最高裁長官 法的紛争の可能性が話題沸騰!最高裁の大谷長官は?★画像・動画★ネットの声は?

最高裁長官 法的紛争の可能性がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

最高裁長官 法的紛争の可能性の概要は?最高裁の大谷長官は?

最高裁長官 法的紛争の可能性のニュースが次のように報道されています。

最高裁の大谷長官は「特に家族の在り方の多様化などに伴い、解決困難な家庭事件が増えているが、現在の事態が家庭を巡る状況に与える影響についても十分、留意する必要がある」との見方を示し、「新たな争点にも適切に対応できるよう体制を整備したい」と述べました。

 憲法記念日にあたり最高裁判所の長官が談話を発表し、「新型コロナの感染対策で国民生活に生じた葛藤が今後、法的紛争として現れる可能性がある」との見方を示しました。

 最高裁・大谷直人長官:「国民生活は多くの影響を受けており、そのようななかで生じている葛藤が今後、法的紛争として現れてくる可能性もあると思われます」

 最高裁の大谷長官は「特に家族の在り方の多様化などに伴い、解決困難な家庭事件が増えているが、現在の事態が家庭を巡る状況に与える影響についても十分、留意する必要がある」との見方を示し、「新たな争点にも適切に対応できるよう体制を整備したい」と述べました。

 裁判所の業務については「感染対策を確実に講じたうえで各地の実情に配慮し、できる限り安定的に継続する方針だ」としました。

 また、夫婦別姓や同性婚を求める裁判が全国で相次いでいることについて「一般論だが、裁判官は新たな社会問題について、広い視野で対立する主張に耳を傾け判断することが求められる。そのためにはそれぞれの裁判官が日々の仕事や生活を通じて識見を高めるのが重要」との考えを示しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

最高裁長官 法的紛争の可能性が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の最高裁長官 法的紛争の可能性に関しての画像や動画です。

最高裁長官 法的紛争の可能性の動画をどうぞ。

最高裁長官が談話 コロナ「法的紛争の可能性」

スポンサーリンク

最高裁長官 法的紛争の可能性のネットの声は?

最高裁長官 法的紛争の可能性のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「政府も自治体も国民の支持があれば
憲法を無視していいと思ってるからな。

私はお上に反旗を翻す人達を応援する。」という意見と
「最高裁の人でなくても良いんですが、営業できなくなった業種で国からの支援金が入っていない場合に、そもそもテナント家賃って支払い義務があるのかどうかを国民から見えるように議論して欲しいな。例えば津波などの災害で使えなくなった建物なら家賃がかかるわけないですよね?今回のコロナ禍でどうして土地持ち側がリスクをほとんど負わない状況になっているのか誰か教えてほしい。こういう場合は、誰が誰を訴えると良いんでしょうか?」という意見と
「政府が訴えられるってことなのであろうか。
それなら納得できる。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「同性婚については、日本国憲法第98条第2項、世界人権宣言第1条、第2条により、重要なのは、男女の家庭にて、男性同士、女性同士の差が開く事により、性による、差別をしているものと、検討されるから、同性婚については、世界人権宣言第30条の、人権破壊活動に該当し、認定が有れば、国際義務違反に該当するものと、検討され、あくまでも、意見で有る。
コロナ(COVID19)については、PCR検査を、総合病院以上で行うと、合わせて、細菌性検査も、行う筈なんですが、地方公共団体が、PCR検査を独自に行ったり、PCR検査のキットを販売したりしており、此れも、非常に不味い問題と、検討され、あくまでも、意見で有る。
また、コロナ(COVID19)では、ジフテリア(diphtheria)の患者もおり、ジフテリアは、感染第2類で、抹消神経障害もある為、非常に危険で有り、エリスロイマイシンの抗生物質の服用が、必要で有る。」
「アタマおかしいのでは?日本のコロナは世界的にみて軽い。問題は感染症分類間違いとマスコミによる戦時中のようなマインドコントロール報道。世界はwith コロナ。日本だけ昔ながら。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

最高裁長官 法的紛争の可能性おわりに

今回は最高裁長官 法的紛争の可能性に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の最高裁長官 法的紛争の可能性は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回最高裁長官 法的紛争の可能性について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

最高裁長官 法的紛争の可能性の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

最高裁長官 法的紛争の可能性の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事