではないと思うが、江ノ電のこの区間とか、福島交通飯坂線とか、個人の家の玄関前や駐車場前を線路が通っているから、無くそうにも無くせない・立体交差なんてする余裕はないから廃線の危機というところもあるので、線路を全く別の所に敷き直せれば良いのだが、そんな土地もないとなると決定的な解決方法が無い。
電車の速度を落し、カーブがあっても電車の接近が分かるように、各戸の入り口に点滅する警告ランプを設置し、一方ゴミ出し用の「勝手口」のようなところは柵を立てて通行不可能にするとか?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

勝手踏切 全国おわりに

今回は勝手踏切 全国に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の勝手踏切 全国は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回勝手踏切 全国について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

勝手踏切 全国の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

勝手踏切 全国の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事