2020年度 有効求人倍率が話題沸騰!厚労省は?★画像・動画★ネットの声は?

2020年度 有効求人倍率がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

2020年度 有効求人倍率の概要は?厚労省は?

2020年度 有効求人倍率のニュースが次のように報道されています。

厚労省は「4月には再び緊急事態宣言が出されたので、引き続き注視が必要だ」としています。

 昨年度の有効求人倍率の平均は、前の年より0.45ポイント低い1.10倍でした。オイルショック以来の下げ幅で、1年を通して新型コロナウイルスの影響を受けたとみられます。

 厚生労働省によりますと、働く人1人あたりの求人の数を示す有効求人倍率の昨年度の平均は1.10倍でした。

 前年度より0.45ポイント低くなっていて、下げ幅はオイルショック後の1974年に次ぐ大きさとなりました。

 求人数はこの1年で2割以上減り、求職者数は1割近く増えました。

 緊急事態宣言や外出の自粛など、1年を通じて新型コロナの影響を受け続けたとみられます。

 一方、先月の有効求人倍率は前の月より0.01ポイント改善して1.10倍でした。

 厚労省は「4月には再び緊急事態宣言が出されたので、引き続き注視が必要だ」としています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

2020年度 有効求人倍率が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の2020年度 有効求人倍率に関しての画像や動画です。

2020年度 有効求人倍率の動画をどうぞ。

2020年度の有効求人倍率は平均1.10倍 厚労省

スポンサーリンク

2020年度 有効求人倍率のネットの声は?

2020年度 有効求人倍率のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「この1.10倍の中身を精査した方がいい。
派遣、請負を外して計算した数字をしっかり出してくれ。」という意見と
「飲食の特定業種だけ手厚く保護してその他の業種は放置だからな。
良くなる理由が全く無い。」という意見と
「人手は足りない
けど金がない
求人上げたいけど上げられない
それどころか失業が出る

まさに負のスパイラル」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「1.10なら仕事はあるってことだろ。コロナの影響受けてもこの数字だぞ?」
「自粛不況はコロナ以上にししゃがでる 医療を逼迫させるお年寄り以外は経済回そうぜ」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

2020年度 有効求人倍率おわりに

今回は2020年度 有効求人倍率に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の2020年度 有効求人倍率は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回2020年度 有効求人倍率について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

2020年度 有効求人倍率の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

2020年度 有効求人倍率の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事