カラフル こいのぼりが話題沸騰!オリンピックを機に?★画像・動画★ネットの声は?

カラフル こいのぼりがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

カラフル こいのぼりの概要は?オリンピックを機に?

カラフル こいのぼりのニュースが次のように報道されています。

それでも、日本中が沸いたオリンピックを機にカラフルなこいのぼりは、普及していったといいます。

 まもなく「こどもの日」ですが、「こいのぼり」はなぜ色とりどりなんでしょうか。意外なきっかけがあったそうです。

 東京タワーの下で優雅に泳ぐ、色とりどりのこいのぼり。その数は333匹。赤、青、緑、オレンジ、紫、黒、とってもカラフルです。古くから「端午の節句」で飾られてきた、こいのぼりですが、いつから、こんな多彩になったのでしょうか。

 その鍵を握る一因は、意外にもオリンピックの「五輪マーク」でした。訪ねたのは、全国でも珍しいという、手描きのこいのぼり職人・金田鈴美さんです。

 江戸時代から始まったとされるこいのぼり。以前は「黒」と「赤」だけだったといいます。有名なこいのぼりの歌詞にもその名残が。

 「真鯉(まごい)」は黒い鯉(こい)、「緋鯉(ひごい)」は赤い鯉のことです。

 では、黒と赤だけだったこいのぼりが、なぜ、カラフルになっていったのでしょうか。

 金田さんによりますと、初代の手描き職人が1964年の東京オリンピックを見て、ヒントを得たといいます。

 そこで試しに、色とりどりのこいのぼりを作成。しかし、当初は。

 手描き鯉のぼり職人三代目金龍・金田鈴美さん:「他のこいのぼり職人たちにすごくバカにされたそうで、見たことない鯉のこいのぼりなんか売れないんじゃないかと」

 それでも、日本中が沸いたオリンピックを機にカラフルなこいのぼりは、普及していったといいます。

 果たして、コロナ禍で迎える2度目の東京オリンピックは、こいのぼりのように、色鮮やかに輝くのでしょうか…。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

カラフル こいのぼりが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のカラフル こいのぼりに関しての画像や動画です。

カラフル こいのぼりの動画をどうぞ。

カラフルな「こいのぼり」じつは東京五輪がヒント!?

スポンサーリンク

カラフル こいのぼりのネットの声は?

カラフル こいのぼりのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「岡本太郎の太郎鯉からじゃないかな?」という意見と
「伝統にとらわれない頭が柔らかい職人さんだったんだね。金銀銅のメダル色も面白そう。
戦隊モノの元祖であるゴレンジャーも五輪と特殊部隊を意味するレンジャーをかけて、カラフルにしたのかな。
コロナで気が落ち込むが、日本の風物詩みたいなのが元気にはためいてるのを見ると心が落ち着く。」という意見と
「屋根より安い鯉のぼり!
鯉のぼりの飾る順番でその家庭内の順位が分かると言われている。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「政府もマスコミもオリンピックやる気満々で草」
「東京五輪も華やかな大会になるみたいです。
開会式はびっくり仰天の技術を紹介するみたいですよ。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

カラフル こいのぼりおわりに

今回はカラフル こいのぼりに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のカラフル こいのぼりは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回カラフル こいのぼりについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

カラフル こいのぼりの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

カラフル こいのぼりの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事