青果店 コロナ禍が話題沸騰!ノーと言わない柔軟な姿勢?★画像・動画★ネットの声は?

青果店 コロナ禍がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

青果店 コロナ禍の概要は?ノーと言わない柔軟な姿勢?

青果店 コロナ禍のニュースが次のように報道されています。

実は年間1億円の売り上げを支えているのは、飲食店への野菜の納品です。ノーと言わない柔軟な姿勢で多くの取引先から信頼を置かれています。

 年商1億円を売り上げる下町の八百屋さん。人気の秘密は100種類以上ある品ぞろえでした。

 東京・足立区の北千住駅近くに、コロナ禍を生き抜く老舗が。創業して100年になる「横田青果店」です。

 3代目店主の横田清重さん(72)。年商を聞いて驚きました。年間1億円を売り上げる老舗の八百屋さん。人気の秘密は品ぞろえ。その数百種類以上。お客さんの願いを聞く、気さくな接客も評判です。

 さらに、こんな工夫も…。下ごしらえが面倒だというお客さんの声を聞いて「ゆでたタケノコ」も出すようになったといいます。

 この八百屋さんには意外なヒット商品も。先代から続く「自家製のぬか漬け」です。父親から18歳でお店を継いだ横田さん。半世紀以上、のれんを守り続けてきたモットーは。

 横田青果店・横田清重さん:「丁寧にイヤだと言わないようにしている」

 妻・よし子さん(72):「利益とかは考えていないと思う。楽しく商売ができればいい」

 コロナ禍で、かつてない厳しい状況だからこそ、より丁寧な仕事を心掛けているといいます。

 実は年間1億円の売り上げを支えているのは、飲食店への野菜の納品です。ノーと言わない柔軟な姿勢で多くの取引先から信頼を置かれています。

 100年続く八百屋さん。横田さんが最も大切にしているのは、“次世代につながる商売”です。

 横田青果店・横田清重さん:「おいしいものを安く売れば、子どもが食べて(また)来てくれる。誠心誠意やらせてもらっているだけ」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

青果店 コロナ禍が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の青果店 コロナ禍に関しての画像や動画です。

青果店 コロナ禍の動画をどうぞ。

「NOと言わない」青果店 コロナ禍を生き抜くヒミツ

スポンサーリンク

青果店 コロナ禍のネットの声は?

青果店 コロナ禍のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「年収じゃないのが辛いですよね。こういう個人商店なんて薄利多売で、しかもロスもあるはず。
こういうの見て、儲けがそれだけあると勘違いする方がたまにいる。

跡取りさんがいらっしゃるのかな?
大変だと思うけど、お体を大切に頑張って欲しいです!」という意見と
「生物を扱う商売は利率低い。スーパーなんかは、加工食品や日用品も一緒に売ることで生鮮食品の利率の低さをカバーしている。
重いし、放っておけば劣化するから在庫管理も大変だしね。
個人商店の八百屋さんは貴重だと思います。」という意見と
「八百屋に勤めてますが、新鮮な物を売るのに温度管理など、光熱費も凄くかかる。しかも、廃棄になるまだ食べれそうなものも沢山毎日出てくる。
商売が好きじゃ無かったらなかなか続かない。
ただ、地元のお客さんとの交流があるから、毎日会話してて楽しいとは感じる。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「スーパーマーケットなんかって利益率が数%あれば合格だって言うし
そのスタンスで見ても1億売り上げても数百万しか利益って出ないから
厳しいよね。

おそらく中小のお店だと大量仕入れとかもできないだろうから
ますます大変だと思われるよ。」
「当方も八百屋をやってましたが売るだけならこのくらい売ってました
でも年齢層の変化やキャッシュレスや増税の他、3人で年500万社会保険、3人目の年120万の交通費(ほとんど横領)でやっていけなくなりました。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

青果店 コロナ禍おわりに

今回は青果店 コロナ禍に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の青果店 コロナ禍は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回青果店 コロナ禍について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

青果店 コロナ禍の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

青果店 コロナ禍の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事