日米2+2 名指し 中国批判が話題沸騰!河野氏は?★画像・動画★ネットの声は?

日米2+2 名指し 中国批判がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

日米2+2 名指し 中国批判の概要は?河野氏は?

日米2+2 名指し 中国批判のニュースが次のように報道されています。

河野氏は、今回の2+2を契機に、アメリカが日本により具体的な貢献を求めてくると指摘します。

「2+2」と呼ばれる、日米の外務と防衛の閣僚会合が開かれました。

バイデン政権になって初めての開催となった日米安全保障協議委員会の冒頭、茂木外務大臣が訴えたのは安全保障環境の急速な変化についてでした。

茂木外務大臣:「力による一方的な現状変更の試みや権威主義体制の伸長など、自由で開かれた国際秩序が大きな挑戦を受けております」

念頭にあるのは、中国の動きです。海上警備にあたる中国の海警局の船が、日本の領海に侵入することは、今や珍しいことではありません。日本の漁船に接近するといった挑発行為も相次いでいます。さらに、中国は先月、海警局に武器の使用を認める『海警法』を新たに制定し、緊張がさらに高まっています。

こうした動きに対し、アメリカ側は日本と連携を深めていく考えを強調しました。

ブリンケン国務長官:「日米同盟は自由で開かれたインド太平洋地域に不可欠です。周辺国が平和的に紛争を解決するだけでなく、国際法に準じて協力できるようにもしたい」

もっともこの発言は、単にアメリカが日本を守るという姿勢を示しただけのものではありません。バイデン政権が今月に発表した安全保障戦略の指針では、中国について「経済・外交・軍事・先端技術の力を組み合わせて、国際的な秩序に対抗する能力がある」と指摘。そのうえで「唯一の競争相手」と明記しています。その中国と向き合うためにも、日米同盟の重要性が高まっています。

自衛隊制服組のトップを務めた河野克俊氏は中国の現状について、こう指摘します。

前統合幕僚長・河野克俊氏:「質の問題も加味すると、個人的には米軍が有利を保っていると思うが、インド太平洋地域に展開しているアメリカ軍と中国軍の数を比べた場合、完全に中国軍が凌駕(りょうが)している状況」

2+2の終了後に発表された共同声明では、これまで控えてきた名指しで中国を批判するという異例の内容となりました。

茂木外務大臣:「中国による既存の国際秩序に合致しない行動は、日米同盟及び国際社会への様々な課題を提起しているとの認識で一致しました」

ブリンケン国務長官:「中国は抑圧と侵略によって、香港経済や台湾の民主主義を弱体化させ、新疆ウイグル自治区やチベットでは人権を侵害し、南シナ海では国際法に反して権利を主張しています。我々が目指す“自由で開かれたインド太平洋地域”では、周辺国がルールを順守して平和的に問題を解決してほしい」

河野氏は、今回の2+2を契機に、アメリカが日本により具体的な貢献を求めてくると指摘します。

前統合幕僚長・河野克俊氏:「バイデン大統領の方針は、同盟国と一緒にと言われている。アメリカが『俺たちに任せろ』という話ではなく、同盟国と共にやろうというのが、今後のスタンスの中心になる。お金を積んだからいいという話ではない。安全保障上の役割を日本にもっと果たしてほしいと強く求めてくる」

(C) CABLE NEWS NETWORK 2021

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

日米2+2 名指し 中国批判が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の日米2+2 名指し 中国批判に関しての画像や動画です。

日米2+2 名指し 中国批判の動画をどうぞ。

香港・台湾・尖閣…日米2+2 名指しで中国批判

スポンサーリンク

日米2+2 名指し 中国批判のネットの声は?

日米2+2 名指し 中国批判のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「タンカーや商社を守るために遠く中東まで自衛隊を派遣したのに、まさか領海や接続水域の漁師や海保は見殺しにしませんよね?
批判もいいが、法整備と防衛体制の整備を急いでください。」という意見と
「あの官僚的、結果的には何もしない答弁の茂木外相がアメリカの後ろ楯があればここまで言えるのか。このまま日本が変化しない場合はバイデンさん頼みということになるな!バイデンさんが二枚舌のときに備えて自己防衛も考えなければならないが!」という意見と
「公に批判したのは良いが、批判だけで、策を打つ気はあるのか?
日本政府は尖閣問題だけにとらわれず、中国に買収され続ける日本国土の問題。大学に巣食う孔子学院、中国人留学生、技能実習生、国が予算を付けてまで作ろうとする中華街、などなど。
中国が関わる事すべてに、国防的観点を持たなければならない。
胡散臭い経済界にも踏み絵が必要。二階など親中派を後押ししているとも考えられるし、技術流失を止めなければ、公の批判も所詮は二枚舌と言う事になる。勿論、報道関係はどうにもならない程、最悪。国民を直接的に洗脳、誘導する事が可能となれば、国家の安全など、国内から崩壊する。
とりあえずNHKを解体して、防衛省管轄の放送局を設立して欲しいと考えてしまう。
日本の平和と未来を考える国民にとって、此れら全てが中国の侵略行為。血を流さない戦争だと理解する。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「アメリカが、より日本に具体的な貢献を求めるのはある意味当然の話。いつまでもアメリカの後ろ盾がないと中共に物申せない腰抜け政府も本腰入れないと、同盟国としての地位を失うだけ。そうなれば中共は確実に尖閣だけでなく、日本そのものに侵略し、国土の一部とするでしょう。

これを機に、媚中派の老人とそれに群がる議員を一掃し、スパイ防止法の早急な可決、国内のいたるところに蔓延るスパイ共を一掃していく必要があると思います。

もう、日本もお花畑から脱皮し、現実と向き合い独立国として立ち上がるべきだと思う。キンペーの来日など論外でしょう。」
「同盟国と協調して中国と対峙していくのは良いことだ
但し日本政府は中国と戦う気があるのかということ
これに尽きる
あれやこれやとこの件について
テレビコメンテーターは理屈を述べている誰も中国と戦うことを言わない
曖昧な言い方だけで本来は具体的に何をするかと言えば
ぼうえいするには戦闘行為も辞さずということ
回りくどいいい型ばかりで具体的なことを言わない奴ばかり
コメンテーターは自由に発言できる立場なのに言わない
尚更政治家はこれを言わないということ
さすれば専守防衛など絵に描いた餅で全て米軍頼みだ
米国はフィフティフィフティでお互いに対峙していくと言っているが
日本は日本人の血を流さずに日本の国土防衛を米国民の血を流させて
守ってもらうという姑息な施策を考えている
占領直下ならいざ知らずもはや先進国主要国になって
いつまでも国防をタブー視するのは許されないだろう」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

日米2+2 名指し 中国批判おわりに

今回は日米2+2 名指し 中国批判に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の日米2+2 名指し 中国批判は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回日米2+2 名指し 中国批判について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

日米2+2 名指し 中国批判の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

日米2+2 名指し 中国批判の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事