ニプロ 注射器 生産開始へが話題沸騰!ニプロは?★画像・動画★ネットの声は?

ニプロ 注射器 生産開始へがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

ニプロ 注射器 生産開始への概要は?ニプロは?

ニプロ 注射器 生産開始へのニュースが次のように報道されています。

ニプロはタイにある工場と合わせて今年度で5000万本程度の生産を見込んでいます。

 ワクチンを1瓶あたり7回分、接種できる注射器を来月から生産です。

 秋田県大館市に工場を持つ医療機器メーカーの「ニプロ」が新型コロナワクチンの接種に使う注射器を新たに開発しました。

 ワクチン1瓶につき、これまでは5回から6回が限度でしたが、7回分の接種が可能でこれまでよりも無駄なく利用できるということです。

 大館工場では来月から50万本を目標に生産が始まります。

 ニプロはタイにある工場と合わせて今年度で5000万本程度の生産を見込んでいます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

ニプロ 注射器 生産開始へが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回のニプロ 注射器 生産開始へに関しての画像や動画です。

ニプロ 注射器 生産開始への動画をどうぞ。

「ワクチン1瓶で7回分」ニプロの注射器、生産開始へ

スポンサーリンク

ニプロ 注射器 生産開始へのネットの声は?

ニプロ 注射器 生産開始へのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「ウリジナルな粗悪品を偉そうに供給しても良いとか言っていた奴らが居たが。
日本政府ももらわなくて正解だった。
いいね!さすがメイドインジャパン!」という意見と
「やっぱり日本の技術者は凄いですね。」という意見と
「確かにこれが流通すれば、ワクチン数が増えたも同じになる。

一方で、この論点で重要なのは、この5回か6回か問題が議論になるのは、供給量が少ない、まさに「今」だけの話である、ということ。
医療機関や集団接種会場で実際に打てる数は、マンパワーの限界もあって、急には増えない(接種可能数には上限ができてしまう一方、ワクチンの供給量は増やそうと思えばどんどん増やせてしまうので、潤沢に供給されだしたら、両者は必ずしも比例しない)。
そのため、接種可能数が増えないのに、7回分に切り替えられてしまうと、供給過多になってしまい、結果的に、廃棄ワクチンが増える可能性があるという点に注意が必要。

つまり、対応があまりに遅かったということ。半年後に7回分に切り替えられます、とかいっても、いまさらもう遅い、ということ。日本の対応があまりに遅かった、としか言いようがないが、もはや後の祭りなのだ。残念なことに。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「繊維片が入っている某国のK注射器を自慢する報道を見なくなりましたねー」
「というか 今のインスリンの注射器で7回できますよ
日本は何もかも遅い、、、」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

ニプロ 注射器 生産開始へおわりに

今回はニプロ 注射器 生産開始へに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回のニプロ 注射器 生産開始へは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回ニプロ 注射器 生産開始へについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

ニプロ 注射器 生産開始への共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

ニプロ 注射器 生産開始への共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事