派遣看護師 大阪の現状語るが話題沸騰!29日には?★画像・動画★ネットの声は?

派遣看護師 大阪の現状語るがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

派遣看護師 大阪の現状語るの概要は?29日には?

派遣看護師 大阪の現状語るのニュースが次のように報道されています。

29日には全国の大学病院からの派遣でセンターの看護師は122人に増え、29人の患者を受け入れられるようになったということです。

 医療体制が危機的な大阪府に派遣された看護師が地元・山梨県に帰っての報告会で、多くの患者が亡くなっていく現状に「新型コロナの怖さを改めて実感した」と話しました。

 山梨大学医学部附属病院看護師・山本雅弘さん(33):「この10日間で僕の知っている限りだと6名の方が亡くなっていました。重症センターに入院していながら別の家族の方が他の病院で亡くなってしまうケースもありましたので、新型コロナウイルスの怖さというのは、改めて実感したところです」

 山梨大学医学部附属病院の山本さんは、最大30人の重症患者を受け入れることができる「大阪コロナ重症センター」に先月20日に派遣されました。

 当初は看護師の数が足りず、患者の受け入れを制限しなければならない状況でした。

 29日には全国の大学病院からの派遣でセンターの看護師は122人に増え、29人の患者を受け入れられるようになったということです。

 山本さんは、ゴーグルやガウンなどの防護具を着けて長時間働く医療関係者の過酷な状況を報告したうえで、「多くの患者を看護するノウハウを山梨でも還元していきたい」と話しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

派遣看護師 大阪の現状語るが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の派遣看護師 大阪の現状語るに関しての画像や動画です。

派遣看護師 大阪の現状語るの動画をどうぞ。

派遣看護師が大阪の現状語る「怖さ改めて実感」

スポンサーリンク

派遣看護師 大阪の現状語るのネットの声は?

派遣看護師 大阪の現状語るのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「医療関係者の皆様、お疲れ様です。大変な事態への対応、ありがとうございます。
オリンピック会場に500人の看護師が確保できるなら、関西に送った方が良いです。」という意見と
「地方から来た人は怖いし腹立つと思う。
街歩けば開いてる飲食店にみっちり人が入ってるし、今だにマスクなしの会話してる連中もいる。
今はアルコール無ければマスク無しでもいいと思ってるみたい(笑
カルテ見たら会食しただの自粛してないから陽性になったとわかる。
そんな人たちの相手する為に有資格者だけで派遣要請が来る。
腹立たしいと思うわ。」という意見と
「大阪府在住です。入院待機所も救急の方には大切だが、大阪の自宅療養者緊急相談センターはあまり知られてない。これは保健所に連絡すると医者と看護師が往診にきてくれる。私の親族が大阪でコロナに罹患し、なかなか入院できず自宅療養だったが、このシステムで往診に来てもらい呼吸器とステロイド投与を自宅で行って回復してきている。以外と知られてない制度なので、大阪府の方は周知しといた方が良いと思う。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「昨日の兵庫県の話。
入院できずに自宅療養中の重症者を、医師が訪問診療をやっているらしい。
一日に3人が限度だという。

少し前まで、軽傷者もホテルなどで待機だったはず。
重症者と言えば、急変に備えて酸素などの装置があるところで入院していなければならないはずだ。
日本はいつの間にか、こんな事態に陥っていた。

にもかかわらず、五輪で看護師の派遣を要請する政府関係者には、憤りしか感じない。」
「大阪府民のために応援ありがとうございました。
地元のみならず、メディアで取り上げられていない大阪の惨状や看護師の苦労を世間へ発信して、国の医療体制への対策が不十分であることを伝えてもらいたい。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

派遣看護師 大阪の現状語るおわりに

今回は派遣看護師 大阪の現状語るに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の派遣看護師 大阪の現状語るは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回派遣看護師 大阪の現状語るについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

派遣看護師 大阪の現状語るの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

派遣看護師 大阪の現状語るの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事