水道危機 集落 小水力発電が話題沸騰!簡易水道?★画像・動画★ネットの声は?

水道危機 集落 小水力発電がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

水道危機 集落 小水力発電の概要は?簡易水道?

水道危機 集落 小水力発電のニュースが次のように報道されています。

地区が独自に管理運営する簡易水道ですが、40年前に改修したきりの状態で、かなり老朽化が進んでいます。

 小さな町の水道のピンチを救う日本初の取り組みです。

 富山県朝日町笹川。約100世帯、240人が暮らす山間部の小さな集落が今、大きな問題を抱えています。

 地区が独自に管理運営する簡易水道ですが、40年前に改修したきりの状態で、かなり老朽化が進んでいます。

 しかし、改修するには約3億円の費用が必要…。

 笹川地区独自の力では、どうにもなりません。そんななか、遠く離れた宮城県仙台市にある建設会社から、まさかの提案がありました。

 地区を流れる笹川は年間を通して流量が安定し、小水力発電に適しているといいます。

 約400世帯分の電力を作って電力会社に売り、工事費用を捻出する計画です。先月26日には起工式が行われ、発電所を作る仙台市の建設会社「深松組」の社長も参加しました。

 実はこの社長こそ、笹川地区の出身者です。

 深松組・深松努社長:「本当にご縁を感じていますし、ましてや自分の生まれ故郷ですから…」

 建設費用や水道改修の費用として金融機関などから7億7000万円の資金を調達。

 発電所建設で雇用も生まれることもあり、地域活性化の新たなモデルケースとして注目されています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

水道危機 集落 小水力発電が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の水道危機 集落 小水力発電に関しての画像や動画です。

水道危機 集落 小水力発電の動画をどうぞ。

水道危機の集落救え!「小水力発電」で7.7億円調達

スポンサーリンク

水道危機 集落 小水力発電のネットの声は?

水道危機 集落 小水力発電のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「「明治時代京都市の蹴上に造られた、浄水場と水力発電所と同じようなシステム」かな、と思いました。琵琶湖疎水を造り、蹴上の段差で水力発電をして急速濾過式浄水場を稼働させましたから。これから先は、ただ電力会社に売るだけでなく地元の避難所に指定されている建物に送電できるようにするとか「エネルギーの地産地消」を図るべきでは。東日本震災の時に東北地方で風力発電所が稼働しているのに電力が送電されなかった所がありました。普段は電力会社に売っても大規模災害で停電した時には「集落の避難所・拠点となる施設へ直接送電」するシステムを構築するべきでは。

それと和歌山県田辺市上秋津で地元の社団法人「ふるさと未来への挑戦」が農業用水路取水口に20Kwの小水力発電所を建設して電力会社に売電しようとしている。こういう団体とネットワークを築きマイクロ水力発電を発展させていってください。」という意見と
「これからは環境に優しい色んな方法で発電する必要があると思います。丁度時代の流れには乗っているのではないでしょうか。但し既存の電力会社を抑えておかないと闇で壊し家業を実際行っているようです。気を付けて下さい。」という意見と
「定期的な改修を怠ってきたのと、今の住民に最初に水道引いたときのような覚悟も熱量も無いからこうなるよね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「40年後の改修時の事を考えると、恐ろしくなるな」
「ミズ→カメ
電気の付加価値
過疎地ならEVへのサポート」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

水道危機 集落 小水力発電おわりに

今回は水道危機 集落 小水力発電に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の水道危機 集落 小水力発電は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回水道危機 集落 小水力発電について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

水道危機 集落 小水力発電の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

水道危機 集落 小水力発電の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事