法案・条約 24本のミスが話題沸騰!加藤官房長官は?★画像・動画★ネットの声は?

法案・条約 24本のミスがネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

法案・条約 24本のミスの概要は?加藤官房長官は?

法案・条約 24本のミスのニュースが次のように報道されています。

加藤官房長官は、原因究明などのため、省庁横断のプロジェクトチームを立ち上げる考えを示しました。

政府が提出した法案や条約にミスが相次いでいる問題について、全体で24本に及んでいたことが分かり、加藤官房長官が国会で陳謝しました。

条文そのものに誤りがあったのは、3法案1条約の合計12カ所です。また、22法案の122カ所で、参考資料に誤りがありました。

加藤官房長官は、原因究明などのため、省庁横断のプロジェクトチームを立ち上げる考えを示しました。

野党側は、一部の法案について、閣議決定のやり直しを求めています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

法案・条約 24本のミスが話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の法案・条約 24本のミスに関しての画像や動画です。

法案・条約 24本のミスの動画をどうぞ。

法案・条約で24本のミス 加藤官房長官が陳謝

スポンサーリンク

法案・条約 24本のミスのネットの声は?

法案・条約 24本のミスのネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「謝るだけなら誰でもできる。

官僚は読み合わせしてミスがないように十分に注意していたはずなのに、なぜミスが起きたのか。
その原因と背景を究明しなければならない。

原因究明とは、犯人探しではなく、手順や体制として改善すべきことがあるのかどうか。

そもそも短時間の無理なスケジュールでの法改正を求められ、連日の徹夜続きで奴隷の如く働いて作成したのだろう。

心身に余裕が無ければ、組織も人間もミスをおかして当然です。

ミスを起こさない環境を作るのがあなたの仕事です。」という意見と
「>政府が提出した法案や条約にミスが相次いでいる問題について、全体で24本に及んでいた

ここまでくると、接待問題とかいろいろ都合が悪いことから目を逸らすように仕向けるために「目につくように作為的にミスしているのでは」とさえ思えてくるんだが。」という意見と
「これだけ霞ヶ関のレベル低下が凄まじい事を象徴する事態。まあこの大臣の下ではやる気も起こらないんだろうが、形式的には各省法案の決裁に最終的な信任役割を担うのは当然政治屋であり、知的水準が著しく劣るため官僚は小馬鹿にしまくる。勿論、こんな味噌が付けば官僚自身の出世に響く筈だが、人事権者の目の付け所は法案の間違いなどどうでもいい事で、政権の手下として忠実に従うか否かがポイントだから関係ない。
政治の劣化がそのまま国家のそれとして浮かび上がった事態であり、働けない政治屋が働かない公務員を蔓延らせてしまったというお粗末な顛末。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「各大臣が目を通して印も押してますよね?
納得して了解して提出したんでしようし、なぜそのまま通さないの?

直せると思い無責任過ぎます。」
「まずはジャパンライフの件、被害者に謝ったら?
加藤君の懐は潤ったのか分からないけど、被害者の人たち、金、巻き上げられて、可愛そうだと思うんだけど、どう思ってるのかな?」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

法案・条約 24本のミスおわりに

今回は法案・条約 24本のミスに関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の法案・条約 24本のミスは話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回法案・条約 24本のミスについて取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

法案・条約 24本のミスの共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

法案・条約 24本のミスの共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事