イギリス史上 最大のコインが話題沸騰!地元メディアは?★画像・動画★ネットの声は?

イギリス史上 最大のコインがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

イギリス史上 最大のコインの概要は?地元メディアは?

イギリス史上 最大のコインのニュースが次のように報道されています。

地元メディアは、この規格外の記念硬貨はすでに販売済みと報じているが、誰がいくらで買ったのかは明らかにされていない。

男性が両手でしっかりと持っている、自動販売機では絶対に使えない巨大なコイン。

直径20cm、重さはおよそ10kgで、設立1100年以上を数えるイギリスの王立造幣局の歴史の中でも一番大きな硬貨。

エリザベス女王戴冠の記念硬貨シリーズの最終作で、額面は1万ポンド、日本円でおよそ150万円。

制作には、およそ400時間もかけたということで、仕上げの磨き作業だけでも4日間。

地元メディアは、この規格外の記念硬貨はすでに販売済みと報じているが、誰がいくらで買ったのかは明らかにされていない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

イギリス史上 最大のコインが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のイギリス史上 最大のコインに関しての画像や動画です。

イギリス史上 最大のコインの動画は以下から確認をお願いします。

自販機では使えない... イギリス史上 最大のコイン

スポンサーリンク

イギリス史上 最大のコインのネットの声は?

イギリス史上 最大のコインのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「これは、1953年の戴冠式の遅すぎる記念コイン。
王立造幣局の「女王の獣コレクション」のフィナーレとなる。
女王のために栄誉の守護者として作成された10体の彫像が描かれている。
ホワイトライオン、雄牛、鷹、ユニコーン、ドラゴン、グリフィンなどの神話上の獣は、女王の祖先を象徴している。
金メッキのプルーフで重さ22ポンド(約10kg)
700,000ポンド以上で売れたらしい。
日本の慶長大判などはもっと高価だ。」という意見と
「デカい!
日本でも金やプラチナの記念コインが発行されることがありますが、地金時価の二倍ぐらいのぼったくり価格が多く、売却時安くなるので注意が必要です。
資産として購入するならメイプルリーフやウィーンコイン。」という意見と
「ドラえもんだったかあさりちゃんだったか、原始時代で真ん中に四角い穴の空いている大きな石の硬貨を転がしているコマあったんだっけ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「19世紀以前の金貨だと、天正大判が最大だったんだっけ。
あと、貨幣じゃないけど、江戸城で保管していた分銅金は重量数百キロだったとか。」
「1個しか販売しないのかい?
もっと沢山出せばいいのに。
ちょっと心が動いた。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

イギリス史上 最大のコインおわりに

今回はイギリス史上 最大のコインに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のイギリス史上 最大のコインは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回イギリス史上 最大のコインについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

イギリス史上 最大のコインの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

イギリス史上 最大のコインの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事