空港検疫 感染確認が話題沸騰!厚生労働省によると?★画像・動画★ネットの声は?

空港検疫 感染確認がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

空港検疫 感染確認の概要は?厚生労働省によると?

空港検疫 感染確認のニュースが次のように報道されています。

厚生労働省によると、インドに滞在歴があり、4月26日に成田空港に到着した際、新型コロナへの感染が確認された50代の男性は、3日朝、検疫所の宿泊療養施設で意識がない状態で見つかり、その後、死亡が確認された。

インドに滞在歴があり、空港の検疫で新型コロナウイルスへの感染が確認された男性が、宿泊療養施設で死亡していたことがわかった。

厚生労働省によると、インドに滞在歴があり、4月26日に成田空港に到着した際、新型コロナへの感染が確認された50代の男性は、3日朝、検疫所の宿泊療養施設で意識がない状態で見つかり、その後、死亡が確認された。

男性は、2日午後6時に行われた電話による健康観察には応じていたという。

男性が変異ウイルスに感染していたかについて、今後、ゲノム解析が行われる予定で、検疫所の宿泊施設の入所者が死亡したのは、2例目になる。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

空港検疫 感染確認が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の空港検疫 感染確認に関しての画像や動画です。

空港検疫 感染確認の動画は以下から確認をお願いします。

インドから帰国後 療養中の男性死亡 空港検疫で感染確認

スポンサーリンク

空港検疫 感染確認のネットの声は?

空港検疫 感染確認のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「インドのようにならないためにはインドからの渡航者を無条件に受け入れないこと。直ちにやるべきだったと思う。もう遅いと思う。」という意見と
「「男性は、2日午後6時に行われた電話による健康観察には応じていたという。
3日朝、検疫所の宿泊療養施設で意識がない状態で見つかり、その後、死亡が確認された。」
コロナの怖さって、この急変だよ。
本人も自分が亡くなるとは、2日の夜の時点では思ってなかったんじゃないかな。
でも翌朝には亡くなっているんだよな。」という意見と
「インドで猛威を振るっているワクチンが効かない二重変異株に日本も置き換わる可能性がある。

世界中からウイルスを集め、ワクチンも治療薬も効かない日本型と呼ばれる変異株を生み出す恐れもある。

菅政権は国民の安全安心には特に関心がなく、とにかく利権の祭典を何がなんでも強行して選挙に持ち込みたい考えを隠しもしない。

これ以上税金を無駄にする前に先手先手で五輪を中止しろ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「もう日本は手遅れな気がします。
インドから帰国し、空港の検疫で陰性だった方は自宅待機という名の元に自由に行動出来ているのですよね?
非情ですが日本人といえども入国を禁止してほしいです。

他の島国は感染対策が出来ていますが、日本は国全体がインドのような大規模な感染がおきそうな気がしてとても怖いです。

何故最初の武漢の時もそうだが、日本は直ぐに海外からの便を停めないのだろう。
なぜ入国後の隔離体制が甘いのだろう。」
「今さら何を騒いでいるのでしょう。
この2月3月4月に、インドから仕事で日本に入国してきた人たち、都内のホテルで隔離措置等ほとんどされておりませんでした。はっきり言って何が待機なのか、意味が分かりません。ホテルから最寄り駅前に、ランチに穴子天丼食べに行くは、普通にカフェ言ってお茶してるは、夜に有名スーパーに出向き、割引シール張られた手巻き寿司とか買って喜んでたり・・・3月中は週1便だったのが、4月から便数増えたから行き来し易くなったって喜んでいました。
インドでは、もちろんワクチンなんてやってないし、PCRはちゃんと受けてなくても、お金を払えば許可買えるとも・・・
はっきり言って、日本政府は甘過ぎです。日本国民ばっかりに、何でもかんでも負担を押し付けすぎです。もうはっきり言って手遅れに感じ恐ろしいです。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

空港検疫 感染確認おわりに

今回は空港検疫 感染確認に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の空港検疫 感染確認は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回空港検疫 感染確認について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

空港検疫 感染確認の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

空港検疫 感染確認の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事