国内新規感染者 累計60万人超が話題沸騰!全国の重症者は?★画像・動画★ネットの声は?

国内新規感染者 累計60万人超がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

国内新規感染者 累計60万人超の概要は?全国の重症者は?

国内新規感染者 累計60万人超のニュースが次のように報道されています。

全国の重症者は1,050人で、いわゆる第3波での1月26日の1,043人を上回り、過去最多。

新型コロナウイルスの全国の重症者は1,050人と、これまでで最も多くなり、国内の新規感染者の累計は2日、60万人を超えた。

全国の重症者は1,050人で、いわゆる第3波での1月26日の1,043人を上回り、過去最多。

一方、新規感染者は2日、東京都で879人確認され、日曜日としては、およそ3カ月ぶりに800人を超えた。

大阪府では1,057人の感染が確認され、6日連続で1,000人を超えたほか、重症者が過去最多の425人にのぼった。

兵庫県では、日曜日としては最も多い539人の感染を確認。

12人の死亡が発表され、このうち70代の女性は、高齢者施設で入院調整中だったという。

また、北海道では、過去最多となる324人の感染が判明。

このうち244人の感染が判明した札幌市では3日、秋元市長がまん延防止等重点措置の適用の要請を加速化させるとして、鈴木知事と協議することにしている。

このほか、岡山県で114人、石川県で40人と、いずれも過去最多となるなど、全国では5,897人の感染が確認され、国内の感染者の累計が60万人を超えた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

国内新規感染者 累計60万人超が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の国内新規感染者 累計60万人超に関しての画像や動画です。

国内新規感染者 累計60万人超の動画は以下から確認をお願いします。

全国で5897人の感染確認 国内新規感染者 累計60万人超

スポンサーリンク

国内新規感染者 累計60万人超のネットの声は?

国内新規感染者 累計60万人超のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「何人死のうが、苦しもうが、海外からの入国は続いてます。ワクチンも雀の涙程。
政府の無駄金ばら撒き政策の蔓防は、ただの緊急事態宣言準備期間。

唯一の前進は、パクリ芸「山梨モデル」
当然、導入時期未定。
まあ、これも飲食側のパーテーションや換気設備に時間を費やしたと言い出す絵が見える。

コロナバブルと揶揄される偏った支援や時短要請、酒類提供禁止よりは、明らかにマシだけど遅くなれば焼け石に水。」という意見と
「今までの長い長い労力も コロナで一瞬にして流れてしまうのは 辛いと思いますが、命には変えられません。
今の状況でオリンピックは 自殺行為です。必ず感染拡大してしまうと思います。 本当にどうにかしてほしいです。」という意見と
「感染者数は絶対減らない。感染拡大ではなく検査数急増してるから。数は問題ないんです。医療従事者の負担を軽くするには感染症分類を適性に下げて下さい。オリンピック、緊急事態宣言とか全く関係ない。海外からの入国すぐ停止して。変異型どんどんきます。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「実際、五輪なんて直前じゃないと開催か中止かなんて、わからないと思います。
日本がどのような感染状況なのか、選手自体が来るのか来ないのか。
開催しても国際大会として成立するのか。
ワクチンはどうするのか等々。
IOCなんて自分の事しか考えていない現状では選手の事なんて全く考えられる隙間すら無いんでしょう。
取り敢えず、まだ開催は少し先の話しなので国民は余裕を見せつつ政府を睨み続けるしか無いと思います。」
「この感染者数で行くと毎年発症し病院にかかるインフルエンザの感染者数1000万に届くのかな?
それとも10分の1位の100万人位で収まるのかな。
インフルエンザの場合は病院に行かない人を含めるとさらに多いよね。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

国内新規感染者 累計60万人超おわりに

今回は国内新規感染者 累計60万人超に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の国内新規感染者 累計60万人超は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回国内新規感染者 累計60万人超について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

国内新規感染者 累計60万人超の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

国内新規感染者 累計60万人超の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事