北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分が話題沸騰!ばんえい競馬では?★画像・動画★ネットの声は?

北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分の概要は?ばんえい競馬では?

北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分のニュースが次のように報道されています。

ばんえい競馬では、同じ日の別のレースで男性騎手が馬の顔をけっていたことがわかっていて、戒告処分となっていた。

厩務(きゅうむ)員も馬の顔をけっていたことがわかった。

レース中に、ひざをついた馬。
厩務員が、馬の顔を2回けっている。

4月18日に北海道・帯広市のばんえい競馬で開かれた、デビュー前の新馬の能力検査のレース。

男性厩務員が、2歳のオスの馬の顔を2回けった。

ばんえい競馬では、同じ日の別のレースで男性騎手が馬の顔をけっていたことがわかっていて、戒告処分となっていた。

厩務員は、29日付で戒告処分となった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分に関しての画像や動画です。

北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分の動画は以下から確認をお願いします。

厩務員が馬の顔を蹴り戒告処分 北海道ばんえい競馬

スポンサーリンク

北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分のネットの声は?

北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「別の記事で機種の方が「イライラして蹴ったのではない。それは分かって欲しい。」と言っていました。
それを百歩譲って理解したとして、では仮にまともに仕事しない厩務員や、適当に騎乗した騎手も蹴っていいんですかね?
「まともに仕事をしていないからやりました。イライラしてやったのではない。」と言えばOKなんでしょうか?
蹴る以外にやり方はあるはず。そこを見出せないのが残念です。」という意見と
「全体的に感覚が麻痺しているんだと思います。競技自体が虐待みたいなものだから。
こんなの見に行く人もやってる人もどうかしています。
歴史的背景があるからやり続ける、なんておかしな言い訳通用しないと思います。だったらローマの剣闘士とかやり続けるんですか?
昔開拓のために馬を使っていたのは理解できるけれど、今娯楽のために動物を使うのは違うと思います。悪しき風習は歴史があったとしてもやめるべきでは。」という意見と
「恥ずかしながら、ばんえい競馬にこんな実態があるとは知らなかった。
文化だという意見もあるかも知れないけど、動物を痛めつけてまで維持する必要がある文化は、少なくとも今の時代にはそぐわない。
それで生活している人もいるのは理解するけど、廃止されたらされたで、他の生活手段を探せばよいのでは。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「昭和っぽいなー。本当時代が変わっている事を理解できていない人達が多すぎる。何故自分を振り返れないかな。変化に気付けない、そして自分を修正できない人はどんどん淘汰されていくと思う。」
「顔を優しく触ってあげている厩務員もいる。
でもやっぱり蹴る人もいるよな、と思った。
育児と同じで、いちいち怒鳴りつけてる親もいれば、放置して関心ない親もいる人間社会。
ばんえいだけの事じゃない。
日頃の放送中に蹴るシーンを見た事がないのは、やってはまずいと思っているからでしょ。
能検では油断してついいつもやっている事がでちゃっただけよね。
廃止ではなく、暴力振るう人に厳しく罰則をして欲しい。一部の人のせいで馬は殺されて人は職を失う必要は全くない。基本的に暴力振るわないと登らないほど坂を高くしたり荷物を重くしなきゃいいんじゃないの。できる馬にばかり合わせてないで、能力別に分けるとか。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分おわりに

今回は北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

北海道ばんえい競馬 厩務員 戒告処分の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事