時短協力金 規模別支給へが話題沸騰!小規模事業者では?★画像・動画★ネットの声は?

時短協力金 規模別支給へがネット上で話題沸騰しています。

目次
スポンサーリンク

時短協力金 規模別支給への概要は?小規模事業者では?

時短協力金 規模別支給へのニュースが次のように報道されています。

小規模事業者では現在の4万円から事実上の減額となります。

 政府は時短要請に応じた飲食店への協力金について、一律ではなく、規模に応じて支給する基準を打ち出すことで調整に入りました。

 政府は緊急事態宣言のもとで時短営業に応じた飲食店への協力金を一律で日額6万円としてきました。

 緊急事態宣言が解除された後、協力金は日額4万円を基本としていますが、今後は規模に応じて年間の売上高が約3000万円未満の事業者には3万円、3000万円から1億円の事業者には3万円から10万円、1億円以上の事業者には10万円とする方針です。

 小規模事業者では現在の4万円から事実上の減額となります。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

時短協力金 規模別支給へが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の時短協力金 規模別支給へに関しての画像や動画です。

時短協力金 規模別支給への動画をどうぞ。

時短協力金が規模別支給へ 小規模飲食店は“減額”

スポンサーリンク

時短協力金 規模別支給へのネットの声は?

時短協力金 規模別支給へのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「年間売上高より、直近3年間の税金の支払額で支給額を決めた方がいいのに。
更に、各飲食店に対する支援金の支払総額は、既に支払われた額を含めるものとする(例えば今まで月6万円支給された事業者の適正額が月4万円とすれば、それまでに支払われた超過分は今後支払われる支給額から減額される、っていう意味ね。)、とすれば今までの支援金の不公平感がだいぶ軽減すると思うよ。」という意見と
「お店の規模の格差は多少改善されますが家賃などの地域格差は改善されませんね。個人的な意見ですが、小さな飲食店に一日辺り3万円でもまだまだ多いと思います。」という意見と
「東京は定休日まで支給しているのもどうかしている。
一個一個の少ししか改善出来ない亀のような政府行政。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「規模別が当たり前でしょ。
税務署に確定申告しているのだから、それだけでも、だいたいの規模がわかるじゃない。

協力金では足りない儲かっていたお店が倒産し、大した売上のない店が残っていくなんて、おかしな話だよ。」
「3000万円未満で、3万円って、随分大ざっぱ。そもそも、1000万円未満で、消費税も払ってないような店には、元々客来ないから、協力金は必要ないよ。
一律よりはいいけど、やっとかって感じ。コロナで国民の生活が大変な時に、人様の税金でボロ儲けって、あってはならないことだと思うけどね。これを決めた役人たちで責任は取ってください。」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

時短協力金 規模別支給へおわりに

今回は時短協力金 規模別支給へに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の時短協力金 規模別支給へは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回時短協力金 規模別支給へについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

時短協力金 規模別支給への共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

時短協力金 規模別支給への共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる