再発B型肝炎訴訟 最高裁が話題沸騰!最高裁は?★画像・動画★ネットの声は?

再発B型肝炎訴訟 最高裁がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

再発B型肝炎訴訟 最高裁の概要は?最高裁は?

再発B型肝炎訴訟 最高裁のニュースが次のように報道されています。

最高裁は今月26日の判決で「請求権は消滅していない」「男性らの場合、初発と再発では損害が質的に異なり、除斥期間の起算点は再発時というべき」と指摘しました。

 集団予防接種でB型肝炎を発症して再発した男性らに国への賠償の請求権があるかが争われた裁判の判決で、最高裁は「請求権は消滅していない」とする判断を示しました。

 福岡県の60代の男性2人は集団予防接種が原因で20年以上前にB型の慢性肝炎を発症し、その後、再発しました。

 慢性肝炎の場合、国から1250万円の給付金が支払われますが、被害の発生から民法の「除斥期間」である20年が過ぎると大幅に減額されることになっています。

 男性らは除斥期間の起算点は肝炎が再発した時だとして裁判を起こしていました。

 最高裁は今月26日の判決で「請求権は消滅していない」「男性らの場合、初発と再発では損害が質的に異なり、除斥期間の起算点は再発時というべき」と指摘しました。

 そのうえで、男性らを敗訴とした二審判決を破棄し、賠償額を算定するため審理を福岡高裁に差し戻しました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

再発B型肝炎訴訟 最高裁が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の再発B型肝炎訴訟 最高裁に関しての画像や動画です。

再発B型肝炎訴訟 最高裁の動画をどうぞ。

再発B型肝炎訴訟 最高裁「請求権消滅していない」

スポンサーリンク

再発B型肝炎訴訟 最高裁のネットの声は?

再発B型肝炎訴訟 最高裁のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「まあ、再発それ自体は救済してあげないといけないですからね。
予防接種それ自体は個人ではなく社会防衛のためにやっている以上、そこから発生した被害は原則として本人がすべきことをしているのであれば、全部国で賄ってあげないと。」という意見と
「政府は国民を守る気がないのは昔からなんだよね。
自分を守るには国相手に裁判するしかないんだ。
今回は最高裁判決を支持します。」という意見と
「そうか、薬害性肝炎やってたの?

そう言えば、抗がん剤で、キイトルーダの投与方法判ったよぉ〜。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「所詮ワクチンなどこんなもの。頑張れ。勝訴を願う」
「これでもワクチンうちますか?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

再発B型肝炎訴訟 最高裁おわりに

今回は再発B型肝炎訴訟 最高裁に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の再発B型肝炎訴訟 最高裁は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回再発B型肝炎訴訟 最高裁について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

再発B型肝炎訴訟 最高裁の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

再発B型肝炎訴訟 最高裁の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事