プロレス団体 貼り紙が話題沸騰!マンショの中にも?★画像・動画★ネットの声は?

プロレス団体 貼り紙がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

プロレス団体 貼り紙の概要は?マンショの中にも?

プロレス団体 貼り紙のニュースが次のように報道されています。

マンショの中にも所狭しと「アホ」と書かれた貼り紙が貼られています。

 29日も新規感染者が1000人を超え、感染拡大に歯止めが掛からない大阪。
 20日、大阪市内のマンションの入り口には信じられない光景が…。マンショの中にも所狭しと「アホ」と書かれた貼り紙が貼られています。

■“100枚超”の「アホ」張り紙…

 コレガプロレスリング・崔領二代表:「本当にひどい状況で、枚数でいったら100枚超えていたので、それを見た時に、涙が止まらなくて」

 悪質な嫌がらせの被害に遭ったのは、大阪を拠点に活動するプロレス団体「コレガプロレスリング」の代表・崔領二さん。嫌がらせを受けたのは、今回が初めてではないといいます。

 崔代表:「敷地の中に生ごみを入れる人が出てきたりとか、思い出したくもないですけど、動物の死骸とか糞尿(ふんにょう)とか」

■嫌がらせの原因は「コロナ禍に関係」

 なぜ、こんな嫌がらせを受けるようになったのでしょうか?

 崔代表がプロレス団体を立ち上げたのは、大阪で2度目の緊急事態宣言が出されていた今年1月。嫌がらせは、その2週間後から始まりました。

 崔代表:「嫌がらせの内容的には、明らかにコロナ禍に関係しているものだろう。皆でいじめてやれ、みたいな」

 大阪でイベントの無観客開催が要請されるなか、500席あるうち80席に観客を入れて試合を行っている、コレガプロレス。
 補償もなく、無観客にすると月300万円の会場費などが賄えないため、徹底した感染対策を行い、1試合ごとにロープを消毒するなどして開催を続けています。

 崔代表:「安全対策というのは絶対に怠らない。そこが、これからコロナ禍で生きていく、僕たちのあるべき姿勢なんじゃないか」

■嫌がらせには「悪質なものを感じる」

 「アホ」と書かれた貼り紙の嫌がらせに、崔さんは…。

 崔代表:「あいつら、こんなことやっているから徹底的につぶしてやれみたいな。そういう悪質なものをすごく感じますね」

(「羽鳥慎一モーニングショー」2021年4月30日放送分より)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

プロレス団体 貼り紙が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のプロレス団体 貼り紙に関しての画像や動画です。

プロレス団体 貼り紙の動画をどうぞ。

プロレス団体に大量「アホ」貼り紙…コロナ禍関係か

スポンサーリンク

プロレス団体 貼り紙のネットの声は?

プロレス団体 貼り紙のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「あまりにも幼稚な犯行ですね。

これは犯罪なので捕まえて欲しいです。」という意見と
「やってる奴、幼稚やな。
相手が反論しないのをわかってやってる、いじめと一緒。

だからこそ、警察にも被害届を出して、吊し上げて欲しい。
プロレスファンなら、こんな事をしないと信じたい!!」という意見と
「本人は恐らく「正義の味方」だと思っているんだと思うんですけど
最近のSNSでの書き込みや、ここのコメントでもそうですが、
やり方が暗い・・・(笑)
同調する人も含め、客観的に見ている側からすると、己の未熟さを
さらけ出しているようにしか見えず、恥でしかないですよね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「全国の自粛警察の人 あなたに誰かを取り締まる権利はありませんよ。
迷惑に感じることがあるなら 日本国の警察に相談しなさい。
日本の警察は優秀だぜ。

マスコミやACジャパンなどは こういうことをCMにして流したりすればいいのに。」
「防犯カメラは設置されてたのかな?仮に設置されていなくても、必ず近くの防犯カメラには写っているはず。犯人逮捕に警察は全力をあげてほしい️そもそも陰湿な犯罪はほんとに腹が立つ️」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

プロレス団体 貼り紙おわりに

今回はプロレス団体 貼り紙に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のプロレス団体 貼り紙は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回プロレス団体 貼り紙について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

プロレス団体 貼り紙の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

プロレス団体 貼り紙の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事