抗体検査 個人差 持続性が話題沸騰!抗体には?★画像・動画★ネットの声は?

抗体検査 個人差 持続性がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

抗体検査 個人差 持続性の概要は?抗体には?

抗体検査 個人差 持続性のニュースが次のように報道されています。

抗体には「S抗体」と呼ばれるものもあります。免疫力に関係し、感染ではもちろん、ワクチン接種でも体内に作られるものです。

ウイルスに感染すると体内にできる『抗体』は、一般的に時間が経つと減っていきます。

新型コロナに対する抗体はいつまで体内に残るのか。去年4月に感染が確認された、富川悠太キャスターを含むスタッフ3人が、東邦大学の協力のもと、2カ月おきに検査を受けました。

調べたのは、ウイルス内部のたんぱく質に反応する『N抗体』です。主な抗体検査で調べるもので、精密検査で量を数値化しました。

回数を重ねるごとに、ある“変化”が見え始めてきました。

去年11月、3回目の検査の時です。

富川悠太キャスター:「3人で比べると、明らかに僕の(抗体の)下がり方が急」
東邦大学医学部微生物・感染症学講座、青木弘太郎助教:「2か月後に測定したら、陰性になってしまうことが予想されます」

そして、今年2月には基準値以下の「陰性」となりました。抗体が失われた、ということになります。

東邦大学医学部微生物・感染症学講座、青木弘太郎助教:「これだけ長い時間、追えている症例は少ないので、非常に貴重」

他の2人の抗体は維持されたものの、今月の5回目の検査では、限りなく陰性の数値に迫っていました。

抗体には「S抗体」と呼ばれるものもあります。免疫力に関係し、感染ではもちろん、ワクチン接種でも体内に作られるものです。

このS抗体についても改めて調べたところ、3人とも1年たった現在も抗体がありました。

東邦大学医学部微生物・感染症学講座、青木弘太郎助教:「個人的には半年ほど陽性が維持されると考えていました。今まで免疫学で言われていたことよりも長い。ウイルスの表面に対する『S抗体』が長い間維持されることが分かったのは新しい。(研究)を1つ1つ積み重ねていったことが、将来的に世の中の役に立てばいい」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

抗体検査 個人差 持続性が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の抗体検査 個人差 持続性に関しての画像や動画です。

抗体検査 個人差 持続性の動画をどうぞ。

感染1年 抗体検査で見えた“個人差”と“持続性”

スポンサーリンク

抗体検査 個人差 持続性のネットの声は?

抗体検査 個人差 持続性のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「こういったフォーローアップした経過観察例は、感染研究をする機関でやっていて欲しいが、忙しくて難しいかな。
貴重な報告ありがたいが、速くワクチン接種したいな。」という意見と
「S抗体は、ウイルスの表面にあるスパイクタンパクの抗体

スパイクタンパクは、ウイルスが細胞に侵入する時の手段として使われる。

従って、S抗体があれば、感染を軽減させることは可能

ワクチンのほとんどは、スパイクタンパクの抗体を作るように工夫してある(RNAワクチンも同様)。

ただし、スパイクタンパクの構造が変化すれば、場合によっては抗体は無効になる。

変異種で問題になっているN501Yは、スパイクタンパクが変化している。

こういうこともちゃんと説明するべき。」という意見と
「2回目感染後の抗体検査をしていかなければいけない。そして2回目の罹患率も!もう、調査すれば出るだろう!無差別にワクチンを打っても仕方ない事が見えてくるはず!その時どうするか?その時は、一斉に同時に、ワクチンを接種するのさ!!!」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「S抗体が感染予防にどう働くかも示して欲しい。

インフルエンザ感染の時のS抗体の動きも、合わせて示して欲しかった。」
「個人差は他のウイルスでも有ることでしょ、、、」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

抗体検査 個人差 持続性おわりに

今回は抗体検査 個人差 持続性に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の抗体検査 個人差 持続性は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回抗体検査 個人差 持続性について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

抗体検査 個人差 持続性の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

抗体検査 個人差 持続性の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事