日本学術会議 報告書が話題沸騰!政府は?★画像・動画★ネットの声は?

日本学術会議 報告書がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

日本学術会議 報告書の概要は?政府は?

日本学術会議 報告書のニュースが次のように報道されています。

政府はこの報告を受けて学術会議の在り方を引き続き検討しますが、自民党からは国から独立した組織にするべきだという提言が出ています。

 日本学術会議は今後の組織の在り方を検討してきましたが、現状の国の機関の維持が「役割を果たすのにふさわしい」とした報告書をまとめました。

 学術会議では、国の機関として維持する場合と国から独立する場合のそれぞれについて検討しました。

 その結果、現状通り国の機関として維持する場合は法律上、独立性が担保され、国の予算で財政基盤が確保されるなど、「役割を果たすのにふさわしいものであり、変更する積極的理由を見いだすことは困難だ」と結論付けました。

 一方で、国から切り離して法人化することには「国からの独立が実現されるものの、組織や財政面の課題への対応などに相当な準備と時間が必要だ」と消極的です。

 政府はこの報告を受けて学術会議の在り方を引き続き検討しますが、自民党からは国から独立した組織にするべきだという提言が出ています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

日本学術会議 報告書が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の日本学術会議 報告書に関しての画像や動画です。

日本学術会議 報告書の動画をどうぞ。

日本学術会議が報告書 現状維持が「ふさわしい」

スポンサーリンク

日本学術会議 報告書のネットの声は?

日本学術会議 報告書のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「それならそれで、政府が人事権を行使する事にグダグダ文句を言うなよな
政府が国家機関の人事を決めるのは当然だし、それが妥当かどうかは選挙で国民が決めれば良い話
政府に人事権がない国家機関が存在する方が恐ろしい話だ」という意見と
「発足当初から共産党の下部組織状態の学術会議が学者の代表ヅラして税金で運営されている事が遥かに異常!
赤い巨搭の解体は当たり前!即刻解体してやりたい連中だけで一般社団法人か任意団体として出直せ!
そんで出直し学術会議の本部と事務局は代々木の日本共産党本部の一室でも貸してもらえばいい。」という意見と
「泥棒に泥棒を捕まえる様に改善せよ,と言うのは,やはり無理の様だ。

コロナ騒動の終結にはワクチン接種が必須だが,日本の摂取は遅れている。

ワクチン開発国が自国使用を優先しているからだ。

日本の製薬会社はワクチン開発を急いで欲しい!

日本の開発が欧米・中印・露 より遅れている理由は,
学術会議が,日本での細菌・ウィルス研究を妨害しているからだ。

暫く前,学術会議は「学術会員の任命拒否は学問の自由を侵害する」と,
嘘偽の屁理屈を主張したが,

真実は真逆だ。

学術会議が細菌兵器に繋がるとの理由で,日本の細菌研究を
妨害している為に日本のワクチン開発は遅れている。

人類に災難が降りかかった時,科学技術がその解決に大きく寄与する。

科学技術の研究を妨害している学術会議は百害あって一利なしだ。

学術会議を廃止するか,廃止が困難なら,
最低でも「人文学」を排除する様に改革しよう。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「多くの国民が、日本学術会議が今のままの姿で継続されることに積極的な理由を見つけ難いと思っている。

金はもらうが運営に口を出すなって、その金の出処は税金だぞ。少なくとも反日国家と関わりのある人物が任命されるのはおかしいし、それを学問の自由への侵害だと飛躍するのはもっとおかしい。」
「共産主義の威光を育てる組織ではありません、共産党の食い込んでいる学術会議、任命拒否した6名を任命しろ、組織は現状維持しろ等とのことですが、自分たちの居場所を守るだけで国民の要望に添った改革は皆無、こんな組織は解散して民間組織に移行するべき。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

日本学術会議 報告書おわりに

今回は日本学術会議 報告書に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の日本学術会議 報告書は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回日本学術会議 報告書について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

日本学術会議 報告書の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

日本学術会議 報告書の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事