大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずが話題沸騰!病院関係者などによりますと?★画像・動画★ネットの声は?

大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずの概要は?病院関係者などによりますと?

大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずのニュースが次のように報道されています。

病院関係者などによりますと、21日に感染した90代の女性が救急搬送を要請しましたが入院先が見つかるまで24時間30分にわたり、救急車内で待機していたことが分かりました。

 3度目となる緊急事態宣言が東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に出されます。23日の新規感染者が1162人の大阪府では、入院先が見つからず救急車内での待機時間が一日以上に及ぶ事態も発生しています。

 日翔会病院理事長・渡辺克哉医師:「中等症2の病院に入院が必要なコロナ患者が速やかに病院に行けない状態に間違いない」

 医療体制の逼迫(ひっぱく)が深刻となっている大阪府。府の発表によりますと、重症病床の使用率は22日までで99.6%に達し、患者の受け入れ先が見つからない事態が頻発しています。

 病院関係者などによりますと、21日に感染した90代の女性が救急搬送を要請しましたが入院先が見つかるまで24時間30分にわたり、救急車内で待機していたことが分かりました。

 大阪を中心に、在宅医療や高齢者施設での訪問診療を行う日翔会病院。訪問先の施設で新型コロナ患者の容態が悪化しても搬送先が決まらないケースがこれまで何度もあったといいます。

 日翔会病院理事長・渡辺克哉医師:「救急隊の方も状態を見て『悪い』と思って搬送しようとしているが、実際に受け入れ先が決まらないので、どうしようもない状態ですよね」

 20日午後7時に救急搬送を要請した患者も入院先が見つかったのは翌日の午後3時でした。依然、厳しい状況は続きます。

 日翔会病院理事長・渡辺克哉医師:「まだ(入院先が決まらない)重症の方は残っている状態ですね。仕方がないので重症度を僕らがしっかり分けてあげて限りある数のベッドに関してはうまく回るように皆で協力していくことが大事」

 大阪府の22日までの重症患者の数は328人で、このうち56人は軽症・中等症の患者を受け入れる医療機関で治療を受けているのが現状です。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずに関しての画像や動画です。

大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずの動画をどうぞ。

大阪“医療ひっ迫”搬送先決まらず…救急車で待機も

スポンサーリンク

大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずのネットの声は?

大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「なぜ99.6%とうそをつくのか?
とっくに100%超えている。
医療崩壊を正確に伝えないことが、非医療従事者の危機感のなさにつながる。
報道の仕方一つでも、医療従事者へは精神的ダメージとなることを分かっているのか?」という意見と
「感染者増えたらこうなるって最初から言われてたこと。危機感をもたなかったのは府民。
病床増やすってどれだけ大変かわかってる?
被災時の仮設住宅と同じではない。」という意見と
「民意の結果でしょ。橋下松井吉村のうちどこかで歯止めをきかせるチャンスがあったけど、民意は緊縮財政を選んだ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「大惨事ですね。
緊急事態宣言の内容からしても、4人以下のマスク会食なんて知事がテレビに出倒して推奨した事が大失敗だったと明らかです。
でも吉村知事は失敗だと認めない。
これでも、素晴らしい、日本一頑張ってる、ネクスト総理だと称賛する声がある事に疑問を禁じえません。」
「ここまでくるとさ。
知事とか市長とか関係なく、住んでいる人の意識だと思うけど。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずおわりに

今回は大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

大阪 医療ひっ迫 搬送先決まらずの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事