感知器 作動 自動設定が話題沸騰!この事故では?★画像・動画★ネットの声は?

感知器 作動 自動設定がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

感知器 作動 自動設定の概要は?この事故では?

感知器 作動 自動設定のニュースが次のように報道されています。

この事故では地下1階にある駐車場の消火装置が誤作動して二酸化炭素が噴出したことが分かっています。

 東京・新宿区の地下駐車場で消火装置が誤作動して作業員4人が死亡した事故で、当時、消火装置は作業が行われていた地下の感知器によって自動で作動する設定だったことが分かりました。

 この事故では地下1階にある駐車場の消火装置が誤作動して二酸化炭素が噴出したことが分かっています。

 消火装置には地下1階の感知器が熱などに反応する「自動」の設定と、地上にある駐車場の外のボタンを押さないと作動しない「手動」の設定があり、当時は「自動」の設定だったことが捜査関係者への取材で分かりました。

 感知器がある地下1階では天井の張り替えが行われていましたが、自力で避難した男性は「外していた火災報知器を戻すのを見た」と話しています。

 警視庁は作業のやり方に問題がなかったかどうか、慎重に調べています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

感知器 作動 自動設定が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の感知器 作動 自動設定に関しての画像や動画です。

感知器 作動 自動設定の動画をどうぞ。

感知器で作動の“自動設定”に 地下駐車場4人死亡

スポンサーリンク

感知器 作動 自動設定のネットの声は?

感知器 作動 自動設定のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「「消火設備誤動作」の表現は不適切 設備としては検知してガスを噴出しています。正常動作です そもそも 作業現場として 
事前に「自動」から「手動」に切り替えるべきである」という意見と
「恐らくAND回路ですね。
そもそも感知器を設備士以外の人間が外すこと自体NGです。
あと、立ち会わせるなら甲種消防設備士のみです。
消防設備点検資格者は工事をしてはいけません。
あくまでも点検しか出来ないので、点検資格者に任せると事故を起こす可能性があります。」という意見と
「そもそも消防設備に関係する工事で消防設備士を呼んでいないことがアウト。
こういう事態を防ぐために資格が定められていて、資格者は設備について勉強を重ねているのに…。

所定の手続きを踏まない手抜き工事の結果、感知器を発報させてしまい、それがよりによって二酸化炭素消火設備のものだったことは作業員が不運だったと思う。
現場の管理者は知りませんでしたでは済まされない。
これだけ同じ設備の事故が続いているのに危機意識が低すぎ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「最近は環境問題もあってCO2消火設備が避けられつつありますが、現在の消防法に見合っていない数十年前の建物にもりCO2消火設備が設置されていますから、既存のものをどう対応するかですね。ただ、ビルのオーナーとっては消火設備については生産性のある設備でなく、コストを圧迫するだけの設備ですから法令を最低限守っておけば良いと考えるのが大半です。点検や工事で不測の事態が怒らないように運用面でカバーしていくしかないのが、現状ですね。」
「どの記事も誤作動と言っているが停止手動に切り替えていなかったのですから正常に作動ということですね、亡くなった方のご冥福をお祈りします。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

感知器 作動 自動設定おわりに

今回は感知器 作動 自動設定に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の感知器 作動 自動設定は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回感知器 作動 自動設定について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

感知器 作動 自動設定の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

感知器 作動 自動設定の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事