新宿区 消火装置誤作動が話題沸騰!警視庁は?★画像・動画★ネットの声は?

新宿区 消火装置誤作動がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

新宿区 消火装置誤作動の概要は?警視庁は?

新宿区 消火装置誤作動のニュースが次のように報道されています。

警視庁はこれらの行為が影響したのかどうか消火装置の誤作動の原因を詳しく調べています。

 東京・新宿区のマンションで消火装置が誤作動して4人が死亡した事故で、自力で避難した男性が「作業中に外していた火災報知器を戻すのを見た」と話していることが分かりました。

 15日、新宿区のマンションの地下駐車場で二酸化炭素が噴出し、作業員4人が死亡し、1人が意識不明の重体になりました。

 その後の捜査関係者への取材で、自力で避難した男性が、天井の貼り替え作業中に「外していた火災報知器を戻すのを見た」と説明していることが分かりました。

 また、現場には他にも熱や煙を感知する検知器があり、複数のカバーが外れていたことも現場検証で分かりました。

 警視庁はこれらの行為が影響したのかどうか消火装置の誤作動の原因を詳しく調べています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

新宿区 消火装置誤作動が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の新宿区 消火装置誤作動に関しての画像や動画です。

新宿区 消火装置誤作動の動画をどうぞ。

消火装置誤作動4人死亡「火災報知器戻すのを見た」

スポンサーリンク

新宿区 消火装置誤作動のネットの声は?

新宿区 消火装置誤作動のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「通常ならば設置した火報業者が装置を止めて脱着するのが基本、現場の内装屋さんが専門外の火災報知器を触らなければならない状況は問題という認識は発注側、受注側どちらにも有るはず、どちらかが経費をケチった結果だと思う。」という意見と
「「知識のある人が適切に運用すれば事故は起きない」というタテマエを捨てて
「実際には知識のある人は工事に立ち会わず死亡事故が多発」とう現実を受け入れましょう」という意見と
「これは、誤作動ですか?
全く知識のない、内装工事会社の従業員ばかりが、
内装工事をしていて、作業手順もなんもあったもんじゃありません。
無知が招いた悲劇でしょう。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「誤作動が起きた時、それを止める方法を作業員含め、我々一般人がほとんど知らない事が怖い。二酸化炭素で充満させることによって消火するのはわかるし合理的だけど、人がいた場合の安全策も必要だし、その周知も大事。今回の事故じゃなくても、車に乗ってる時に火災があったとして、逃げ遅れたら火に巻き込まれなかったとしても死ぬ。」
「今後は点検中にガスのボンベを閉鎖するようにとの消防署の指導?点検中に火災発生確率が高いでしょう!信じられません?監視盤の連動を遮断し監視員を配置して作業させるのが常識です。コストはかかりますが、それが消防署の指導です。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

新宿区 消火装置誤作動おわりに

今回は新宿区 消火装置誤作動に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の新宿区 消火装置誤作動は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回新宿区 消火装置誤作動について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

新宿区 消火装置誤作動の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

新宿区 消火装置誤作動の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事