コロナ禍 水族館ピンチが話題沸騰!水族館は?★画像・動画★ネットの声は?

コロナ禍 水族館ピンチがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

コロナ禍 水族館ピンチの概要は?水族館は?

コロナ禍 水族館ピンチのニュースが次のように報道されています。

水族館は集まった約270万円を維持費に充てるほか、今月、開業以来初めてのイベントを開催。

 去年7月にオープンした水族館が新型コロナウイルスの影響で再び窮地に陥っています。

 珍しい古代魚や、熱帯魚だけでなく、アフリカや南米の動物など約230種類の生き物がいます。川崎市のショッピングモールの中にある水族館「カワスイ 川崎水族館」です。

 最先端のテクノロジーを引っ提げ、水族館がオープンしたのは去年7月のことです。当時、コロナ禍でアマゾンの村から魚が届かないなど、トラブルに見舞われました。

 あれから9カ月、またピンチが訪れています。

 カワスイ川崎水族館・有馬律雄館長:「感染者が増えるとともに反比例するような形で、(来館者が)徐々に減少していった」

 客数は想定の半分ほど。このままでは、維持費が捻出できない事態に…。

 カワスイ川崎水族館・有馬律雄館長:「維持費は(月に)大体数千万円かかる。水道光熱費、魚の水の循環もある。飼育の餌(えさ)代など。どんな状況にあってもかかる費用は同じなので、非常に厳しい」

 コロナはこんな弊害も。魚を自動で判別し、触ると解説文が現れるディスプレー。接触感染を警戒するため使用を制限していました。

 本来のパフォーマンスを発揮しにくい状況が続きます。そこで…。

 カワスイ川崎水族館・有馬律雄館長:「わらにもすがる思いで、クラウドファンディングをさせて頂いた」

 水族館は集まった約270万円を維持費に充てるほか、今月、開業以来初めてのイベントを開催。

 カワスイ川崎水族館・有馬律雄館長:「多摩川で釣り上げられた黄金のナマズ“タマズン”。多くの方にタマズンに会いに来てほしい一方で、とても複雑な心境」

 コロナ禍で迎えるゴールデンウィーク。先の見通せない状況が続きます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

コロナ禍 水族館ピンチが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のコロナ禍 水族館ピンチに関しての画像や動画です。

コロナ禍 水族館ピンチの動画をどうぞ。

コロナ禍で水族館ピンチ「タマズンに会いに来て!」

スポンサーリンク

コロナ禍 水族館ピンチのネットの声は?

コロナ禍 水族館ピンチのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「カワスイ、単なる水族館を超えて
毒のある鮮やかな色のカエル、
カピバラ、熱帯の珍しい大型の鳥、猿もいて、
凄いですよ。
イルカとかの大型のはいないけれど、
普段見られないナマズや、多種多様なピラニアが見られて面白いです。
コロナ禍なので混雑状況はWEBでチェック出来て、
密になる場合は人数制限しています。
施設は出来立てで清潔ですよ。
※カワスイの回し者ではないです。」という意見と
「オープンして二週間後の平日の夜の部に行ったけど、ビックリするほどガラガラだった。
カワスイは市が運営してるわけじゃないし、駅ビルの中だから家賃だけで凄い金額だろう。
コロナ中だから空いてて良かったけれど、正直、1度で、お腹いっぱい!
デートや子供向けには楽しめるかもだが、大型の魚を見たい人には向かない。
私がそうだから…

大型の魚はパノラマスクリーンにしか居ないし、魚の数も少ない。
カフェだとかもあったが、行きたいとは思わなかった。
帰りに土産コーナーに行ったが、もうちょいお菓子の土産の種類を増やすべき!皆に配れる感じのをね。

世界初の展示技術がウリだけど、あれなら、むしろ全てスクリーンにして、普通の水族館には居ないような魚を沢山、見せれば良かったと思う。
スクリーンもアーチ型の巨大スクリーンで、最初から最後まで海の中にいるような感じでね。
今のカワスイは、どれもこれも中途半端!」という意見と
「各地で最近増えてきてるキレイ、映える水族館。
金魚をモノとして大量に展示消費するアートアクアリウム。
これら水族館は金儲けの施設でしかない。
作れば人が集まる状況はコロナで一変した。

超過密の集客でしか成り立たない収支計算で、
換気の悪い閉塞空間を観覧する。
コロナ終息後も完全に人は戻らないだろう。

それに加えただでさえ維持費のかかる施設。
民間経営で利益を出せる状況にない。
水族館のビジネスモデルは終焉を迎えたといわざるを得ない。
ただでさえ日本は水族館が飽和状態である。

種の保存や環境問題など教育的視点を持たせ、
公の支援がないと存続は難しい。
今後は淘汰されていくことが予想される。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「大変なのは当然でしょうが、コロナ禍なのに感染リスクを高めましょう、と聞こえますが。
集客すれば、その移動や鑑賞のその後の行動でリスクが高まるってくどく言われているのに。その場で対策を講じても、それだけでは不十分ということも強く言わないと。もっとも行くなということになってしまいますが。」
「コロナになってからずっと思ってだけど、水族館は水族館で得た収入でしか維持してはいけないの?飲食店は飲食店以外で儲けたお金を利益にしてはいけないの?そんなことないよね?世の中の会社をいろんな事業に手を出してるしね。会社を潰れるのは困るのであれば、自ら外に稼ぎにいけばいいじゃないか。あくまでも例えですけど社員総出でウーバーやるとかしてでも維持する必要があるならやればいいと思う。潰れてもいいなら今のままただ客を待てばいい。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

コロナ禍 水族館ピンチおわりに

今回はコロナ禍 水族館ピンチに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のコロナ禍 水族館ピンチは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回コロナ禍 水族館ピンチについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

コロナ禍 水族館ピンチの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

コロナ禍 水族館ピンチの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事