日米 2+2 共同発表が話題沸騰!示された共同発表では?★画像・動画★ネットの声は?

日米 2+2 共同発表がネット上で話題沸騰しています。

スポンサーリンク

日米 2+2 共同発表の概要は?示された共同発表では?

日米 2+2 共同発表のニュースが次のように報道されています。

示された共同発表では最初に中国を名指しし、海警法などの最近の地域における混乱を招く動きに深刻な懸念を表明しました。こうした強い批判は異例のことです。

 アメリカのバイデン政権が発足して初めて日米の外務・防衛の閣僚が会合を行いました。バイデン政権は主要閣僚の初の訪問先に日本を選んだわけですが、どんな話し合いが行われたのでしょうか。総理官邸前から報告です。

 (政治部・佐藤美妃記者報告)
 ちょうど今、アメリカのブリンケン国務長官とオースティン国防長官が官邸を訪れていて、菅総理大臣との表敬訪問が始まっています。

 今回のこの2人の訪問、最大の焦点は中国への対応です。

 中国は海警局の船舶に武器使用を認める海警法を施行するなど強硬な姿勢を強めていて、日本は対応に苦慮しています。

 一方、バイデン政権も台頭する中国を唯一の競争相手と位置付けていて、地理的な面でも日本は戦略上、重要です。

 示された共同発表では最初に中国を名指しし、海警法などの最近の地域における混乱を招く動きに深刻な懸念を表明しました。こうした強い批判は異例のことです。

 来月には外国の首脳として初めて菅総理が訪米し、バイデン大統領と会談します。

 こうした日本の特別扱いに日本政府内では歓迎する声がある一方、ある防衛省幹部は「後で高い請求書がくるのでは」と語るなど警戒感もあります。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

日米 2+2 共同発表が話題沸騰!★画像・動画★

これが今回の日米 2+2 共同発表に関しての画像や動画です。

日米 2+2 共同発表の動画をどうぞ。

日米2+2共同発表 中国名指しで異例の強い批判

スポンサーリンク

日米 2+2 共同発表のネットの声は?

日米 2+2 共同発表のネットの声です。

特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。

「中国問題はもはや永遠のテーマ化の昨今。
尖閣問題で相手が武器を搭載して威嚇するので在れば当然日本も武器搭載し万全の体制を整える事が重要。
毎日の様に中国側が我が物顔で尖閣列島に不法侵入して来てる訳ですよね。
その為にも米国を介入させ米国の力を借りるのも必要かと…。
中国には好き勝手にさせてはいけない。
既成事実を作り乗っ取る今迄の実績が有る訳ですから同じ轍を踏む様な無様な事は出来ませんよ。」という意見と
「その高い請求書のお陰で防衛費を抑えながら中国に物が言える。自国で自国を守る術もまともに機能しないのだからとっても安い請求書だと思います。」という意見と
「昔日本が中国と同じようなことをしたときは、アメリカは中国と手を組んで対抗した。
今度はその中国相手に、今度は日米がタッグを組むんだから皮肉なもんだわ。」という意見

どれもなるほどと思います。

また、こんなネットの声もありました。

「米国からの請求書よりも海警船の嫌がらせを心配しないと。
防衛省もかなり工作されていそうですね。」
「批判や懸念で中国が態度を改めてるんだったら もうとっくの大昔に
改めてるって何度言ったら、」

人それぞれいろいろな意見があるなと
思いました。

個人的にはとても勉強になりました。

スポンサーリンク

日米 2+2 共同発表おわりに

今回は日米 2+2 共同発表に関して取り上げました。

ネットの声が2つに分けられるくらい
今回の日米 2+2 共同発表は話題沸騰です。

あくまでも個人的意見ですが。

今回日米 2+2 共同発表について取り上げました。
本当に話題沸騰しています。

これからも皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

日米 2+2 共同発表の共有と関連記事

ここまで見て頂き誠にありがとうございます。

日米 2+2 共同発表の共有と関連記事は下記にございますので
よろしくお願いいたします。

おすすめの記事