パロディ画 中国報道官が話題沸騰!報道官は?★画像・動画★ネットの声は?

パロディ画 中国報道官がネット上で話題沸騰しています。

目次
スポンサーリンク

パロディ画 中国報道官の概要は?報道官は?

パロディ画 中国報道官のニュースが次のように報道されています。

中国外務省の報道官が葛飾北斎のパロディ画像で処理水問題を皮肉り、茂木外務大臣が削除を求めた件で、報道官は会見で「日本こそ撤回し、謝罪すべきだ」と主張しました。

 中国外務省の報道官が葛飾北斎のパロディ画像で処理水問題を皮肉り、茂木外務大臣が削除を求めた件で、報道官は会見で「日本こそ撤回し、謝罪すべきだ」と主張しました。

 中国外務省・趙立堅報道官:「画像は正当な民意と正義の声を反映している。日本政府こそ誤った決定を撤回し、謝罪すべきだ」

 パロディ画像を投稿した趙立堅報道官は会見で「この画像は中国人作家の作品だ」と述べ、自分が書いたものではないことを強調しました。

 そのうえで「日本政府が一方的に海洋放出することへの心配と不満を表している」と主張し、逆に日本側に決定の撤回と謝罪を要求しました。

 趙報道官はツイッターに防護服を着て船から処理水を海に流すパロディ画像を投稿し、茂木外務大臣が「厳重に抗議する」と批判していました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

パロディ画 中国報道官が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のパロディ画 中国報道官に関しての画像や動画です。

パロディ画 中国報道官の動画をどうぞ。

「日本こそ撤回し謝罪を」パロディ画の中国報道官

スポンサーリンク

パロディ画 中国報道官のネットの声は?

パロディ画 中国報道官のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「ちょうどよかった、中国は日本の敵であり“こういう事”を日常的にやる国だという認識を民間レベルでもっと強烈に共有する必要があった、これで日韓関係と同じように日中関係も「本来あるべき姿」にまた一歩進んだ

日本政府がここまで計算して菅さんの訪米前に反日ホイホイ発表したのなら大したもんだね、珍しくいいプレーだよ

民主主義国家では民意を意図的に方向付けるってのはなかなか難しいからね、今の世の中こういう品の無い事をやればずっとネット上に情報として残るということも省みずこういう事やってくれると助かるよ、ありがとう中国外務省の趙立堅副報道局長」という意見と
「中国の報道官には、もっと常軌を逸した対応をどんどんしてもらいたいです。いつか世界中が中国の異常性を明確に認識する日まで、ぜひ、頑張ってください。応援しています。」という意見と
「中国は異常だ。無知を棚に上げて謝罪を要求なんて最早ギャグだ。中国は未だに処理水の正しい扱い方を知らない後進国じゃないか。文明先進国では、処理水を海に放出することが定石としている。中国人は極めて科学の分野が遅れているな。早く文明先進国に追い付ける様に精進しなさい。いつまで自転車に乗っているのは駄目だ。頑張れ」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「何故中国に謝罪しないといけない?
中国はやる事なす事下の下の下ですよね?
不当な海洋進出,人権侵害,弾圧こそ謝罪すべき話。
尖閣問題も日本が自衛隊だろうが常駐すれば良い。
今の中国の経済発展は日本含め海外進出した企業が存在するからなんだ。
日系企業もチャイナリスクを踏まえ徹底し親日国進出したら良い。
自国本位の国は相手するだけ無駄。」
「外交部報道官の仕事は、例え相手を批判する場合でも自国の味方を増やすため、マスメディアを通して最大限自分たちの良い印象を対外的に広報することだと思うが、この報道官がしていることはその真逆である。
日本に対する圧力と国内向けのプロパガンダだろうが、やることが実に下品で顔つきも陰険だ。敵でも一目置ける人はいるものだが、この人にはそれがかけらも感じられない。
対外的に中国の悪印象を広げるだけの存在。その意味ではこの報道官は正直に狡猾下劣な中国共産党を体現しているとは思う。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

パロディ画 中国報道官おわりに

今回はパロディ画 中国報道官に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のパロディ画 中国報道官は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回パロディ画 中国報道官について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

パロディ画 中国報道官の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

パロディ画 中国報道官の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる