五輪 コロナ医療 両立が話題沸騰!医療スタッフは?★画像・動画★ネットの声は?

五輪 コロナ医療 両立がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

五輪 コロナ医療 両立の概要は?医療スタッフは?

五輪 コロナ医療 両立のニュースが次のように報道されています。

東京オリンピック・パラリンピック期間中、医療スタッフは一日最大で、医師300人、看護師400人、大会期間中の2カ月間に約1万人が見込まれています。

東京オリンピック・パラリンピック期間中、医療スタッフは一日最大で、医師300人、看護師400人、大会期間中の2カ月間に約1万人が見込まれています。さらに、選手用と観客用の医務室を130カ所以上を設置し、入院が必要な選手など大会関係者を受け入れる病院も30カ所以上を確保する予定だということです。

厚生労働省アドバイザリーボードのメンバーで、重症者の受け入れ対応にあたっている東京大学医学部附属病院・瀬戸泰之病院長に話を聞きます。

(Q.現実的に可能ですか?)
現在の感染状況が続いている場合、かなり難しいと思います。救急の現場はひっ迫していて、オリンピックへの協力となると救急医療が中心になるので、どうしても重なってしまいます。

(Q.ワクチン接種に影響はありますか?)
ワクチンを接種する役割と、救急医療を担う役割は別と考えていいと思います。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

五輪 コロナ医療 両立が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の五輪 コロナ医療 両立に関しての画像や動画です。

五輪 コロナ医療 両立の動画をどうぞ。

五輪とコロナ医療 両立は可能?東大病院長に聞く

スポンサーリンク

五輪 コロナ医療 両立のネットの声は?

五輪 コロナ医療 両立のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「医師サイドの「無理だ」という意見がやっと増えてきたように感じます。
それでもオリンピックを強攻するなら、もう救いようがない。」という意見と
「パフォーマンス落ちると思い、ワクチン接種しないで来日する選手もいるだろう。
何日隔離するか知らないが、大人しく部屋の中に居るかな?
体力あるスポーツ選手だが、普段から風邪を引きやすい人もおり、感染も懸念される。
またワクチンの効かない変異株で医師や看護師が再感染したらどうなるか?
今はウイルスと戦争しているのだから、オリンピックは2024年に延期すべきである。」という意見と
「仮にそれが可能だとして、延べ1万人もの医師、看護師さんを確保できるなら、五輪なんかではなく地域医療の拡充に充てるべき。

これまで1年以上頑張ってくれた医療従事者の皆さんに少しでも楽になってもらうために。

五輪の為に更に無理をさせるなんざ言語道断だ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「五輪のための医療は不要。

医師も看護師も派遣要請はしない。
体調悪くなったり陽性出た場合は派遣国の責任で即時帰国とし、日本の医療資源は一切使わない。検査キットも全て派遣国の責任で準備するものとする。
くらいのルール、組織委は作ったらどうなのか。日本国民にも安全安心だって言い張るのなら。」
「コロナが無くても、オリンピック開催期間中は開催国の国民より選手優先で、過去のオリンピックは開催されてきたことは明らかである。国民の貧困救済に優先して開催したり、他国に侵略しながら開催したり、すなわちオリンピックは開催国の最優先行事であるということです。
その覚悟も無く、金儲け目当てに誘致した東京都、誘致を喜んだ国民は、今こそ命がけでオリンピックを開催しなければなりません。医者や看護師がいないとか、国民にコロナ感染が拡大するとかは、参加国には関係が無いことです。参加国は自国の選手団が安全であればそれでよく、開催国の国民の事はかんがえていません。これは過去のオリンピック開催において、日本国民も同じであったと思います。あれこれ反対するだけ疲れるだけですから、オリンピックは放っておいて他の事を考えるべきだと思います。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

五輪 コロナ医療 両立おわりに

今回は五輪 コロナ医療 両立に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の五輪 コロナ医療 両立は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回五輪 コロナ医療 両立について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

五輪 コロナ医療 両立の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

五輪 コロナ医療 両立の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事