児童ら 感染経路が話題沸騰!感染経路不明の割合は?★画像・動画★ネットの声は?

児童ら 感染経路がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

児童ら 感染経路の概要は?感染経路不明の割合は?

児童ら 感染経路のニュースが次のように報道されています。

感染経路不明の割合は小学校が11%、中学校が22%、高校が33%で、年齢が上がるにつれて増えています。

 小学校から高校に上がるにつれて感染経路不明の割合が多くなっています。

 文部科学省によりますと、去年6月から今年4月16日までに全国の小中高校と特別支援学校から報告があった児童生徒の感染者数は1万7570人でした。

 感染経路は家庭内が57%で最も多く、学校内が13%となっています。

 感染経路不明の割合は小学校が11%、中学校が22%、高校が33%で、年齢が上がるにつれて増えています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

児童ら 感染経路が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の児童ら 感染経路に関しての画像や動画です。

児童ら 感染経路の動画をどうぞ。

児童らの感染経路 年齢上がるにつれ「不明」多く

スポンサーリンク

児童ら 感染経路のネットの声は?

児童ら 感染経路のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「変異株というのが、とても不気味。役に立つ情報が少ないのに「感染力が強い」「若年層でも重症化する」など、絶望的な言葉ばかりが、大量に耳に入り、正しい恐れかたも分からない。ウィルスと付き合いながら生きていくという形を目指してこれまで政府やリーダーもやってきたと思うけれど、状況が変わってしまった。インド型も、時間の問題だろうし。子供がいる身としては、去年の状況で学校が閉鎖になったのに、今のこのもっと危機的状況で、学校に行き続けているというのも、良いのかなと疑問に思うが、答えが分からない。何かがずれている気がする。対策自体が、はまっていないように思う。」という意見と
「まぁそうでしょう。
小学生より行自由に子供たちだけで動くし行動範囲広い。
学校が休校でもなければ自粛する気にもなれない。
親が都会まで仕事行ってて、放課後自粛しても翌日には学校で大勢と会う。

高校生なんて、大阪の端から端までってくらいの距離を電車で通学する人も多い。
どうせ連休もあるし、留守番出来る中高生は休校にしてもよかったと思う。」という意見と
「変異株を正しく恐れる。どうすればいいのか?
未知のウイルスだから正解なんて誰もわからない。
だから、ロックダウンしかないような。
2週間みんな1人1人が守って人と接触しなければ、ウイルスは確実に減る。日本ワンチームで団結しないと、、。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「手洗い励行、食事前など特にマスクを外す時は必須。あとはトイレ、便の時は必ず手洗い。家庭内感染はほとんどトイレ。換気も重要。それでも家庭内感染は防げないでしょうね。感染が疑われたら外に出ないことを徹底していればいいでしょう。」
「こんな状況の中、連休明けに観客入れて運動会をやろうとしている首都圏の学校もあります。授業参観も。こうやって広がっていくのが分からないのかな。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

児童ら 感染経路おわりに

今回は児童ら 感染経路に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の児童ら 感染経路は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回児童ら 感染経路について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

児童ら 感染経路の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

児童ら 感染経路の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事