ワクチン接種 自治体の苦悩が話題沸騰!茨城県守谷市は?★画像・動画★ネットの声は?

ワクチン接種 自治体の苦悩がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ワクチン接種 自治体の苦悩の概要は?茨城県守谷市は?

ワクチン接種 自治体の苦悩のニュースが次のように報道されています。

茨城県守谷市は、当初、対面での予約は予定していませんでしたが、電話がつながりにくい状態が続いたことから、今月14日から臨時の窓口も設け、ワクチン予約を受け付けています。26日は、74歳のみを対象に予約を開始しました。

26日に行われた新型コロナウイルスのワクチンに関する野党ヒアリングでは、菅総理の発言に対し、疑問を投げかける自治体がありました。
甲府市医務感染症課・堀内剛課長:「国からの(高齢者の)7月末接種、終了するというような話だが、甲府市の方では、そのような話からは国から何も連絡がなかったから私も報道を聞いてびっくりした」
6月ごろから高齢者への接種を開始する予定の甲府市は「7月に接種は終わらない」と声を上げました。

茨城県守谷市は、当初、対面での予約は予定していませんでしたが、電話がつながりにくい状態が続いたことから、今月14日から臨時の窓口も設け、ワクチン予約を受け付けています。26日は、74歳のみを対象に予約を開始しました。
守谷市ワクチン接種対策室・新島肇室長:「予約の段階でつまづいてしまうと、『予約取れないからいいや』という方が出てきてしまっては困る。インターネットが不慣れな方が多いので、65歳以上が対象の間は、対面での受け付けをやる予定。できれば国のシステムで予約まで可能であればスムーズに行けたのかなと。若い世代になればインターネットで予約する方が増えると思うが、(高齢者は)インターネットと電話のみでは難しい」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ワクチン接種 自治体の苦悩が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のワクチン接種 自治体の苦悩に関しての画像や動画です。

ワクチン接種 自治体の苦悩の動画をどうぞ。

『ネット不慣れ対面に』ワクチン接種 自治体の苦悩

スポンサーリンク

ワクチン接種 自治体の苦悩のネットの声は?

ワクチン接種 自治体の苦悩のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「鹿嶋市でワクチン接種予約が26日からはじまりましたが1日中電話かけましたが全然繋がりませんでしたもっと違うやり方でやって下さい」という意見と
「ワクチン打つメリット→約半年程度【従来種の】新型コロナに掛かっても重症化しにくくなる、、、かも知れない 以上
こんなメリット少ない遺伝子組み換えワクチンを毎年何回も打ち続けるの?? しかも変異株の場合更に効果薄れるのに… これ打ちたい奴どうかしてるわ笑」という意見と
「新型コロナは存在しないと、
小池百合子、大阪府知事、京都府知事、日本政府は知っていた非開示公的文書が、ようやく表に出回ってきましたね。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「子宮頚がんワクチンの件もそうだけど、
日本人ってマスコミや個人の意見を鵜呑みにしがち」
「小池都知事の具体的対策は東京に来ないで 全員がワクチン接種をするか 全員コロナ感染」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ワクチン接種 自治体の苦悩おわりに

今回はワクチン接種 自治体の苦悩に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のワクチン接種 自治体の苦悩は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ワクチン接種 自治体の苦悩について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ワクチン接種 自治体の苦悩の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ワクチン接種 自治体の苦悩の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事