がん患者 10年後生存率 約60%が話題沸騰!センターは?★画像・動画★ネットの声は?

がん患者 10年後生存率 約60%がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

がん患者 10年後生存率 約60%の概要は?センターは?

がん患者 10年後生存率 約60%のニュースが次のように報道されています。

センターは「がんによっては5年以降も長期的なフォローが必要だと分かった」としています。

 がんと診断された患者の10年後の生存率について国立がん研究センターが初めて大規模な調査をした結果、生存率は約60%だったことが分かりました。

 国立がん研究センターは2007年と2008年に地域の拠点病院でがんと診断を受けた約42万人の10年後の生存率を初めて調査しました。

 その結果、2007年にがんと診断された患者の10年後の生存率は60.1%で、2008年の患者は59.4%でした。

 これまでは一つの目安として5年後の生存率が使われてきましたが、今回の調査によって5年目以降も肝細胞がんやステージが進行した乳がんでは生存率が下がる傾向があることが分かりました。

 センターは「がんによっては5年以降も長期的なフォローが必要だと分かった」としています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

がん患者 10年後生存率 約60%が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のがん患者 10年後生存率 約60%に関しての画像や動画です。

がん患者 10年後生存率 約60%の動画をどうぞ。

がん患者の10年後生存率は約60% 大規模調査で判明

スポンサーリンク

がん患者 10年後生存率 約60%のネットの声は?

がん患者 10年後生存率 約60%のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「相当早期発見の患者も含まれている事を考えると、結構厳しい結果だな、と思う。出来れば発見時のステージ別での数字を知りたい所。
まだ40代の姉がステージ4の癌患者。今で3年目。良く頑張っていると思う。」という意見と
「国立がんセンターかよ。

ここに来た患者は全部死んでるよ。
理研だよ。理研。
無駄な手術しまくって、どんどん患者殺すんだよ。すごいわ。
家族も介護がイヤで殺人依頼してるとしか思えん。
そりゃ〜死ぬわ。」という意見と
「逆に考えると死ぬ可能性が40%高いよね」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「HIVやエイズさえ平均寿命程度には延命出来るからね。医学の進歩は喜ばしいし平均寿命も延びるだろうけど、その代償として医療費の負担は上がるから複雑ではある」
「ガンの部位や進行状況によって生存率はまちまち。部位ごとに見てみないことには、、、」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

がん患者 10年後生存率 約60%おわりに

今回はがん患者 10年後生存率 約60%に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のがん患者 10年後生存率 約60%は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回がん患者 10年後生存率 約60%について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

がん患者 10年後生存率 約60%の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

がん患者 10年後生存率 約60%の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事